琉球大学教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

琉球大学は、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた人材育成の目標を達成するため、以下に示す方針に基づいて4(6)年間一貫した教育課程を編成・実施します。

  1. 各学部・学科等は、授与する学士の専攻分野を踏まえた教育組織として「学士教育プログラム」を構成します。
  2. 学士教育プログラムでは、URGCC(琉大グローバルシティズン・カリキュラム)及び各プログラムの学習教育目標に基づき、体系的なカリキュラムを提供します。
  3. 21世紀型市民として地域及び国際社会において自ら問題を見出し、多様な人々と協調・協働しながら解決方法を探求する学習能力を養うために、学生が主体となる実践性のある教育を行います。
  4. 学士教育プログラムでは、シラバスにおいて授業内容と方法、達成目標、評価基準と評価方法を明確に提示するとともに、4(6)年間の学習成果を総合的に評価し、教育の質保証の継続的改善に取り組みます。

各学士教育プログラムにおける教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

人文社会学部

法学

国際法政学科に入学後、希望と成績により、一年次修了時に「法学」プログラムの履修コースに入ります。「法学プログラム」という名称ですが、狭義の法学科目だけでなく、政治学・国際関係論などの隣接学問分野の科目も学習します。法学の専門授業は、各科目2単位に設定されており、半期でそれぞれの科目の履修を完結します。
そして、基礎的な講義科目を履修してから、発展的・応用的な科目に進みます。すなわち、基礎的な講義科目として「基礎社会保障法」「基礎行政法」などの基礎科目を履修したうえで、「展開社会保障法」「応用社会保障法」・「展開行政法」「応用行政法」などの展開・応用科目を履修することが義務付けられています。これにより、順を追って、より高度な内容にスムーズに入ることができます。
また、演習科目として1年次で「基礎演習Ⅰ」、2年次で「基礎演習Ⅱ・Ⅲ」、3年次及び4年次で「法学演習」を履修します。4年間を通じたこれらの一連の演習科目を通じて、徐々に法学の理解を深めていくとともに、法学の技術的な技法も習得していきます。これら「基礎演習」「法学演習」は、学生の自主性・社会性・問題発見解決能力などを磨くうえで、大変重要な科目と位置付けられています。

法学の専門性を身に付けるうえで、当然のことながら、法学の専門科目の履修が重要であり、大学の専門分野の学習の主要部分がここにあります。具体的には、憲法、行政法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、労働法、社会保障法、国際法の諸分野を中心に学んでいきます。
また、法務研究科(法科大学院)教員の協力により、特修科目群が開講されており、法科大学院進学を目指す学生にとっては、たいへん有用な科目群となっています。さらに、情報リテラシーやコミュニケーション・スキルの習得・向上にも努めます。また、地域・平和への理解に資する科目を履修することも重要です。
評価に関しては、それぞれの授業のねらいによって、多様な方法と多様な評価の仕方が採用されます。

政治・国際関係学

国際法政学科に入学後、希望と成績により、1年次終了時に「政治・国際関係学」プログラムの履修コースに入ります。本プログラムで学ぶことで、政治や国際関係の諸問題を、専門的・学際的な視点から分析できるようになります。そのため、履修モデルにしたがって政治・国際関係学の理論的・実証的方法を学ぶほか、法学などの隣接学問分野の科目も修得し学際的な視点を得ます。

1. 入学から卒業まで、学部共通基盤科目及び学科基盤科目の少人数制の必修演習を履修し(1年次後期を除く)、社会科学の分野に関する情報の収集・処理能力を確実に身に付けます。

2. 学科基盤科目に加えて、学科発展科目から10科目以上を履修し、政治・国際関係学を中心とする基礎的専門知識を身に付け、さらにプログラム発展科目で地域・政策・理論など、学生の関心にあわせた専門性を深め、学際性を広げます。

3. 卒業に際して必修である卒業研究を完成させます。講義科目の知識蓄積と演習科目での分析を有機的に結び付け、自ら設定したテーマで2万4千字以上の卒業論文を執筆し、問題発見能力、課題解決方法の提案能力を完成させます。

卒業研究は、
1.在学中に修得した政治・国際関係学に関する専門的知識を総合し、成果としてまとめることができる

2.自ら問いを立て、これについて説明するため、資料収集・調査を行い、論理的思考に基づいて結論を導き、研究論文として執筆することができる

といった目標を達成したかという観点から、論文指導教員が評価します。

 

哲学・教育学

本学科では全部で6つのコースが用意されており、学生の興味関心に応じて選択することができます(選択は1年次の後期に行い、2年次から正式に各コースに所属します)。
哲学・教育学学士教育プログラムでは、「人間」の本質に関わるさまざまな問題について、理論的・実証的に学びます。特に3つある基礎演習は、順に「大学生基礎力」「最適解導出力育成」「平和共生・沖縄理解」からなり、本学科の教育理念を体系的に学修することを目指します。なお、必修とされる科目は、プログラム全体で共通のものもありますが、コースによって異なるものもあります。

(哲学コース、教育学コース)
1.  1年次には「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」「人間の探究」「教育学入門」等を履修し、各学問分野の特徴及び各コースの特徴を学び、自らにふさわしいコースを選択します。

2.  2年次から3年次にかけては、所属するコースの必修科目及び選択科目を中心に履修し、高度な専門的能力、深い洞察力、問題解決能力を養います。特に「基礎演習Ⅲ」「哲学・教育学演習Ⅰ」「哲学・教育学演習Ⅱ」「プログラム専門演習Ⅰ」「プログラム専門演習Ⅱ」は、少人数のゼミ形式で行われ、各自のテーマについて研究を深めていきます。

3.  4年次には「卒業研究Ⅰ」「卒業研究Ⅱ」を履修し、これまでに養ってきた能力をさらに磨くとともに、それらを活用し、各自のテーマについての研究を卒業論文として完成させます。

心理学

本学科では全部で6つのコースが用意されており、学生の興味関心に応じて選択することができます(選択は1年次の後期に行い、2年次から正式に各コースに所属します(ただし、心理学プログラムにはコースはない))。
心理学学士教育プログラムでは、「人間」の本質に関わるさまざまな問題について、理論的・実証的に学びます。特に3つある基礎演習は、順に「大学生基礎力」「最適解導出力育成」「平和共生・沖縄理解」からなり、本学科の教育理念を体系的に学修することを目指します。なお、必修とされる科目は、プログラム全体で共通のものもありますが、コース・プログラムによって異なるものもあります。

(心理学コース)
1. 1年次には「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」「人間の探究」「教育学入門」「心理学概論Ⅰ」等を履修し、各学問分野の特徴及び各コースの特徴を学び、自らにふさわしいコースを選択します。

2. 2年次から3年次にかけては、所属するコースの必修科目及び選択科目を中心に履修し、高度な専門的能力、深い洞察力、問題解決能力を養います。特に「心理学基礎演習」「心理学課題演習」は少人数のゼミ形式で行われ、各自のテーマについて研究を深めていきます。

3. 認定心理士、公認心理師となるために学部教育で求められている科目・科目内容を提供していることからも、専門性が身に付くカリキュラムであることは明らかです。

4. 4年次には「卒業研究Ⅰ」「卒業研究Ⅱ」を履修し、これまでに養ってきた能力をさらに磨くとともに、それらを活用し、各自のテーマについての研究を卒業論文として完成させます。

 

社会学

社会学プログラムでは、社会学、社会福祉学、マスコミ学といった3つの専門分野を学際的に統合した教育カリキュラムが提供されています。

1. 1年次では、「基礎演習Ⅰ(大学生基礎力)」でインタビュースキル、レポート作成法、発表技法を修得し、「基礎演習Ⅱ(最適解導出力育成)」で各分野における最適解の導出方法について学び、「社会学原論I」「社会福祉原論I」「マスコミ原論I」等の入門科目をとおして2年次以降に各自の興味関心にあわせて履修コースを1つ選択できるように専門性を深めます。

2. 2年次では、「基礎演習Ⅲ(平和共生・沖縄理解)」をとおして基礎的な分析力を習得し、「社会学実習I、II」「相談援助実習I」「マスコミ実習I」「マスコミ実習II」において、実際の調査・フィールドワーク、福祉の現場での実習、新聞・TV番組の制作をとおして、コミュニケーションスキルを向上させるとともに現場での実践力を育み、問題解決力を高めます。

3. 3年次では、「相談援助実習II」において、2年次での実習の経験を活かして市民社会に貢献しうる専門性や問題解決力を高めます。さらに、「専門演習I・Ⅱ」、「卒業研究Ⅰ(社会福祉学コースのみ)」において、講義で学んだ理論と実証方法、演習で培った情報収集力や分析力を活かし、ゼミ論や卒業論文に向けての研究の取り組み方、研究発表の方法を修得します。

4. 4年次では、「専門演習Ⅱ(社会福祉学コースのみ)」、「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」を履修し、卒業論文完成に向けてのテーマの設定、リサーチの技法などについて学び、調査や文献の読み込みやフィールドワークを行います。1年次から4年次にかけて培ってきた自律学習能力、問題探究力、論理的思考力、多様な視点からの分析力を発揮し、卒業論文を完成させます。

歴史・民俗学

    1. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域の文化・歴史を認識するために、基礎的な知識を身に付ける「琉球アジア研究入門」「琉球アジア文化概論」、1年次以降に第一外国語、第二外国語、歴史・民俗領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」、2年次以降に各プログラム設置の講義科目を履修することで、地域の歴史・民俗に関する知識と読解・研究の方法を段階的に習得します。

    2. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域に関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、地域及び国際的な場で活躍するために、3年次で歴史・民俗領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で歴史・民俗領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修することで、課題を自ら設定し、多角的に研究、解決して発信する能力を習得します。

    3. 異なる文化背景をもつ人々と平和的に共生するために、1年次以降に歴史・民俗領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」を幅広く履修し、異文化及び自らの文化への理解を深めます。また、2年次以降、歴史・民俗領域の実習科目を履修し、様々な文化を直接に調査、研究することで他者と共生する能力を習得します。

    4. 1年次~2年次の「基礎演習Ⅰ~Ⅲ」、「情報科学演習」によってレジュメ・レポートの作成、情報の収集・整理、研究発表、意見交換等の基礎的方法を習得します。3年次で歴史・民俗領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で歴史・民俗領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修してゼミ(基礎演習・演習)で自ら設定した研究課題に関する資料・論文を作成、発表し、さらに学科で行う卒業論文予備登録(3年後期)、卒業論文中間発表会(4年前期)・最終発表会(4年後期)で発表・質疑応答することで他者との議論、意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力を習得します。

    言語学

    1. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域の文化・歴史を認識するために、基礎的な知識を身に付ける「琉球アジア研究入門」、1年次以降に第一外国語、第二外国語、言語領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」、2年次以降にプログラム設置の講義科目を履修することで、言語学に関する知識と読解・研究の方法を段階的に習得します。

    2. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域に関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、地域及び国際的な場で活躍するために、3年次で言語領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で言語領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修することで、課題を自ら設定し、多角的に研究、解決して発信する能力を習得します。

    3. 異なる文化背景をもつ人々と平和的に共生するために、1年次以降に言語領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」を幅広く履修し、異文化及び自らの文化への理解を深めます。また、2年次以降、言語領域の実習科目を履修し、様々な文化を直接に調査、研究することで他者と共生する能力を習得します。

    4. 1年次~2年次の「基礎演習Ⅰ~Ⅲ」、「情報科学演習」によってレジュメ・レポートの作成、情報の収集・整理、研究発表、意見交換等の基礎的方法を習得します。3年次で言語領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で言語領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修してゼミ(基礎演習・演習)で自ら設定した研究課題に関する資料・論文を作成、発表し、さらに学科で行う卒業論文予備登録(3年後期)、卒業論文中間発表会(4年前期)・最終発表会(4年後期)で他者との議論、意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力を習得します。

    文学

    1. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域の文化・歴史を認識するために、基礎的な知識を身に付ける「琉球アジア研究入門」、1年次以降に第一外国語、第二外国語、文学領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」、2年次以降に各プログラム設置の講義科目を履修することで、これらの地域の文学を中心に関する知識と読解・研究の方法を段階的に習得します。

    2. 琉球・沖縄及び日本、中国、朝鮮半島を中心にした地域に関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、地域及び国際的な場で活躍するために、3年次で文学領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で文学領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修することで、課題を自ら設定し、多角的に研究、解決して発信する能力を習得します。

    3. 異なる文化背景をもつ人々と平和的に共生するために、1年次以降に文学領域の「概論Ⅰ・Ⅱ」を幅広く履修し、異文化及び自らの文化への理解を深めます。また、2年次以降、文学領域の実習科目を履修し、様々な文化を直接に調査、研究することで他者と共生する能力を習得します。

    4. 1年次~2年次の「基礎演習Ⅰ~Ⅲ」、「情報科学演習」によってレジュメ・レポートの作成、情報の収集・整理、意見交換等の基礎的方法を習得します。3年次で文学領域の「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で文学領域の「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論文」を履修してゼミ(基礎演習・演習)で自ら設定した研究課題に関する資料・論文を作成、発表し、さらに学科で行う卒業論文予備登録(3年後期)、卒業論文中間発表会(4年前期)・最終発表会(4年後期)で発表・質疑応答することで他者との議論、意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力を習得します。

    法文学部

    法学

    国際法政学科に⼊学後、希望と成績により、⼀年次修了時に「法学」プログラムの履修コースに⼊ります。「法学プログラム」という名称ですが、狭義の法学科⽬だけでなく、政治学・国際関係論等の隣接学問分野の科⽬も学習します。法学の専⾨授業は、各科⽬2単位に設定されており、半期で各科⽬の履修を完結します。そして、基礎的な講義科⽬を履修してから、発展的・応⽤的な科⽬を履修していきます。

    すなわち、基礎的な講義科⽬として「基礎社会保障法」「基礎⾏政法」等の基礎科⽬を履修した上で、「展開社会保障法」「応⽤社会保障法」・「展開⾏政法」「応⽤⾏政法」等の展開・応⽤科⽬の履修することが義務付けられています。これにより、順を追ってより⾼度な内容にスムーズに⼊ることができます。また、演習科⽬として1年次で「基礎演習Ⅰ」、2年次で「基礎演習Ⅱ・Ⅲ」、3年次および4年次で「法学演習」を履修します。4年間を通じたこれらの⼀連の演習科⽬を通じて、徐々に法学の理解を深めていくとともに、法学の技術的な技法も習得していきます。

    これら「基礎演習」「法学演習」は、学⽣の⾃主性・社会性・問題発⾒解決能⼒などを磨くうえで、⼤変重要な科⽬と位置付けられています。法学の専⾨性を⾝につけるうえで、当然のことながら、法学の専⾨科⽬の履修が重要であり、⼤学の専⾨分野の学習の主要部分がここにあります。具体的には、憲法、⾏政法、⺠法、商法、⺠事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、労働法、社会保障法、国際法の諸分野を中⼼に学んでいきます。また、法務研究科(法科⼤学院)教員の協⼒により、特修科⽬群が開講されており、法科⼤学院進学を⽬指す学⽣にとっては、たいへん有⽤な科⽬群となっています。

    さらに、情報リテラシーやコミュニケーション・スキルの習得・向上にも努めます。また、地域・平和への理解に資する科⽬を履修することも重要です。

    経済学

    経済学プログラムはバラエティに富んだ専⾨分野の教員のもと、順次性や体系性が⼯夫されたカリキュラム体系(基礎〜応⽤〜実践)に従って学習が可能です。

    <基礎>1年次の基礎演習でパソコン技術および論⽂作成技術を習得します。また、1年次には社会科学のためのゲーム論⼊⾨(昼のみ)ならびに経済学概論、2年次には社会科学のための統計⼊⾨、⽇本経済⼊⾨(夜は1年次)、経済数学、ミクロ経済学、マクロ経済学、基礎統計学を学ぶことにより、経済学の基礎が体系的に習得でき、応⽤科⽬にスムーズに移⾏することができます。

    <応⽤>基礎演習、経済数学、ミクロ経済学、マクロ経済学、基礎統計学の基礎的科⽬の単位修得を前提とした選択科⽬として、財政学、⾦融論、環境経済学、国際経済学、⽇本・⻄洋経済史等のバラエティに富んだ応⽤科⽬を履修し、現代社会の諸問題を総合的・多⾓的に理解し、社会の様々な問題に対応できる能⼒を習得します。また、地域・国際実践⼒演習Ⅰ〜Ⅳ、卒業研究により、それをより発展させます。

    <実践>実践経済学(経済⼈による講義、昼のみだが夜も受講可能)といった、より実践的な教育科⽬を選択科⽬として履修することができます。

    政治・国際関係

    国際法政学科に⼊学後、希望と成績により、⼀年次終了時に「政治・国際関係学」プログラムの履修コースに⼊ります。本プログラムで学ぶことで、政治や国際関係の諸問題を、専⾨的・学際的な視点から分析できるようになります。そのため、履修モデルにしたがって政治・国際関係学の理論的・実証的⽅法を学ぶほか、法学などの隣接学問分野の科⽬も修得し学際的な視点を得ます。

    (1) ⼊学から卒業まで、学部共通基盤科⽬および学科基盤科⽬の少⼈数制の必修演習を履修し(1年次後期を除く)、社会科学の分野に関する情報の収集・処理能⼒を確実に⾝につけます。

    (2) 学科基盤科⽬に加えて、学科発展科⽬から10科⽬以上を履修し、政治・国際関係学を中⼼とする基礎的専⾨知識を⾝につけ、さらにプログラム発展科⽬で地域・政策・理論など、学⽣の関⼼にあわせた専⾨性を深め、学際性を広げます。

    (3) 卒業に際して必修である卒業研究を完成させます。講義科⽬の知識蓄積と演習科⽬での分析を有機的に結びつけ、⾃ら設定したテーマで2万4千字以上の卒業論⽂を執筆し、問題発⾒能⼒、課題解決⽅法の提案能⼒を完成させます。

    ⼈間⾏動

    ⼈間⾏動学⼠教育プログラムでは「⼈間」の本質に関わるさまざまな問題について、理論的・実証的に学びます。全部で6つのコースが⽤意されており、学⽣の興味関⼼に応じて選択することができます。(選択は1年次の後期に⾏い、2年次から正式に各コースに所属します。)必修とされる科⽬はプログラム全体で共通のものもありますが、コースによって異なるものもあります。

    (1)1年次には「哲学・倫理学⼊⾨」「教育社会学⼊⾨」「⼼理学概論Ⅰ」「⼈間科学科基礎演習」を履修し、各コースの特徴および各学問分野の特徴を学び、⾃らにふさわしいコースを選択します。

    (2)2年次から3年次にかけては、所属するコースの必修科⽬および選択科⽬を中⼼に履修し、⾼度な専⾨的能⼒、深い洞察⼒、問題解決能⼒を養います。特に「⼈間⾏動演習Ⅰ」「⼈間⾏動演習Ⅱ」は少⼈数のゼミ形式で⾏われ、各⾃のテーマについて研究を深めていきます。

    (3)4年次には「卒業研究Ⅰ」「卒業研究Ⅱ」を履修し、これまでに養ってきた能⼒をさらに磨くとともに、それらを活⽤し、各⾃のテーマについての研究を卒業論⽂として完成させます。

    社会学

    社会学プログラムでは、社会学、社会福祉学、マスコミ学といった3つの専⾨分野を学際的に統合した教育カリキュラムが提供されています。

    (1)1年次では、「基礎演習Ⅰ(⼤学⽣基礎⼒)」でインタビュースキル、レポート作成法、発表技法を修得し、「基礎演習Ⅱ(最適解導出育成)」で各分野における最適解の導出⽅法について学び、「社会学原論I」「社会福祉原論I」「マスコミ原論I」等の⼊⾨科⽬を通して2年次以降に各⾃の興味関⼼にあわせて履修コースを1つ選択できるように専⾨性を深めます。

    (2)2年次では、「基礎演習Ⅲ(平和共⽣・沖縄理解)」を通して基礎的な分析⼒を習得し、「社会学実習I,II」「相談援助実習I」「マスコミ実習I」「マスコミ実習II」において、実際の調査・フィールドワーク、福祉の現場での実習、新聞・TV番組の制作を通して、コミュニケーションスキルを向上させるとともに現場での実践⼒を育み、問題解決⼒を⾼めます。

    (3)3年次では、「相談援助実習II」において、2年次での実習の経験を活かして市⺠社会に貢献しうる専⾨性や問題解決⼒を⾼めます。さらに、「専⾨演習I・Ⅱ」、「卒業研究Ⅰ(社会福祉学コースのみ)」において、講義で学んだ理論と実証⽅法、演習で培った情報収集⼒や分析⼒を活かし、ゼミ論や卒業論⽂に向けての研究の取り組み⽅、研究発表の⽅法を修得します。

    (4)4年次では、「専⾨演習Ⅱ(社会福祉学コースのみ)」、「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」を履修し、卒業論⽂完成に向けてのテーマの設定、リサーチの技法などについて学び、調査や⽂献の読み込みやフィールドワークを⾏います。1年次から4年次にかけて培ってきた⾃律学習能⼒、問題探究⼒、論理的思考⼒、多様な視点からの分析⼒を発揮し、卒業論⽂を完成させます。

    地理歴史⼈類学

    地理歴史⼈類学専攻では、幅広い教養と⾼度な専⾨性を段階的に習得できるようカリキュラムを編成しています。年次ごとの主な学習内容は次のとおりです。

    (1)1年次には初年次教育の科⽬として「基礎演習」「アカデミックリテラシー」を履修し、⼤学における論⽂・レポートの作成⽅法やプレゼンテーションの⽅法、各学問分野における基礎技能などを早期に⾝につけます。また、1・2年次の間は各学問分野の概論を幅広く学び、それと並⾏して共通教育科⽬を履修することによって、総合的な基礎教養を⾝につけます。

    (2)2・3年次には、各コースの専⾨科⽬で多様な理論を学ぶだけでなく、実習・実験・巡検・史料講読などの科⽬を履修し、より実践的な調査研究能⼒を⾝につけます。

    (3)3年次には、学⽣の問題意識に応じて履修コースを⾃主的に選択します。さらに卒業論⽂作成の準備として「卒業論⽂演習」を履修し、各分野における先端的な研究について理解を深めます。

    (4)4年次には、4年間の学習の集⼤成として卒業論⽂を作成します。卒業論⽂では、⾃らの問題意識に基づいて課題を設定し、⾃ら調査して資料を収集・分析し、論⽂を作成します。さらに専攻主催の卒業論⽂発表会で研究成果を発表します。

    琉球アジア⽂化

    (1)琉球・沖縄および⽇本、中国、朝鮮半島を中⼼にした地域の⽂化・歴史を認識するために、基礎的な知識を⾝につける「琉球アジア研究⼊⾨」、1年次以降に第⼀外国語、第⼆外国語、各コースの「概論Ⅰ・Ⅱ」、2年次以降に各コース設置の講義科⽬を履修することで、これらの地域の歴史・⺠俗・⽂学・⾔語に関する知識と読解・研究の⽅法を段階的に習得します。

    (2)琉球・沖縄および⽇本、中国、朝鮮半島を中⼼にした地域に関する歴史・⺠俗・⽂学・⾔語を理解し、地域および国際的な場で活躍するために、3年次で各コースの「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論⽂」を履修することで、課題を⾃ら設定し、多⾓的に研究、解決して発信する能⼒を習得します。

    (3)異なる⽂化背景を持つ⼈々と平和的に共⽣するために、1年次以降に各コースの「概論Ⅰ・Ⅱ」を幅広く履修し、異⽂化および⾃らの⽂化への理解を深めます。また、2年次以降、各コースの実習科⽬を履修し、様々な⽂化を直接に調査、研究することで他者と共⽣する能⼒を習得します。

    (4)1年次の「基礎演習」、「情報科学演習」によってレジュメ・レポートの作成、情報の収集・整理、意⾒交換等の基礎的⽅法を習得します。3年次で各コースの「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」、4年次で「演習Ⅰ・Ⅱ」、「卒業論⽂」を履修して⾃ら設定した研究課題に関する資料・論⽂を作成、発表し、さらに他者との議論、意⾒交換を通して、⾃らの考えを論理的に伝達する能⼒を習得します。

    英語⽂化

    (1)1年次〜4年次まで全ての学年で提供されている必修の英語科⽬を履修することにより、4技能のバランスのとれた⾼度な英語運⽤能⼒を修得します。

    (2)共通教育の「情報科学演習」や専⾨科⽬の「基礎演習」、「リーディング I、II、III」、「メディアの英語 I」等を1年次から3年次にかけて履修し、⾔語系・⽂学系の専⾨科⽬を1年次から4年次にかけて履修することにより、⾃主的情報収集能⼒、情報の整理・分析能⼒、主体的な⾒解を導く能⼒を⾝につけます。

    (3)2年次の「ライティングI、II」、「オーラルコミュニケーション I、II」、3年次の「上級英語演習」、4年次の「⾼等英語セミナー I、II」等を段階的に履修することにより、⾃らの意⾒を説得⼒ある英語で伝達する能⼒を修得します。

    (4)2年次の「異⽂化理解」、3年次の「⼝頭英語表現 I」、4年次の「⾼等英語セミナー I、II」などの専⾨基礎科⽬や、⽂学系・⾔語系の専⾨科⽬を履修することにより、多様な⾒解や価値観を学び、⾃らの意⾒に反映させる能⼒を⾝につけます。

    (5)⽂学系の必修科⽬(「英⽶⽂学概論」、「イギリス⽂学概論」、「アメリカ⽂学概論」等)や⾔語系の必修科⽬(「⾔語コミュニケーション概論 I、II、III」等)を履修することにより、地球的規模で物事を判断し⾏動する能⼒を⾝につけます。また、これらの科⽬に加えて共通教育の第2外国語や専⾨科⽬の「メディアの英語 I」等を履修することにより、異なる⽂化背景をもつ⼈々と協⼒し、共⽣できる能⼒の向上を図ります。

    ヨーロッパ⽂化

    ヨーロッパ⽂化専攻では、⼊学時にドイツ⾔語⽂化コース、フランス⾔語⽂化コース、スペイン⾔語⽂化コースから1つを選択し、以下のような内容で学習します。

    (1)1年次には共通教育科⽬「インテンシブドイツ語/フランス語/スペイン語I・II」および専⾨科⽬「初級⽂法」「初級総合演習」等を履修し、それぞれの⾔語で「読む・聴く・話す・書く」ことに慣れることから始めるとともに、初年次教育科⽬「基礎演習I」で⼤学において⾃律的かつ専⾨的に学ぶための基礎的な知識を習得します。

    (2)おもに1年次から2年次にかけては共通教育科⽬(教養・総合領域)をバランスよく履修し、幅広い教養を⾝に付ける⼀⽅で、専攻共通科⽬でヨーロッパの⽂化・⽂学・⾔語およびEUに関して横断的に学習し、ヨーロッパの⽂化や社会について理解を深めるために基礎となる知識を習得します。

    (3)2年次には引き続き共通教育科⽬「インテンシブIII・IV」を履修しながら、専⾨科⽬の⽂法・会話・作⽂等、より特化した授業を履修することで各⾔語におけるコミュニケーション能⼒の向上を図ります。

    (4)2年次以降で⽂学・語学・⽂化を柱とした専⾨科⽬を履修し、各⾔語⽂化圏に関する専⾨的知識を深めます。さらに「実践研修」や「海外⽂化研修」を履修することで、学外または海外で実践的な⾔語運⽤能⼒の向上を⽬指すとともに異⽂化理解を深める機会を得ることができます。

    (5)4年次では、それまでの学習の集⼤成として卒業論⽂に取り組み、⾃⾝で設定したテーマを研究することで問題探求⼒・論理的思考能⼒・⾃律学習能⼒等を磨き、社会に出るうえで、またはさらに⾼度な研究を続けるうえでの基本的な姿勢を⾝につけます。

        国際地域創造学部

        観光地域デザイン学

        観光地域デザインプログラムでは、複眼的志向を養うために観光学と他分野(経営学、経済学、文学・言語学、地理・歴史・人類学)を複合した科目や、各専門分野における体系的で、かつ高度な専門性をもつカリキュラムを提供します。

        具体的には、
        1.持続可能な観光(サステナブルツーリズム)のコンセプトを基盤とする
        2.インターンシップやフィールドワーク等による実践型教育
        3.ハワイ大学による遠隔講義を始めとする英語科目の重視
        4.文理融合型の学際的アプローチ
        5.海外研修プログラムの実施等

        により国際感覚を養うことを特色としています。 

        詳細内容は次のとおりです。

        1.持続可能な観光を学ぶ出発点:入学から専門プログラム配属までは、大学での学びを準備するために各プログラム共通の必修科目として「基礎演習」をはじめ、『専門基盤力科目』として本プログラムが提供する「観光地域デザイン入門」、「観光とサステナビリティ」、「テーマ型ツーリズム」の3科目を必修として学ぶことで観光学の基礎、現代社会に求められる持続可能な観光の理論や概念、そして観光の視点から地域社会の持続可能性を高める具体的なツーリズムの実践を理解します。

        2.実践型教育の重視:将来の職業選択や進路を考えるキャリア形成に資するインターンシップでは、一歩進んだ現場で企業との協働型「インターンシップ」を提供します。「観光フィールドワーク演習」では、観光の現場が抱える課題や現状を分析するために必要な知識や手法を実際のフィールドワークを通じて学ぶことができます。また、2年次後期から学生定員は3~12名の小規模クラスで各研究室に分かれ、研究室の専門分野からのアプローチやテーマに準じた演習が始まります。「観光地域デザイン・プレ演習」(2年次後期)は当プログラム独自のものであり、次いで「地域・国際実践力演習Ⅰ・Ⅱ」(3年次)、「地域・国際実践力演習Ⅲ・Ⅳ」(4年次)と、一貫した指導により、観光の個別課題について、各研究室の専門領域を通じて学び、論理的思考の涵養、課題解決法や専門性向上に資する能力が身に付きます。

        3.国際観光に通用する言語の修得:観光語学科目として、「ツーリズム英語」「ツーリズム中国語」「ツーリズム韓国語」「ツーリズム・ビジネス英語」などが開講され、ハワイ大学による遠隔講義(現地教員によるオン・キャンパス・クラスも含む)「Tourism Development」を履修することで、実践的なコミュニケーション能力の向上を目指すとともに、国際感覚を養います。

        4.観光を文理融合型の学際的アプローチで科学する視点:『地域・国際基盤力科目』として提供する「沖縄観光政策入門」、「沖縄観光ビジネス入門」、「沖縄観光と健康入門」、「沖縄観光資源マネジメント入門」、そしてプログラム複合科目「島嶼観光入門」は、2年次後期までの選択必修5科目として位置づけられ、本プログラムの特色である観光地開発・地域資源マネジメント・観光ビジネス・ヘルスケアデザイン&ツーリズムの4分野での学びをとおして、文理融合型の学際的アプローチから観光を科学する視点を養います。

        5.海外研修プログラムの充実:観光地の形成や観光産業の実態について、海外の現場を通じて学ぶ「観光地域デザイン海外演習」は、国際感覚を養うことができる当プログラムならではの取組みです。

        経営学

        学際性と専門性を併せもつ人材の育成という学部の教育方針を受け継ぎ、経営プログラムでは、入学してからプログラムに配属するまで「共通教育科目」及び5つの専門分野を融合した「学部共通基盤専門科目」を提供し、プログラムに配属してから4年次までプログラム専門科目として経営に関連する専門教育科目を体系的に提供します。

        詳細内容は次のとおりです。

        1.入学から専門プログラム配属までは、大学での学びを準備するために必修科目として「基礎演習」を提供します。そして各プログラムに共通する「専門基盤力科目」を設け、「経営学入門(必修)」、「簿記入門(必修)」、「マーケティング入門(必修)」など経営プログラムの入門科目をはじめ、他プログラムに関連する基礎知識を修得する科目まで数多く開講しています。また、自然科学や語学等の「共通教育科目」も提供されています。これらの科目をバランスよく受講することにより、学生は幅広い教養を身に付けることができます。

        2.昼間主は2年次後期から、夜間主は2年次前期から、学生の興味関心を尊重しながらこれまで履修してきた科目の内容及び成績により、専門プログラムへの配属を行います。プログラムに配属してから卒業するまでの間には「プログラム別専門科目の基礎・応用」及び「地域・国際実践力科目」といった専門性の高い科目を提供します。さらに、昼間主においては他プログラムの専門知識と融合した「プログラム複合科目」も提供され、夜間主においては自らの関心に応じて他プログラムや他学部が提供する専門科目を履修することも出来ます。これらの専門科目の履修を通じて学生の専門知識を高めながら、自ら選択した専門分野に対する問題意識や解決策に関連する思考力及び実践力を鍛えます。

        3.上記の他、3・4年次では、必修科目として「地域・国際実践力演習科目(ゼミ)」を設置し、高度な専門知識をいっそう深めることに寄与します。将来の職業選択や進路を考える「インターンシップ」や「キャリア開発演習(必修)」も開講しています。さらに「卒業研究(必修)」を用意し学生に自らの勉強成果をまとめる機会を提供します。

        英語の学習に関して、海外で学位を取得した教員や国際的に活躍している教員の指導、税理士・公認会計士などの資格取得に関しても、実務経験豊富な教員の指導を受けることができます。

        経済学

        経済学プログラムはバラエティに富んだ専門分野の教員のもと、順次性や体系性が工夫されたカリキュラム体系(基礎~応用~実践)に従って学習が可能です(DPとCPの詳細な対応関係は、カリキュラムマップを参照してください)。

        <基礎>1年次の基礎演習でパソコン技術及び論文作成技術を習得します。また、1年次には社会科学のためのゲーム論入門(昼のみ)、経済学概論、社会科学のための統計入門、2年次には日本経済入門(夜は1年次)、経済数学、ミクロ経済学、マクロ経済学、基礎統計学を学ぶことにより、経済学の基礎が体系的に習得でき、応用科目にスムーズに移行することができます(主としてDPの1、3に対応)。

        <応用>基礎演習、経済数学、ミクロ経済学、マクロ経済学、基礎統計学の基礎的科目の単位修得を前提とした選択科目として、財政学、金融論、環境経済学、国際経済学、日本・西洋経済史等のバラエティに富んだ応用科目を履修し、現代社会の諸問題を総合的・多角的に理解し、社会の様々な問題に対応できる能力を習得します。また、地域・国際実践力演習Ⅰ~Ⅳ、卒業研究により、それをより発展させます(主としてDPの2に対応)。

        <実践>実践経済学(経済人による講義、昼のみだが夜も受講可能)といった、より実践的な教育科目を選択科目として履修することができます(主としてDPの2に対応)。

        <評価方法>各科目の評価方法は、各教員の指導方針により、シラバスに明記されています。

        国際言語文化

        1.「専門基盤力科目」から7科目(14単位)以上を履修することで、様々な専門知識の基礎と専門分野の体系的理解を身に付けます。また、1年次~4年次まで全ての学年で提供されている必修の英語科目(英語文化履修コース(夜間主含む))あるいはスペイン語、フランス語、ドイツ語から1つを言語選択(ヨーロッパ言語文化履修コース)して履修することにより、4技能のバランスのとれた高度な外国語運用能力を修得します。

        2.「情報科学演習」や学科共通科目の「基礎演習」、「異文化理解(昼間主)」「EU研究(昼間主)」「メディアの英語」「リーディング I、II(夜間主)」、「実用英語演習I(夜間主)」等を1年次から3年次にかけて履修し、欧米の言語系・文学系の専門科目を1年次から4年次にかけて履修することにより、自主的情報収集能力、情報の整理・分析能力、主体的な見解を導く能力を身に付けます。

        3.(昼間主)2年次以降で「プログラム別専門科目」から文学・言語・文化を柱とした専門科目を履修し、各言語文化圏に関する専門的知識を深めます。さらに「学外実地研修」や「異文化実地研修」を履修することで、学外または海外で実践的な言語運用能力の向上を目指すとともに異文化理解を深める機会を得ることができます。
        (夜間主)2・3年次の、「アカデミックプレゼンテーションI、II」、4年次の専門基礎科目や、文学系・言語系の専門科目を履修することにより、多様な見解や価値観を学び、自らの意見に反映させる能力を身に付けます。また、文学系の必修科目(「英米文学概論」、「イギリス文学概論」、「アメリカ文学概論」等)や言語系の必修科目(「英語研究I、II、III」等)を履修することにより、地球的規模で物事を判断し行動する能力を身に付けます。さらに、これらの科目に加えて共通教育の第2外国語や専門科目の「メディアの英語」等を履修することにより、異なる文化背景をもつ人々と協力し、共生できる能力の向上を図ります。

        4.(昼間主)3・4年次の「地域・国際実践力演習I〜IV」などの学部共通専門基礎教育や、文学系・言語系の専門科目を履修することにより、多様な見解や価値観を学び、自らの意見に反映させる能力を身に付けます。
        (夜間主)専門基盤力科目(4科目:8単位以上)をとおして、複数の学問領域の専門知識の基礎を学び、2年次の「ライティングI、II」、「オーラルコミュニケーション I、II」、3・4年次の「上級英語演習」、「地域・国際実践力演習I〜IV」等を段階的に履修することにより、自らの意見を説得力ある英語で伝達する能力を修得します。

        5.基本的に講義科目では修得した知識の理解度を、演習科目では知識を応用できる能力や習熟度を評価します。学習成果の集大成となる卒業研究では、それまでの学修を基に文学・言語に関わる専門的課題を自ら探求し解決できたか、あるいは、課題理解を深化できたかを評価します。学習成果を適切に評価することで教育課程の継続的改善に取り組みます。

        地域文化科学

        地域文化科学プログラムでは、幅広い教養と高度な専門性を段階的に習得できるようカリキュラムを編成しています。年次ごとの主な学習内容は次のとおりです。

        1.1年次~2年次前期は、まず、国際地域創造学科学生全員の必修科目「基礎演習」を履修することで、大学における論文・レポートの作成方法やプレゼンテーションの方法、基礎技能などを早期に身に付けます。あわせて専門分野の知識や研究手法の基礎を習得するために、「地理総合」、「歴史総合」、「人類文化入門」、「地域文化科学フィールドワークⅠ」の履修を必須としています。また、1・2年次の間は各学問分野を幅広く学び、それと並行して共通教育科目を履修することによって、総合的な基礎教養を身に付けます。

        2.2年次後期~3年次には、「地域文化科学リテラシー」及び「地域文化科学フィールドワークⅡ」を履修し、各専門分野の専門科目で多様な理論を学ぶだけでなく、実習・実験・巡検・史料講読に関する科目を履修し、より実践的な調査研究能力を身に付けます。

        3.3年次には、学生の問題意識に応じて履修コースを自主的に選択します。さらに卒業論文作成の準備として「地域・国際実践力演習Ⅰ・Ⅱ」を履修し、各分野における先端的な研究について理解を深めます。

        4.4年次には、「地域・国際実践力演習Ⅲ・Ⅳ」及び「卒論研究」を履修し、4年間の学習の集大成として卒業論文を作成します。卒業論文では、自らの問題意識に基づいて課題を設定し、自ら調査して資料を収集・分析し、論文を作成します。さらにプログラム主催の卒業論文発表会で研究成果を発表します。

        1~4で示した主な学習内容を習得できたのかについては、年次ごとに段階的に評価します。

        観光産業科学部

        観光学

        (1)1年次前期では、学科必修科⽬である「基礎演習」「情報処理演習」によるスタディスキル、ICT社会に対応した情報処理技術の基礎を学びます。また、観光を科学する⼈材として⾝につけておくべき研究倫理について、学問の基本的なルールとしての情報リテラシー(情報活⽤能⼒)の⼀環として習得します。「沖縄観光⼊⾨」では専任教員、招聘講師のオムニバス形式により沖縄観光の現状・課題と展望を多⾯的に学びます。

        (2)1年次後期から2年次にかけて、学科必修科⽬として「観光学概論」「観光政策論」「持続可能観光論」「観光経済学」「観光地理学」「観光社会学・基礎」「観光ビジネス論」を履修することで、本学科の⼤きな特⾊である⽂理融合型の学際的アプローチから観光を科学する視点を養います。

        (3)2年次から4年次にかけて、本学科のコンセプトであるサステナブルツーリズム(持続可能観光)を基盤とする分野別専⾨科⽬を選択履修していきます。3つの専⾨領域群として「ツーリズム・デベロップメント(7 科⽬)」、「ツーリズム・ビジネス(10科⽬)」、「ツーリズム・リソースマネジメント(12科⽬)」から、学⽣のニーズに沿って柔軟に選択できるカリキュラムを編成しています。これらの履修を通して学際的かつ総合的に観光分野の専⾨知識を習得します。

        (4)2年次後期から各研究室(ゼミ)に分かれテーマに準じた演習を進めます。学⽣定員は3〜12名の⼩規模クラスとし、4年次においては卒業研究に取り組みます。「観光学プレ演習」(2年次)、「観光学演習Ⅰ」(3年次)、「観光学演習Ⅱ」(4年次)と、⼀貫した指導により、それぞれ独⾃の研究テーマを⾒出し、論理的思考の涵養、課題解決法や専⾨性向上に資する能⼒を養います。

        (5)観光英語科⽬群の設置︓ 1年次の「観光学概論」では、英語による専⾨教材で観光分野の基礎的理解を図ります。また、1年次から4年次を通して「ホスピタリティ英語Ⅰ・Ⅱ」「観光ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ」を選択必修科⽬として履修します。さらに、双⽅向型のハワイ⼤学との遠隔(現地の担当教員によるオン・キャンパス・クラスも含む)「TourismDevelopment of Hawaii」を履修することで、コミュニケーション能⼒の向上を⽬指すとともに、国際理解、地域社会の多⾯的理解を図ります。

        (6)学科特⾊科⽬群の設置︓2年次から4年次にかけて、「エコツーリズム⼊⾨」「ヘルスツーリズム論」「⾃然観光資源概論」「⽂化観光資源概論」「MICEビジネス概論」「ホスピタリティ中国語Ⅰ・Ⅱ」「ホスピタリティ韓国語」など、本学の地域特性およびアジアを重点市場とした外国⼈観光客受⼊れ体制の理解を促進する特⾊ある科⽬群を配置しています。3年次の「インターンシップ」では、実際の職場体験を通し、⾼度な専⾨職業⼈に必須の実務的な観光マネジメント能⼒の養成に向けて、理論的アプローチと実践的アプローチの両⽴を図ります。

        経営学

        学際性と専⾨性を併せ持つ⼈材の育成という学部の教育⽅針を受け継ぎ、経営プログラムでは、⼊学してからプログラムに配属するまで「共通教育科⽬」及び5つの専⾨分野を融合した「学部共通基盤専⾨科⽬」を提供し、プログラムに配属してから4年次までプログラム専⾨科⽬として経営に関連する専⾨教育科⽬を体系的に提供します。詳細内容は次の通りです。

        (1)⼊学から専⾨プログラム配属までは、⼤学での学びを準備するために必修科⽬として「基礎演習」を提供します。そして各プログラムに共通する「専⾨基盤⼒科⽬」を設け、「経営学⼊⾨(必修)」、「簿記⼊⾨(必修)」、「マーケティング⼊⾨(必修)」など経営プログラムの⼊⾨科⽬をはじめ、他プログラムに関連する基礎知識を修得する科⽬まで数多く開講しています。また、⾃然科学や語学等の「共通教育科⽬」も提供されています。これらの科⽬をバランスよく受講することにより、学⽣は幅広い教養を⾝につけることができます。

        (2)昼間主は2年次後期から、夜間主は2年次前期から、学⽣の興味関⼼を尊重しながらこれまで履修してきた科⽬の内容および成績により、専⾨プログラムへの配属を⾏います。プログラムに配属してから卒業するまでの間には「プログラム別専⾨科⽬の基礎・応⽤」及び「地域・国際実践⼒科⽬」といった専⾨性の⾼い科⽬を提供します。さらに、昼間主においては他プログラムの専⾨知識と融合した「プログラム複合科⽬」も提供され、夜間主においては⾃らの関⼼に応じて他プログラムや他学部が提供する専⾨科⽬を履修することも出来ます。これらの専⾨科⽬の履修を通じて学⽣の専⾨知識を⾼めながら、⾃ら選択した専⾨分野に対する問題意識や解決策に関連する思考⼒及び実践⼒を鍛えます。

        (3)上記の他、3・4年次では、必修科⽬として「地域・国際実践⼒演習科⽬(ゼミ)」を設置し、⾼度な専⾨知識をいっそう深めることに寄与します。将来の職業選択や進路を考える「インターンシップ」や「キャリア開発演習(必修)」も開講しています。さらに「卒業研究(必修)」を⽤意し学⽣に⾃らの勉強成果をまとめる機会を提供します。英語の学習に関して、海外で学位を取得した教員や国際的に活躍している教員の指導、税理⼠・公認会計⼠などの資格取得に関しても、実務経験豊富な教員の指導を受けることができます。

         

        教育学部

        学校教育

        教育学部(学校教育教員養成課程)では、大学内の学習の場で提供される講義系・演習系科目と具体的な教育の場 (=学校など) で実践を行う実習系科目との双方を組み込んだ系統的な学修や経験をとおして、実践と理論とを往還的に学ぶことが出来ます。

        ◆1年次から2年次にかけて◆

        学習教育目標(1)~(4)の基礎段階として、講義系・演習系科目では、教科や教職に関する基礎的科目の履修により、教職の意義や基礎理論及び指導に際して必要な知識を広く学びます。また、各専攻・専修における4年間の学修をスタートとして「初年次科目」が設けられています。

        学習教育目標(6)の基礎段階として、「教職体験」(1年次後期と2年次前期)などの基礎実習と「介護等体験」(2年次)に参加することをとおして、教育現場の様子や子どもとの関わり方、子ども一人一人の学びと育ちを支えることの意義などを理解します。

        さらに、共通教育科目及び「現代的・地域的教育課題に関する科目」を4年間通じて断続的に履修することにより、学習教育目標(5)を身に付けていきます。

        ◆2年次から3年次前学期にかけて◆

        学習教育目標(1)~(3)を深めるため、講義系・演習系科目では、教科や教職に関する専門科目の履修が始まり、学校現場で豊かな学習指導を行うための力量を高めていきます。実習系科目では、附属学校での本実習(3年次)をとおして、これまでの学修成果を総動員しつつ教育実践を構想・実施する方法を実践的に習得し、学習教育目標(6)を確実なものとします。

        ◆3年次後学期から4年次にかけて◆

        講義系・演習系科目では、所属専修が提供する特講科目や各自が所属するゼミでの探究をとおして、学習教育目標(1)~(3)を高次に引き上げるとともに、卒業研究・卒業論文執筆に向けて自らの専門性を高めていきます。実習系科目では、本実習を振り返るとともに、その反省を活かしてオプション実習(4年次)を行い、教職に精通するとともに責任感を高めて、学習教育目標(6)を引き上げていきます。

        ◆4年間の集大成◆

        講義系・演習系科目の集大成として卒業研究・卒業論文を完成させ、これまで培ってきた自らの専門性を確認します。また、実践系科目の集大成である「教職実践演習」(4年次後学期)においては、4年間の総ての学びの成果を活かしつつ、教育実践力の最終確認を行います。

        理学部

        数理科学

        教育理念が実現できるように、1年次では、一般教養及び語学を身に付け、広く世界を理解するために共通教育科目を学びます。また、数学の基礎科目である「微分積分学」と「線形代数学」を学び、「数学序論」という、高校数学と大学数学のギャップを埋め、大学数学への入門となる科目を学びます。さらに、少人数で行う「基礎ゼミ」をとおして、数学の勉強方法の基礎を学びます。2年次では、講義と演習により、代数学・幾何学・解析学の基礎理論を身に付けます。3年次になると、さらに発展した現代数学のさまざまな理論を学びながら自分の興味のある数学の分野をみつけます。4年次では、「卒業研究」で自分の学びたい専門内容を深く学ぶことができます。卒業研究はゼミ形式で行われるので、自分で課題を設定しそれを解決するための自主的な取り組みや、発表の際に自分の考えを表現することをとおして自律性、コミュニケーション・スキルなどを含めた能力を総合的に修得することができます。

        また、保険・金融に興味のある人は、1年次に、「統計と社会」という、数理科学科の教員が担当する共通教育科目により、確率・統計の基礎を学びます。さらに、2年次以降、一連の科目により、学外から招いた専門の講師及び数理科学科の確率・統計を専門とする教員の指導の下で、アクチュアリーや数理ファイナンスの基礎を学ぶことができます。

        講義科目では、主に記述式試験により、学習した知識の理解度を測ります。演習科目では、問題の解き具合や演習への参加意欲などを評価します。基礎ゼミや卒業研究などゼミ形式の科目では、発表時における準備の度合い・説明の分かりやすさ・質問に対する応答の仕方などを総合的に評価します。

        数理科学科には、上記の教育課程の内容を講義するために、様々な専門分野の専任教員がいます。1年次から3年次までの数学の専門科目の講義・演習には専任の教員があたり、保険数学や経済統計に関する科目については学外から専門の講師を招き講義を行っています。4年次の卒業研究では、1~3名の学生に対して1名の教員が指導を担当し、専任教員全員できめの細かい指導にあたっています。また、各学年には2名の指導教員がつき、定期的に行われる年次懇談会において学業面だけでなく、生活面についても指導や意見交換を行っています。

        物理系

        物理系は大別して、理論的な立場から物質と宇宙の根源に迫る「基礎物理学」、 固体、液体、気体などの物質の特異性と多様性を理論的に探究する「物性理論物理学」、実験的に探究する「物性実験物理学」の3分野からなります。これらの3分野において、個性や特性に応じた学習を行います。

        具体的には、

        1.「共通教育」では社会人として必要な教養を身に付け、人間としての視野を広げると共に専門を学ぶための基礎力を養います。

        2.1年次後期からは、専門科目として物理学の基盤をなす、力学、電磁気学、量子力学、熱力学、統計力学、物理数学、物理実験学などを学びます。

        3.物理学実験、物理実験Ⅱ、物理実験Ⅲなどにより、実験技術を身に付けます。計算機関連科目によってコンピューターに対する技能や知識を高めます。

        4.演習科目における演習問題の解答の発表、実験科目の学期末における発表会、卒業研究の研究発表会を行うことにより、プレゼンテーション能力を身に付けます。

        5.3年次までに修得した基礎学力を基に4年次では、基礎物理学、物性理論物理学、物性実験物理学の3分野のいずれかの研究室に所属し、卒業研究を行います。卒業研究では、セミナーによって、その分野の物理学の知識を身に付け、研究、成果の発表、まとめをとおして、論理的思考力、洞察力、発想力、独創性などを身に付けます。

        地学系

        1.自然科学全般及び地球科学に関する基礎学力を身に付けるため、1年次では共通教育科目及び「地球科学」を受講します。「海洋地学実習」ではフィールド(野外)調査の基礎を習得し、琉球列島の成り立ちを理解し、自然科学の奥深さと幅広さ、面白さを体験します。

        2.論理的な表現能力を身に付けるため、1年次の「基礎ゼミ」では日本語作文技術の向上を目指します。2年次からは、専門科目をとおして、海洋・亜熱帯・島嶼の地学に重点を置いた専門的知識と技能を習得し、視野の拡大を図ります。4年次の「海洋地学セミナー」では学術研究論文の紹介を行い、過去の優れた研究や最先端技術による最新の研究成果にふれることで、柔軟な思考力を培います。また卒業論文をまとめることで、論理的な表現力を身に付けます。

        3.プレゼンテーション能力及び自己表現力を培うため、1年次の「情報科学演習」及び「基礎ゼミ」では、効果的なプレゼン資料の作成方法を学習します。「大学英語」やその他の英語関連科目を受講し、国際化に対応できる英語でのコミュニケーション能力を身に付けます。3〜4年次の「海洋地学研究法」や「海洋学セミナー」では、英語テキストの要約や国際学術論文の紹介を行います。

        4.4年次の「海洋地学セミナー」や「卒業研究」では、具体的な研究テーマに主体的に取り組むことで、地球科学の理念と社会的役割を認識し、多様な情報を分析し、総合的に問題解決ができる能力を身に付けます。

        5.評価方法は次のとおりです。
        (1)講義科目については、毎回の授業の最後に行うショートテスト、中間試験、期末試験による総合評価を行っています。
        (2)フィールドワーク・実験・実習・演習についてはレポートを課し、目的、観察・観測結果、考察が的確にまとめられているかを評価しています。海外実習など一部の科目については公開報告会を開き、上記に加えて、質疑応答の結果も評価に加味されます。
        (3)卒業研究については、目的、先行研究、検証すべき仮説、仮説を検証するための方法、データ取得、結果、考察が的確にまとめられているかについて、公開発表会での発表と質疑の内容及び提出された論文をもとに、所属全教員による評価を行っています。

        化学系

          1.1年次から2年次にかけては、共通教育科目を中心に履修します(右ページのカリキュラムの概要を参照)。共通教育科目を履修することにより、一般教養並びに語学力を身に付け、人間としての視野を広げると共に専門分野を学ぶための基礎力を養います(学習目標:汎用な基礎能力)。さらに1年次においては、専門の講義を理解するための基礎固めとなる専門基礎教育科目である先修科目(「化学Ⅰ」、「化学Ⅱ」、「化学実験」は必修)の講義を履修します。また同時に、少人数(4、5名)による「基礎ゼミ」(化学系全教員が担当)を専門教育の必修科目として履修します。

          2.2年次前期から化学のあらゆる分野の基礎となる物理化学、有機化学、分析化学、無機化学の専門必修科目の履修がスタートします。具体的には、2年次前後期で「分析化学Ⅰ・Ⅱ」、「無機化学Ⅰ・Ⅱ」、「物理化学Ⅰ・Ⅱ」、「有機化学Ⅰ・Ⅱ」の必修の講義を、2年次後期には選択必修科目の講義「物理化学Ⅲ・Ⅳ」を履修します。2年次後期から3年次前期には前述4分野の必修の実験科目(「分析化学実験Ⅰ・Ⅱ」、「無機化学実験」、「物理化学実験」、「有機化学実験Ⅰ・Ⅱ」)を履修します(学習目標:基礎化学)。

          3.2年次後期からは上記4分野の様々な専門選択科目の講義を履修することにより、幅広く化学の基礎を学びます(学習目標:基礎化学)。これに加えて、本学化学系の特色である沖縄という地域の特色(亜熱帯、島嶼、海洋)を活かした選択必修科目(「海洋化学概論」「サンゴ礁の化学」「天然物化学」「海洋無機化学」「海洋有機化学」)の講義を履修します(学習目標:地域特性化学)。

          4.以上1~3の講義及び実験演習科目では、無機化合物、有機化合物、高分子化合物、生体物質等の構造・性質・反応性並びに合成法について学び、化学の基本的な理論及び実験技術の修得を目指します。専門選択科目のうち基礎科目に区分される科目群の講義では必修の講義内容に引き続き、化学の基礎である前述4分野に含まれる特に核となる内容を学修します(学習目標:基礎化学)。これらの更に発展的な内容や応用的な分野を専門選択科目のうちの発展科目に区分される科目群において学びます(学習目標:基礎化学)。海洋化学関連の実験実習科目も発展科目に区分され、これらを履修することによって、地域の特色(亜熱帯、島嶼、海洋)を活かした化学の実験技術の修得を目指します(学習目標:地域特性化学)。

          5.3年次終了時に必要な単位を取得できていれば、4年次では系内の各研究室のいずれかに配属され、4年間に及ぶ共通教育と専門教育の集大成として、指導教員のもと卒業研究を行います。年度の終わりには、1年間の研究成果を卒業研究発表会において発表し、卒業論文としてまとめ、指導教員に提出します。卒業研究及びセミナーの目的は、最先端の研究を通じてその分野の専門知識を体得し、研究論文の読解力や説明能力の修得及び研究成果のプレゼンテーション能力を育むことにあります(学習目標:汎用な基礎能力)。

          生物系

          生物系では担当する教員を、進化・生態学、熱帯生命機能学、海洋生物生産学の3つのグループ(大講座)に分け、研究と教育が行われています。

          生物系で学ぶ科目には必修科目と選択科目があります。必修科目としては、1年次に小グループで大学生活や学科・系についてのガイダンスを受けたり、専門の研究を実際にみたり、論文の読み方やディスカッションの練習をしたりなどと様々な内容を勉強する「基礎ゼミ」、3年次と4年次に専門分野の論文を読み内容を紹介する「生物学ゼミナール」、4年次に自分自身でテーマを選んで研究する「卒業研究」などがあります。2年次からは生物学に関する選択科目を自由に選んで学ぶことができます。講義ばかりではなく、2年次の夏休みには西表島や石垣島で陸上やマングローブ域の生物を観察する「生物学野外実習」、2年次と3年次に様々な分野の実験や観察をとおして学ぶ「進化生態学実習」「熱帯生命機能学実習」「海洋生物生産学実習」ほか、いろいろな実習も受けることができます。

          これらの科目を学ぶことで、幅広い生物学の専門的知識が得られ、生物学の研究の仕方や技術を身に付けることができます。この経験は、大学院進学後の研究活動や教育・研究職についてからの活動ばかりでなく、様々な分野で必ず役立つはずです。また、高校及び中学の教員免許(理科)、博物館学芸員の資格を取得するための科目も用意されています。

          医学部

          医学

          医学科では、基礎系と臨床系の分野が有機的に連関し、教育、研究、診療体制を整え、6年一貫教育が行われます。カリキュラムは、全国共通の医学教育モデル・コア・カリキュラムに沿って進み、琉球大学、沖縄独自の科目も一緒に学びます。医学科は完全学年制ですので、進級には各学年で取得すべき単位をすべて修得する必要があり、医学知識、技能、態度を段階的に学んでいきます。

          1年次では、共通教育科目の他に「分子細胞生物学」、「人体の構造と機能」、「解剖学実習」などの基礎医学を学びます。さらに、医療に関する早期体験学習として「外来患者付添い実習」を行い、将来を見据えた「医学概論(キャリア教育含む)」を受講します。シミュレーション演習では、コミュニケーション能力や医療面接の基本を学びます。

          2年次では、基礎系と臨床系を橋渡しする「神経科学」、「微生物・免疫学」とそれに続く「感染症学」、「発生学」、「病理学総論」、「薬理学」、「症候学」などを学び、臨床医学も開始となり、介護などの臨床現場での早期体験実習に参加します。

          3年次では、臨床医学などの社会医学とあわせて「治療学」、「沖縄特色科目」を学びます。後半では宮古島や石垣島等で離島地域医療実習を1週間単位で行い、地域医療を学びます。そして「医科学研究」として、各基礎・臨床いずれかの講座で、約3か月間実際の研究を行います。

          4年次では、TBL (team-based learning)方式によるチュートリアル学習をとおして、臨床推論を学びます。同時にBPE(basic physical examination)では基本的臨床手技を学びます。4年次の9月から10月にかけて共用試験である知識・問題解決能力客観評価試験(CBT:computer based test)及び客観的臨床能力試験(OSCE:objective structured clinical examination)を受験し、合格すれば11月頃から6年次の夏頃まで約72週間に渡って、Student Doctorとして病院での臨床実習に参加します。実習前半は大学病院全診療科と県立中部病院の内科・外科にて2週間単位で行います。実習後半は選択科目として、プライマリ・ケアを重視した関連診療科(内科、外科、救急等)、県内の協力病院や離島診療所などにて、参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)を2-4週間単位で行います。希望者は選考にて、ハワイ大学・ミシガン州立大学・台北医学大学・タマサート大学・南洋理工大学LKC医学部等での4週間の短期海外実習に参加できます。

          5年次から6年次の進級に当たっては、総合試験Iに合格することが条件になります。6年次の後半には卒業認定試験として、総合試験ⅡとⅢ、臨床実習後OSCEを受験し、すべての試験が合格した場合に、卒業及び医師国家試験受験が認められます。

          保健学

          保健学科の教育理念に基づき、看護学コース、検査技術学コースの2つの教育カリキュラムがあります。それぞれのコースで学習目標達成のために取り組むべき方針を示します。

          【看護学コース】

          1.看護ケアを提供するうえで必要な基礎医学的知識を習得したうえで、疾病の成因と治療法などに関する知識を習得する。豊かな人間性の涵養や基本的人権としての健康概念を形成し、患者の生死に関して実際に生じている医療や社会的な問題をテーマに、グループワークやディベートをとおして生命尊重の態度を養う。また、チーム医療の概念を身に付ける。看護専門職者として、対象者に接する態度及び基本的知識と技術を習得する。

          2.対象者の健康状態を査定する基本的な実践能力を養う。そのうえで対象者の健康レベルや障害の程度に応じた看護ケアを実践する際に必要な技術及び態度、さらに判断や評価方法を習得する。3~4年次では各専門領域において臨床の場面での実際の判断、評価を体験し、看護実践能力を養う。

          3.医療保健システムや地域に存在する社会資源に関する知識を習得し、保健医療問題に看護専門職としての関わり方を学ぶ。それぞれの専門分野における看護職としての役割を認識し、他職種との連携に関する専門的知識を習得する。さらに臨床や地域の場での実習をとおして、現場で患者をとりまく関係者及び看護師以外の保健医療・福祉専門職者等と連携、協働を体験する。

          4.医療の高度化や多様化、社会の変化の現状を習得する。その後、ひとつのテーマを掘り下げて考え、まとめ、発表するという一連のプロセスを体験することにより、柔軟な思考力と自主性を涵養する。

          5.東南アジアを主とする諸外国に生じている健康上の課題を解決するためにすすめられている国際的な研究や学術交流の実態と、これらの活動に加わるための基礎的な知識及び能力を修得する。

          6.健康に影響を及ぼすさまざまな事象及び健康問題をとらえるための基本的な知識や方法を習得する。各専門分野での課題を研究し、課題解決に際してさまざまな情報を収集し整理する基本的能力や科学的探究心や基本的な研究能力を養う。

          【検査技術学コース】

          1.生命や疾病の成り立ち外因に対する生体の反応など、医学の基本的な知識を習得する。臨床検査の知識や実践能力を習得する。また、特別講義などで最新の技術や臨床検査分野の現状を学ぶ。臨床検査の専門家と接し、知識と技術を実感するとともに、習得した知識や技術を用いて、臨床検査を体験し、臨床検査技術を習得する。

          2.生命の成り立ちに関する基本的な知識とともに病因や疾病の成り立ち、病因を分析する方法を習得する。病態の解析法や、病因を分析するための知識と実践能力を習得する。また、データの解析手法、分析技術を習得する。これらの習得した知識や技術を応用し、特定の疾患の病因の解明に取り組む。

          3.医療保健システムや地域の医療問題の抽出、解決方法、生活環境を基盤とした疾患の成因や対策について習得する。医療保健システムや地域の医療問題の実態を体験するとともに、地域の医療問題に関する研究をとおして問題解決の即応力を習得する。

          4.医療保健システムや健康増進、疾病予防のための保健福祉政策、疾病の予防や治療法を学ぶ。また、健康食品や、自立支援に関する知識を身に付ける。

          5.保健医療の現場で専門家と交流し、医療現場の実態や問題点などを実感するとともに、臨床検査技師の指導のもとで、臨床検査の技術を身に付ける。

          6.医療人として必要な英語及び、ITに関する知識と活用法を習得する。また、医療現場でのIT活用の実態を体験する。さらに、研究を進める中でITを活用し、英語文献に接しながらテーマに纏わる情報を収集する。研究の成果をまとめ発表する技術を洗練する。

          7.保健医療現場で遭遇する倫理問題について、医療現場の専門家と意見を交換、熟考するとともに、社会人として必要な見識や教養を身に付ける。                                                                                                                               

          工学部

          機械工学

          学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するため、全学共通教育科目、専門基礎科目及び専門科目を組み合わせたカリキュラムが編成されています。

          1.全学共通教育科目により、多面的で幅広い教養科目をとおして、地域、国内、国際社会に関する知識を身に付けます。

          2.専門基礎科目においては、機械工学に必要な数学、自然科学に関する基礎知識を身に付けます。

          3.専門科目においては、機械工学の主要分野である、材料力学、材料・加工学、流体工学、熱工学、制御工学を学び、ものづくりに関する知識を初年次から高年次にかけて体系的に身に付けます。この他、グループワークによる実践的な科目が複数開講され、自立したものづくり能力を強化するとともにコミュニケーション能力や問題解決能力を身に付けます。

          エネルギー環境工学

          学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するため、全学共通教育科目、専門基礎科目及び専門科目を組み合わせたカリキュラムが編成されています。

          1.全学共通教育科目により、持続可能な社会構築等の多面的視野の重要性や社会規範、地域や国際社会との関わりを認識します。

          2.専門基礎科目においては、エネルギー・環境に必要な、数学や物理学、化学といった自然科学に関する基礎知識を身に付けます。

          3.専門科目においては機械工学をベースに、エネルギーの効率的な変換・制御、及び環境に配慮した材料に関する基礎知識を身に付け、これらを活用し、計画性と倫理性をもって実行・解決するための統合マネジメント及びコミュニケーション基礎能力を身に付けます。

          電気システム工学

          本プログラムでは、入学から卒業まで各教員(指導教員)の指導をきめ細かく受けることによりコースの学習・教育目標を達成するための学習プログラムを段階的に履修していきます。

          1.初年次では電気電子工学分野の技術者としての基礎学力の修得から始まり、電気システム工学分野の広がりを理解すると共に、興味深い分野を特化しながら専門的な課題に取り組む素地を身に付ける。

          2.高年次では実験や演習をとおして養う自主学習能力や技術者としての倫理観を修得し、最終的には卒業研究をとおして技術者には欠かせない問題解決能力を身に付ける。

          3.幅広い教養を身に付けるための人文・社会科学や国際的なコミュニケーション能力の向上のための外国語並びに工学における他分野の知識を修得し、電気システム工学分野の技術者として、国際的に活躍できる能力を身に付ける。

          電子情報通信

          本プログラムでは、入学から卒業まで各教員(指導教員)の指導をきめ細かく受けることによりコースの学習・教育目標を達成するための学習プログラムを段階的に履修していきます。

          1.初年次では電気電子工学分野の技術者としての基礎学力の修得から始まり、電子情報通信工学分野の広がりを理解すると共に、興味深い分野を特化しながら専門的な課題に取り組む素地を身に付ける。

          2.高年次では実験や演習をとおして養う自主学習能力や技術者としての倫理観を修得し、最終的には卒業研究をとおして技術者には欠かせない問題解決能力を身に付ける。

          3.幅広い教養を身に付けるための人文・社会科学や国際的なコミュニケーション能力の向上のための外国語並びに工学における他分野の知識を修得し、電子情報通信工学分野の技術者として、国際的に活躍できる能力を身に付ける。

          社会基盤デザイン

          本プログラムでは地域特性を活かした教育及び島嶼社会から国際社会までの多様な社会的ニーズに対応できる教育を行うことを目的に、人文社会科学・自然科学を学び、その上で社会基盤デザインに関する専門技術に関する能力を身に付けます。

          1年次では、人文・社会・自然科学に関する幅広い教養及び語学力向上のための基幹科目、数学・物理等の専門基礎科目を中心に学ぶとともに、専門教育の導入科目が提供されます。

          2年次では、社会基盤デザインに関する専門科目である社会システム計画学、水圏環境工学、地盤環境工学、構造設計工学、建設材料学、デザイン基礎、情報処理解析法等が提供されます。

          3年次では、社会基盤デザインに関する応用専門科目である海岸工学、地盤工学、橋設計論、維持管理工学、地震工学、減災計画、海底資源工学などが提供されます。また、より幅広い知識と複眼的な視点を身に付けることを目的に、工学科の他コースの専門科目が提供されます。なお、成績優秀者はグローバルエンジニアプログラム(GEプログラム)に志願することができます。GEプログラムでは学際的かつグローバルな視点とコミュニケーション能力、及び時代のニーズに貢献できる高度な技術力を兼ね備えた国際教養人の育成を目的に、英語を中心とした語学力・コミュニケーション能力、国際協力論・地域創生論等に関する科目、国際インターンシップや留学等が提供されます。

          4年次では、卒業研究をとおしてこれまで身に付けてきた知識を活用する能力を身に付けるとともに、課題発見・解決能力及びコミュニケーション能力を身に付けます。なお、本コースは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けており、国際的な水準を有する教育システムとなっており、本JABEE教育プログラムを修了した者(卒業生)は、国家資格の技術士一次試験が免除されるとともに、海外で活躍できる国際的技術者として認定を受けることができます。

          建築学

          1年次及び2年次においては多面的な文化、社会、自然環境等を幅広く学ぶ教養領域科目、言語、コミュニケーション、表現力を修得する基幹領域科目、専門分野の学習の基礎となる物理学、数学、化学を学ぶとともに、工学及び建築学の基礎となる科目を履修します。

          2年次後期と3年次を中心に建築学の各分野の骨格的な内容を修得する科目を履修し、基本的な計画、設計、要素技術の理解と課題解決能力を身に付けます。3年次後期以降は建築学の専門家としての社会における職能や役割、責任を理解する科目(建築法規、技術者倫理等)も履修します。

          4年次では自立した技術者を目指して、それまでに修得した専門知識を課題解決に向けて応用、発展させ、その成果を集成、発表する機会として、卒業設計又は卒業研究に取り組みます。

          卒業に必要な単位数は、7つの能力を修得できるように編成されたカリキュラムにおいて、合計130単位以上の単位を修得する必要があります。この教育プログラムは、建築士の受験資格として認定されたものです。

          【共通教育・専門基礎】

          1 教養領域、総合領域、基幹領域 30単位以上
          2 専門基礎科目 8単位以上

          【専門教育】

          1 専門必修科目 62単位
          2 専門選択科目 24単位以上
          3 工学融合プログラム科目 4単位以上

          知能情報

          1.1年次及び2年次で提供される総合力演習科目(工学基礎演習、キャリアデザイン入門、プロジェクト・デザイン、キャリアデザイン)の履修をとおして、自律性、社会性、コミュニケーション能力を重点的に身に付けます。

          2.1年次及び2年次において、専門基礎科目、数学基礎科目(工業数学Ⅰ、工業数学Ⅱ、離散数学、確率及び統計、工業数学Ⅲ、工業数学Ⅳ)及び知能情報コア科目群を履修することで、知能情報工学を学習していく上で必要とされる基礎学力、知能情報工学の専門基礎知識及びスキルを修得します。

          3.共通教育の外国語科目に加えて、3・4年次に専門科目として提供される技術英語Ⅰ〜Ⅲ、ICT実践英語Ⅰ、Ⅱ等を履修することで、外国語によるコミュニケーション能力を修得します。

          4.1年次、2年次の総合力演習科目の中の課題解決型グループ演習科目、3年次の知能情報実験Ⅲ、エンジニアリングデザイン演習をとおして、課題解決能力、協調性、柔軟性を修得します。

          5.1年次から4年次にかけて、共通教育科目(教養・総合領域)を履修することで、幅広い教養と柔軟な思考力を身に付けます。

          6.3年次から4年次にかけて提供される知能情報専門科目、セミナーⅠ、同Ⅱ、卒業研究Ⅰ、同Ⅱ等をとおして、知能情報工学分野のより深い専門知識と先端技術を修得します。

          農学部

          亜熱帯地域農学

          亜熱帯地域農学 学士教育プログラムでは、授業の方法・内容などや学習の成果に係る評価基準等をシラバス等で明確に提示し、4年間の学習成果を総合的に評価します。

          1.1-2年次では、共通教育(教養・総合領域)を履修し、人文・社会・自然科学の諸科学の内容や特有な課題に精通し、また、専門基礎教育による自然科学に関する講義・実験科目をとおし、問題解決に必要な固有の知識や方法を身に付け、それらを現代的状況へ応用できる能力を養い21世紀型市民としての教養を修得します。

          2.1-2年次では、共通教育(基幹領域)の履修により、外国語や情報科学の知識を修得し、多様な情報を受け取り、自らの考えを的確に伝える能力を身に付けます。

          3.初年次教育科目(「食・農・環境概論」、「基礎フィールド実習」)を履修し、農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用についての知識を修得し、食料問題、環境問題の解決策及び農業のあり方について考えるとともに、農業・林業・畜産業を実際に体験し農学の基礎を身に付け、大学で学ぶ意義を理解し、自律的で協働して学ぶ態度を身に付け、農学の社会的責任を理解します。

          4.2-3年次では、学科共通(コア)科目を履修し、亜熱帯地域社会における自然と農との調和に配慮した持続的農業に関する理解を深めます。選択科目等の講義や実験・実習を通じて専門知識の活用を具体的に理解し、亜熱帯地域農学の知識を活用し社会からの要求を確実に捉え、かつ、分野横断的に、農学全体の内容を学修し、問題に総合的に取り組む能力を身に付けます。コース必修科目の履修により、分野ごとに特有の専門的な知識を修得します。

          5.3年次の「キャリアディベロップメント」、「キャリア実習」の科目は、学問が現場で展開される場面を体験しながら、卒業後のキャリアプランを考え社会の一員としての責任を認識します。

          6.4年次では、卒業論文の作成を通じ、問題解決に向かって自立的・計画的に行動し、多様な情報を分析し、総合的に問題の解決を図れる能力を身に付けるとともに、技術者・研究者として専門能力の向上を自主的に励み、問題を見出し解決する能力を身に付けます。

          7.基本的に講義科目では修得した知識の理解度を、実験・実習・演習科目では知識を応用できる能力や専門技術・技能の習熟度を評価します。学習成果の集大成となる卒業研究では知識・技術を利用して実際に問題解決に近づくことができるかを評価します。学習成果を適切に評価することで、教育課程の継続的改善に取り組みます。

          亜熱帯農林環境科学

          亜熱帯農林環境科学 学士教育プログラムでは、授業の方法・内容などや学習の成果に係る評価基準等をシラバス等で明確に提示し、4年間の学習成果を総合的に評価します。

          1.1-2年次では、共通教育(教養・総合領域)を履修し、人文・社会・自然科学の諸科学の内容や特有な課題に精通し、また、専門基礎教育による自然科学に関する講義・実験科目をとおし、問題解決に必要な固有の知識や方法を身に付け、それらを現代的状況へ応用できる能力を養い21世紀型市民としての教養を修得します。

          2.1-2年次では、共通教育(基幹領域)の履修をとおし、外国語や情報科学の知識を修得し、多様な情報を受け取り、自らの考えを的確に伝える能力を身に付けます。

          3.初年次教育科目(「食・農・環境概論」、「基礎フィールド実習」)を履修し、農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用についての知識を修得し、食料問題、環境問題の解決策及び農業のあり方について考えるとともに、農業・林業・畜産業を実際に体験し農学の基礎を身に付け、大学で学ぶ意義を理解し、自律的で協働して学ぶ態度を身に付け、農学の社会的責任を理解します。

          4.2-3年次では、学科共通(コア)科目を履修し、沖縄及び亜熱帯地域の自然やこれらの地域で営まれる人間活動を理解し、亜熱帯農林環境科学の知識を活用し社会の抱える問題に総合的に取り組む能力を養います。さらに、各コース必修科目の履修をとおし、レベルの高い専門知識を身に付け、専門的職業人として問題解決をすることができる能力を身に付けます。

          5.3年次の「キャリアディベロップメント」、「キャリア実習」の科目は、学問が現場で展開される場面を体験しながら、卒業後のキャリアプランを考え社会の一員としての責任を認識します。

          6.4年次では、卒業論文をとおして問題解決に向かって自立的・計画的に行動し、多様な情報を分析し、総合的に問題解決をすることができる能力を身に付けるとともに、技術者・研究者として専門能力の向上を自主的に励み、問題を見出し解決する能力を身に付けます。

          7.基本的に講義科目では修得した知識の理解度を、実験・実習・演習科目では知識を応用できる能力や専門技術・技能の習熟度を評価します。学修成果の集大成となる卒業研究では知識・技術を利用して実際に問題解決に近づくことができるかを評価します。学修成果を適切に評価することで、教育課程の継続的改善に取り組みます。

          地域農業工学

          地域農業工学 学士教育プログラムでは、授業の方法・内容などや学習の成果に係る評価基準等をシラバス等で明確に提示し、4年間の学習成果を総合的に評価します。

          1.1-2年次では、共通教育(教養・総合領域)を履修し、人文・社会・自然科学の諸科学の内容や特有な課題に精通し、また、専門基礎教育による自然科学に関する講義・実験科目をとおし、問題解決に必要な固有の知識や方法を身に付け、それらを現代的状況へ応用できる能力を養い21世紀型市民としての教養を修得します。

          2.1-2年次では、共通教育(基幹領域)の履修をとおし、外国語や情報科学の知識を修得し、多様な情報を受け取り、自らの考えを的確に伝える能力を身に付けます。

          3.初年次教育科目(「食・農・環境概論」、「基礎フィールド実習」)を履修し、農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用についての知識を修得し、食料問題、環境問題の解決策及び農業のあり方について考えるとともに、農業・林業・畜産業を実際に体験し農学の基礎を身に付け、大学で学ぶ意義を理解し、自律的で協働して学ぶ態度を身に付け、農学の社会的責任を理解します。

          4.2-3年次では、学科共通(コア)科目を履修し、地域農業工学の原理・理論・法則を理解するとともに亜熱帯島嶼環境での農業・農村環境について理解を深めます。選択科目等をとおした実際現場での事例の学習や実験・実習の経験をとおし専門知識の活用を具体的に理解し、地域農業工学の知識を活用し社会からの要求を確実に捉え、かつ、分野横断的に、農学全体の内容を総合的に学修し、問題に総合的に取り組む能力を身に付けます。コース必修科目の履修により、分野に特有な専門的な知識を修得します。

          5.3年次の「キャリアディベロップメント」、「キャリア実習」の科目は、学問が現場で展開される場面を体験しながら、卒業後のキャリアプランを考え社会の一員としての責任を認識します。

          6.4年次では、卒業論文をとおして問題解決に向かって自立的・計画的に行動し、多様な情報を分析し、総合的に問題解決をすることができる能力を身に付けるとともに、技術者・研究者として専門能力の向上を自主的に励み、問題を見出し解決する能力を身に付けます。

          7.基本的に講義科目では修得した知識の理解度を、実験・実習・演習科目では知識を応用できる能力や専門技術・技能の習熟度を評価します。学習成果の集大成となる卒業研究では知識・技術を利用して実際に問題解決に近づくことができるかを評価します。学習成果を適切に評価することで、教育課程の継続的改善に取り組みます。

          亜熱帯生物資源科学

          亜熱帯生物資源科学 学士教育プログラムでは、授業の方法・内容などや学習の成果に係る評価基準等をシラバス等で明確に提示し、4年間の学習成果を総合的に評価します。

          1.1-2年次では、共通教育(教養・総合領域)を履修し、人文・社会・自然科学の諸科学の内容や特有な課題に精通し、また、専門基礎教育による自然科学に関する講義・実験科目をとおし、問題解決に必要な固有の知識や方法を身に付け、それらを現代的状況へ応用できる能力を養い21世紀型市民としての教養を修得します。

          2.1-2年次では、共通教育(基幹領域)の履修をとおし、外国語や情報科学の知識を修得し、多様な情報を受け取り、自らの考えを的確に伝える能力を身に付けます。

          3.初年次教育科目(「食・農・環境概論」、「基礎フィールド実習」)を履修し、農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用についての知識を修得し、食料問題、環境問題の解決策及び農業のあり方について考えるとともに、農業・林業・畜産業を実際に体験し農学の基礎を身に付け、大学で学ぶ意義を理解し、自律的で協働して学ぶ態度を身に付け、農学の社会的責任を理解します。また、健康栄養科学コースでは、さらに「栄養学」等を履修し、栄養士として基礎を身に付け、栄養の指導を担う社会的責任を理解します。

          4.2-3年次では、学科共通(コア)科目を履修し、亜熱帯地域社会の要求を認識するために総合的な農学基礎理論を修得します。コース提供科目の履修により、専門分野の基礎から応用までの知識を自ら総括し、亜熱帯生物資源科学に関する問題を総合的に解決する能力を身に付け、社会の要求に対応し理論や技術を活用できる専門職業人としての実践力を身に付けます。

          5.3年次の「キャリアディベロップメント」、「キャリア実習」若しくは「校外実習」の科目は、学問が現場で展開される場面を体験しながら、卒業後のキャリアプランを考え社会の一員としての責任を認識します。

          6.4年次では、卒業論文をとおして問題解決に向かって自立的・計画的に行動し、多様な情報を分析し、総合的に問題解決をすることができる能力を身に付けるとともに、技術者・研究者として専門能力の向上を自主的に励み、問題を見出し解決する能力を身に付けます。

          7.基本的に講義科目では修得した知識の理解度を、実験・実習・演習科目では知識を応用できる能力や専門技術・技能の習熟度を評価します。学習成果の集大成となる卒業研究では知識・技術を利用して実際に問題解決に近づくことができるかを評価します。学習成果を適切に評価することで、教育課程の継続的改善に取り組みます。