本学では、高度情報化社会において情報通信技術の活用能力を有する人材を育成すること、情報通信技術を活用し様々な授業方法やメディアを利用した教育を実践すること、各種配布物や提出物のペーパーレス化を推進することなどを目的として、令和4年度入学生(編入学での入学者除く)から、ノートパソコン等を必携とすることになりました。新しくノートパソコン等の購入を検討される方は、以下の仕様・性能を参考として下さい。
 なお、条件を満たすノートパソコン等を既にお持ちの方は、新たに購入する必要はありません。

 

ノートパソコン等購入推奨スペック
項目 仕様・性能
OS
  • Microsoft社のWindows 10 Home以上
  • Apple社のmacOS 10.13 High Sierra以上
CPU
  • Intel Core i3(6000番台以降)もしくはAMD Ryzen3以上の性能を持つこと

※快適に利用するためにはIntel Core i5以上の性能が望ましい。
例:PassMark(CPUベンチマーク)のスコアが5000以上の性能を有することが望ましい。(Core i7-2600、Core i5-4590、Core i3-8100T、AMD Ryzen 3 2300U、以上の性能を有するCPU)

メモリ容量
  • 4GB以上が搭載されていること。

※快適に利用するためには8GB以上が望ましい。

HDD、SSD容量
  • HDD又はSSDで、128GB以上が搭載されていること。

※快適に利用するためにはSSD搭載機種が望ましい。

無線LAN
  • IEEE 802.11 n(Wi-Fi4)以降の規格に対応していること。
その他
  • ウェブカメラを備えること。(ウェブカメラは別途購入して接続することも可能)
  • イヤホンマイクが利用できる(4極端子を有する)こと。
  • バッテリー駆動時間が8時間以上であることが望ましい。
  • 本学在学中は、MicrosoftOffice(Word、Excel、PowerPoint等)、ウイルス対策ソフトを無償で利用することができます。詳細は入学後のオリエンテーション等で確認してください。

※入学される学科・コースによっては、別途購入機種の仕様を指定しています。その場合は学科・コースからの案内に沿ってください。

以下の学部は、表の仕様に加えて、次のとおり指定がありますのでご注意ください。

教育学部

ZOOM等を利用した双方向型授業を受講する際は、オンラインで配布された資料の印刷が必要となる場合がある。このため、資料印刷のためのプリンターを準備しておくことが望ましい。あるいは、PCで双方向型授業を受講し、iPad等のタブレットで資料を表示させれば、印刷等の手間が省ける。
 (タブレット参考機種)
 ・iPad 10.2 インチ(4万円程度)・推奨  ・Fire HD 8タブレット(1万円程度)
バッテリー駆動時間は特に制限しない。

理学部

(物質地球科学科物理系)
物理系の学生は別途配付する資料を参考にすること。

工学部

(共通)
OSはWindowsを推奨
メモリは8GB以上であること

(機械工学コース・エネルギー環境工学コース)
OSはMicrosoft社のWindows10 Home(64bit)以上に限る
CPUはIntel Core i5以上、AMD Ryzen 5 以上であること
SSDで128GB以上であること

(電気システム工学コース・電子情報通信コース)
これから購入する場合は、Windowsを推奨する
HDDであれば500GB以上、SSDであれば128GB以上であること
有線LANと無線LANの双方に対応していることが望ましい
HDMIあるいはVGAの映像出力端子を有すること
バッテリー駆動時間は特に制限しない

(社会基盤デザインコース)
これから購入する場合は、Windowsを推奨する。OSがWindows以外のPCをすでに所有している場合は、Windowsを起動できる環境を整備すること。
 例)MacOS上でWindowsを起動できる等。

(知能情報コース)
別途、コースから指定のPCをご連絡いたします。それまで購入はお控えください。