令和2年9月18日更新

● : 本学独自の支援
◆ :本学以外による支援

◆「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(2次募集終了)
 アルバイト収入の大幅な減少など修学が困難な場合に支給されます。


    2次募集申請受付期間:令和2年7月7日(火)~令和2年7月22日(水)

        1次募集で既に申請済みの学生は再度申請することはできませんのでご留意願います。
  また、2次募集申請期間の締切日以降、新規で募集することは予定しておりませんので、必ず2次募集申請期間の締切日までには、申請をお願いします。


・20万円(非課税世帯)
・10万円(上記以外)
※6月12日(金)まで(第1次締切)
・学生生活支援情報(琉球大学HP)
◆家計急変に係る給付奨学金(修学支援新制度)
 大学が行う授業料免除と日本学生支援機構(JASSO)が行う給付奨学金の両方を合わせて支援される制度です。新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により家計が急変した学生について、申込が可能です。

・授業料は全額~1/3を免除
・給付金は毎月9,800円~6万6,700円(通学形態で支給金額が異なる)
※特例受付は6月30日(火)まで→当面の間受付延長
・新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援(日本学生支援機構)
●授業料減免事業の拡充
 修学支援新制度の対象とならない学生等に大学独自で授業料の減免を行っていくことを検討中です。
●令和2年度入学料及び前期授業料未納に係る弾力的な取扱い
 今年度の入学料及び前期授業料に限り、未納による除籍は令和3年3月31日まで行いません。
 なお、中途退学の場合や卒業年次の学生については取扱いが異なりますので、所属学部・研究科または下記までお問合せください。
 また、期間中における授業料の引落日(各月末)については引き続きお知らせいたします。

※学生支援課及び経理課までお問合せください。
 学生支援課学生援護係 098-895-8135 gkgsien@acs.u-ryukyu.ac.jp
 経理課収入支出係 098-895-8058 krsyusi@acs.u-ryukyu.ac.jp 
◆日本学生支援機構(JASSO)の貸与奨学金(第一種・第二種)
 貸与奨学金も家計急変者については随時受付しています。
更に、実質無利子で貸し付けを行う「緊急特別無利子貸与型奨学金」を創設し、支援しています。

・貸与月額
 第一種(無利息): 2万円~5万1,000円(通学形態で支給金額が異なる)
 第二種(利息付): 2万~12万円
 緊急特別無利子貸与型奨学金:第二種奨学金と同様の額を選択できます。
※家計急変者は随時受付
・奨学金の制度(貸与型)(日本学生支援機構)
●遠隔授業に係る環境整備支援
 自宅にPCやネット環境がない等、遠隔授業を受講する環境が十分でない学生に対して、PCやWi-Fiルーター等を無償で貸与しています。通信費も本学が負担しています。

※機器の納品等、準備が整った学部から随時行います。
・ノートPC及びWiFiルーターなどの貸出について(琉球大学HP)
●琉球大学生活支援奨学金
 新型コロナウイルス感染拡大の影響等により家計が急変した学生に対して、一時金を貸与します。(本学の構成員や地域の有志等からの寄附金)

・5万円(無利息)
※第1回目受付終了
・琉球大学生活支援奨学金(貸与)の開始について(琉球大学HP)
※本奨学金の貸与(5万円)については、新型コロナウイルス感染拡大の本学学生への影響を考慮し、返還を免除することとしました。
※今後の募集については、改めてお知らせします。
(公財)琉球大学後援財団及び琉球大学修学支援基金による給付金支給事業

 琉球大学生活支援奨学金の返還免除に引き続き、新型コロナウイルスにより経済的に困窮する学生への支援を中心として、次のとおり給付金の支給事業を行います。

・(公財)琉大後援財団及び修学支援基金 共通の事業
新型コロナウイルス感染拡大による困窮学生への支援

 琉大後援財団 :1人 10万円  琉大修学支援基金 :1人5万円

・その他の修学支援基金の事業  1人:5万円
※詳細は、こちらまで→https://www.u-ryukyu.ac.jp/news/16162/

●留学生に対する支援金
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で生活に支障を来している留学生に対して一時金を給付します。(沖縄セルラー寄附金)

・10万円
※受付終了
 国際教育課留学生係へお問い合わせください。
 098-895-8103 koshien@acs.u-ryukyu.ac.jp
◆自治体独自の奨学金や民間奨学金等
 自治体が独自に奨学金等の制度を持っている場合もあります。また、民間の奨学金についても、申込みが可能な場合もあります。

学生支援課奨学係や自治体の窓口へお問い合わせください。
 098-895-8136 gksygsn@acs.u-ryukyu.ac.jp
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆生活福祉資金貸付金(緊急小口資金の特例貸付) 
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯が対象です。

※個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンターへお問い合わせください。
 0120-46-1999 受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)
https://www.youtube.com/watch?v=LQN4db75jLU
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆生活福祉資金貸付金(教育支援資金)
 低所得世帯を対象とした、大学等に修学するために必要な経費について、無利子での貸し付けを行っています。

・貸与月額:6.5 万円以内
・入学必要経費:50 万円以内
※お住まいの市区町村の社会福祉協議会へお問い合わせください。
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆母子父子寡婦福祉貸付金(就学支度資金・修学資金)
 母子・父子・寡婦家庭の方を対象とした、無利子での貸し付けの制度です。

・受験料、被服費等:59 万円以内
・授業料、生活費等:月 14.6 万円以内
※お住まいの都道府県・指定都市・中核市の福祉事務所等のひとり親世帯関係施策担当へお問い合わせください。
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆住居確保給付金
 離職・廃業後2年以内又は休業等に伴う収入減少により住居を失うおそれが生じている方に家賃相当額を自治体から家主へ支給する制度です。
※お住まいの都道府県・市・区等の自立相談支援機関にお問い合わせください。
 住居確保給付金相談コールセンター 0120235572
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆特別定額給付金(総務省)
 基準日(令和2年4月 27 日)において、住民基本台帳に記録されている方を給付対象者、その方の属する世帯の世帯主を受給権者とし、給付対象者1人につき 10 万円を給付する制度です。

※特別定額給付金コールセンターへお問い合わせください。
0120-26-0020(フリーダイヤル応答時間帯:平日,休日問わず 9:00~18:30)
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆日本政策金融公庫の教育ローン
 大学等に入学・在学する方の保護者に対し、貸付を行うものです。

・学生等1人あたり350万円以内
・利息:年 1.70%(固定金利)
※日本政策金融公庫へお問い合わせください。
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
◆雇用調整助成金の特例措置
新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が、休業手当を払う場合、学生アルバイトも含む非正規雇用も対象となる特例です。
https://www.u-ryukyu.ac.jp/wp-content/uploads/2020/06/44ff97f3ce0b719726fc3ba8a142919d.pdf
●メンタルヘルス支援
保健管理センターにて、公式LINEなどにより、こころとからだの健康相談を受け付けています。

・琉球大学保健管理センター
●その他の支援
〇 琉球大学後援財団、琉球大学同窓会の他、様々な組織や団体と学生支援について協議を進めています。
〇 学生寮の通信環境改善や、遠隔授業で利用するeラーニングシステム強化などの支援も行っています。