国際地域創造学部は、グローバルとローカルを併せ持つ視野によって、
地域社会における現代的課題の解決や国内外の産業・文化の振興に
寄与できる人材を育成するという教育目標を掲げています。
多様な学びをとおして自分が将来何をしたいのかを想像し多様な学びを体験してください。

学部長メッセージ

地域における課題の解決や 国内外の産業・文化振興に明るい人材を 育成するために、より良い学びの場を

本学部は、2018年に新設された学部です。「産 業振興」「地域振興」「文化振興」を担う人材を育 成するという教育目標を達成するために、学部統 一のカリキュラムと教育プログラム独自のカリキュ ラムを整備しています。学生本人の希望と成績を 判定基準として、昼間主コースは3箇学期(1年 半)、夜間主コースは2箇学期(1年)学んだ後に、 プログラムの配属を決定します。希望どおりのプ ログラムに配属できるように、指導教員がオリエ ンテーション時に各プログラムの履修条件を丁寧 に説明しながら選定に関する相談に応じます。何 を学ぶか(専門性)も大事ですが、自分が将来何 をしたいのかを想像しながら新学部で多様な学び を体験してください。「国際」「地域」「創造」がど のような意味を持ち、卒業後に地域社会、国際社 会にどのように貢献できるのか、同時に島嶼地域 の沖縄県に立地する琉球大学の学びの環境を十 二分に活かして学んでほしいと思います。

国際地域創造学部長 / 教授 石原 昌英

4年間の学び

※夜間主については、経営、経済学、国際言語文化の3プログラムから選択

学科

観光地域デザインプログラム

観光ビジネス、観光政策、自然・文化資源のマネジメント、地域開発などの領域から学際的に「観光・地域」の関係性や成立ち、振興を考える学問領域です。

経営プログラム

経営組織論、経営戦略論、組織行動論など経営を専門的に学ぶだけでなく、地域の文化・社会で目標に向かって実践的に活用できる学びを研究します。

経済学プログラム

歴史(経済史)や政策(社会政策、経済政策)を踏まえながら、経済について幅広く学べます。データを活用した統計分析や 実践経済学にも力を入れています。

国際言語文化プログラム

高度な外国語運用の能力の獲得を目指します。英語をはじめ、本プログラムは沖縄で唯一ドイツ・フランス・スペイン語圏の言語、文学、文化について専門的に学べます。

地域文化科学プログラム

地理学、歴史学、人類学(考古学含む)の観点から、史料解読やフィールドワークを通して「人間」について、空間、時間、文化との関わりから学びます。

取得できる資格 

  • 中学校教諭一種免許状(社会) 
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史)
  • 高等学校教諭一種(英語)
  • 博物館学芸員 ・GIS学術士 

つながる進路

  • 国家公務員・地方公務員などの行政職
  • 金融・保険や流通、情報や旅行・観光関連などの一般企業
  • メーカー・インフラ業界
  • 福祉関連業界
  • 中学校・高等学校の教諭
  • 本学・他大学の大学院へ進学

国際地域創造学部WEBサイト