観光科学研究科(修士課程)

研究科長 荒川 雅志

さまざまな分野が関連する観光学を学際的な視野で考える力を養う

 観光科学研究科の特色は、学際的かつ専門的な知識を身につける事ができる教育プログラムにあります。この教育プログラムでは、サステナビリティ(持続可能性)を観光学の基礎に位置づけ、ツーリズム・ビジネス、ツーリズム・デベロップメント、ツーリズム・リソースマネジメントの3領域に関する基礎的知識を習得し、さらに1領域に関して深く研究することとしています。また、日本を代表する観光地である、沖縄の地域特性に関する授業を開設しています。本研究科は観光立国の実現に向けて、海外、日本、そして沖縄県において観光振興の牽引役と成る高度な専門職業人の育成を目的としています。

観光科学研究科WEBサイト