沿革概要

月日主な出来事
1948 昭和23年12月 ・連合軍最高司令部の琉球局長ジョン・H・ウェッカリング准将は米国琉球軍政本部教育部長アーサー・E・ミード博士、沖縄民政府文教部長山城篤男氏と共に首里城趾等を視察し、前教育部長スチュアート中佐の計画に基づき、ここに大学を設立することになった。
1949 昭和24年 6月 8日 ・本館及び普通教室(木造)8棟並びに図書館の建設が着工され、昭和25年4月25日落成。
1950 昭和25年 5月22日 ・本学が、英語学部、教育学部、社会科学部、理学部、農学部及び応用学芸学部の6学部、1・2年次あわせて562人の学生、44人の職員で開学し、同日、第1回入学式を挙行。
10月30日 ・琉球情報教育委員会(軍政府指令第13号)を設置。同委員会は琉球大学理事会としての機能も果たした。
1951 昭和26年 1月10日 ・琉球大学に関する基本法(琉球列島米国民政府令第30号)を制定。同基本法により琉球情報教育委員会は琉球大学理事会となった。
2月12日 ・開学記念式典を挙行。
4月 1日 ・工業試験場が民政府から琉球大学に移管され、琉球大学那覇工業指導所(エクステーションセンター)と改称し、工業技術員養成課程(2年)を設置。
5月 1日 ・副会長制がしかれた(昭和33年10月1日廃止)。
9月 1日 ・林学部を設置。
25日 ・米軍教育審議会及び陸軍省の教育計画により、本学にミシガン州立大学教授団が派遣され、教育行政及び研究活動等に協力することになった。
1952 昭和27年 2月28日 ・琉球教育法(布令第66号)が制定され、布令第30号は廃止された。布令第30号によって設立された琉球大学の法人組織は琉球教育法中「第14章琉球大学」の規定によって存続されることになった。
4月 1日 ・新学則により、英語学部は語学部、応用学芸学部は商学部と家政学部に分離改組し、8学部、14学科(農学畜産学科、林学科、家政学科、国語学科、英語学科、教育学科、数学科、物理学科、化学科、生物学科、政治学及法学科、社会学及経済学科、史学及地理学科、商学科)、2課程(初等学校教員養成、中等学校教員養成)に編成。
5月 5日 ・琉球大学大島分校を設置(昭和28年12月25日奄美大島の本土復帰により廃校)。
1953 昭和28年 3月20日 ・琉球大学第1回卒業式並びに修了式を挙行(卒業生26人、修了生74人)。
4月 1日 ・工業技術員養成課程が実用工業科に改称。
24日 ・文部省の援助により本土諸大学からの講師招聘を開始。
1954 昭和29年 4月 1日 ・新学則により、3学部(文理学部、教育学部、農家政学部)19学科(国文学科、英文学科、史学及地理学科、政治学及法学科、社会学及経済学科、数学科、物理学科、化学科、生物学科、美術工芸科、商学科、初等教育科、中等教育科、教育学科、農学科、畜産学科、林学科、家政学科、実用工学科)に統合編成。
5月 ・米国民政府財産管理官が国頭村与那官有林74-79林班の無期限無償の使用権を認可したので、農家政学部の演習林として利用することになった。
12月 ・教育学部中等教育科、農家政学部実用工業科を廃止し、教育学部に音楽科、体育科、農家政学部に機械工学科、総合農学科を設置。
1957 昭和32年 4月 1日 ・農家政学部に土木工学科及び電気工学科を設置。
1958 昭和33年 1月10日 ・教育基本法、学校教育法、教育委員会法及び社会教育法の4教育関係法が民立法として制定された。ただし、琉球大学は布令第66号第14章により存続。
4月 1日 ・文理学部政治学及法学科を法政学科に改称、社会学及経済学科、史学及地理学科をそれぞれ社会学科、経済学科、史学科、地理学科に分離。
10月 ・農家政学部を農家政工学部に改称。
・文理学部国文学科、英文学科をそれぞれ国語国文学科、英語英文学科に改称。
・与那演習林が農家政工学部附属林業試験場となった。
・農家政工学部附属農業試験場を設置。
1960 昭和35年12月 2日 開学10周年記念式典を挙行。
1961 昭和36年 4月 1日 ・教育学部に職業技術科を設置。
1963 昭和38年 4月 1日 ・農家政工学部総合農学科を廃止、農芸化学科を設置。
1964 昭和39年 2月 1日 ・教育学部職業技術科を技術教育科に改称。
10月 1日 ・教養部を設置(昭和41年4月1日発足)。
11月 4日 ・農家政工学部に農業工学科を設置。
1965 昭和40年 7月23日 ・琉球政府立法院において、琉球大学設置法(昭和40年立法第102号)及び琉球大学管理法(昭和40年立法第103号)を制定。
1966 昭和41年 4月 1日 ・教育学部に心理学科を設置。
7月 1日 ・琉球大学設置法及び琉球大学管理法により、本学は琉球政府立大学となり、管理機関として琉球大学委員会を設置。
・短期大学部(英語科、法政科、経済科、商科、機械科、電気科、夜間・3年課程)を併設(昭和42年4月1日短期大学部学生受入れ)。
1967 昭和42年 3月22日 ・故金城キク女史寄贈の風樹館(自然科学標本館)の落成式が行われた。
4月 1日 ・琉球大学設置法の一部改正(昭和41年立法第55号)により、4学部(法文学部、教育学部、理工学部、農学部)28学科(国語国文学科、英語英文学科、史学科、地理学科、法政学科、社会学科、経済学科、商学科、美術工芸科、教育学科、心理学科、初等教育科、音楽科、体育科、技術教育科、数学科、物理学科、化学科、生物学科、機械工学科、土木工学科、電子工学科、農学科、農芸化学科、農業工学科、畜産学科、林学科、家政学科)に改編。
1968 昭和43年 5月17日 ・琉球大学設置法の一部改正により、保健学部を設置。
6月30日 ・昭和37年7月6日に締結されたミシガン州立大学との教育交流協約が終結したので、アメリカ合衆国政府保健厚生文部省と米国民政府の斡旋により米国諸大学との交流プログラムが設定された。
1970 昭和45年 6月20日 ・琉球大学設置法の一部改正により新那覇病院は、琉球大学附属病院となった。
11月20日 ・本学の国立移管について閣議で「琉球大学(琉球大学短期大学部を含む。)はその教育組織等について必要な整備を図り復帰の際、国に移管し、国立大学とする。なお、新那覇病院については当該大学に附置するものとする」ことを決定。
12月 4日 ・開学20周年記念式典を挙行。
1971 昭和46年4月1日 ・理工学部附属工作工場を設置。
12月 3日 ・理工学部附属臨海実験所及び農学部附属熱帯農学研究施設を設置。
1972 昭和47年 3月 3日 ・計算センターを設置。
4月 1日 ・学則の改正により、5学部(法文学部、教育学部、理工学部、保健学部、農学部)18学科(法政学科、経済学科、文学科、史学科、社会学科、数学科、物理学科、化学科、生物学科、機械工学科、土木工学科、電気工学科、保健学科、農学科、農芸化学科、農業工学科、畜産学科、林学科)3課程(小学校教員養成課程、中学校教員養成課程、養護学校教員養成課程)に改編。短期大学部を4学科(英語学科、法経学科、機械工学科、電気工学科)に統合。
5月15日 ・沖縄の本土復帰により、琉球大学及び同短期大学部は、国に移管され国立大学となり、琉球大学附属病院は、琉球大学保健学部附属病院となった。
1974 昭和49年 3月30日 ・放射性同位元素取扱施設を設置。
4月 1日 ・教育学部に臨時養護学校教員養成課程を設置。
1975 昭和50年 4月 1日 ・理工学部に海洋学科を設置。
12月18日 ・農学部附属農場造成工事の着工をもって移転整備工事を開始。
1977 昭和52年 4月18日 ・医学部創設準備室を設置。
5月 2日 ・大学院農学研究科(修士課程)(農学専攻、農芸化学専攻、畜産学専攻)を設置。
5月11日 ・農学部附属農場の千原団地への移転により移転開始。
1978 昭和53年 3月31日 ・教育学部の臨時養護学校教員養成課程を廃止。
4月 1日 ・大学院農学研究科(修士課程)に林学専攻を設置。
・教育学部に特殊教育特別専攻科(精神薄弱教育専攻)を設置。
・理工学部に建設工学科を設置。
1979 昭和54年 4月 1日 ・国立学校設置法の一部改正により理工学部を理学部及び工学部に分離改組。
・保健管理センターを設置。
・語学実験室を設置。
10月 1日 ・国立学校設置法の一部改正により医学部を設置(昭和56年4月1日医学科学生受入れ)。
1980 昭和55年 4月 1日 ・大学院理学研究科(修士課程)(数学専攻、物理学専攻、化学専攻、生物学専攻、海洋学専攻)を設置。
・工学部に電子・情報工学科を設置。
5月22日 ・開学30周年記念式典を挙行。
1981 昭和56年 4月 1日 ・保健学部が医学部保健学科に改組、保健学部附属病院は医学部附属病院となった。
・教育学部附属小学校を設置(昭和57年4月1日小学生受入れ)。
・熱帯海洋科学センターを設置(理学部附属臨海実験所の転換)。
1982 昭和57年 5月 1日 ・廃棄物処理センターを設置。
1983 昭和58年 4月 1日 ・大学院農学研究科(修士課程)に農業工学専攻を設置。
1984 昭和59年 4月 1日 ・附属図書館医学部分館を設置。
・医学部及び医学部附属病院の事務部を一元化。
4月11日 ・教育学部附属中学校を設置(昭和60年4月1日中学生受入れ)。
8月 2日 ・医学部附属病院の上原団地への移転を持って移転事業を完了。
1985 昭和60年 4月 1日 ・大学院工学研究科(修士課程)(機械工学専攻、建設工学専攻、電気・情報工学専攻)を設置。
・農学部附属熱帯農学研究施設に環境・資源研究部門を設置。
・資料館(風樹館)を設置。
・農学部及び農学附属農場・演習林の事務部を一元化。
11月 2日 ・移転完了記念祝賀会が行われた。
1986 昭和61年 4月 1日 ・大学院保健学研究科(修士課程)(保健学専攻)を設置。
・医学部附属病院に高気圧治療部を設置。
1987 昭和62年 4月 1日 ・計算センターを情報処理センターに名称変更。
・大学院法学研究科(修士課程)(法学専攻)を設置。
・大学院医学研究科(博士課程)(形態機能系専攻、生体制御系専攻、環境生態系専攻)を設置。
・工学部にエネルギー機械工学科を設置。
5月21日 ・庶務部に国際主幹を設置。
・教育学部に附属教育実践研究指導センターを設置。
1988 昭和63年 4月 1日 ・廃棄物処理センターを環境安全センターに名称変更。
8日 ・医学部に附属地域医療研究センターを設置。
・附属図書館事務部の整理課を情報管理課に、閲覧課を情報サービス課にそれぞれ名称変更。
1989 平成元年 4月 1日 ・教育学部に総合科学課程を設置。
5月29日 ・医学部附属病院に輸血部を設置。
1990 平成2年 4月 1日 ・大学院教育学研究科(修士課程)(学校教育専攻:学校教育専修)、(教科教育専攻:数学教育専修、美術教育専修、技術教育専修、家政教育専修、英語教育専修)を設置。
5月22日 ・開学40周年記念式典を挙行。
1991 平成3年 4月 1日 ・農学部5学科(農学科、農芸化学科、農業工学科、畜産学科、林学科)を改組し3学科(生物生産学科、生産環境学科、生物資源科学科)を設置。
12日 ・遺伝子実験施設を設置。
・医学部に附属実験実習機器センターを設置。
10月22日 ・極低温センターを設置。
1992 平成4年 4月 1日 ・鹿児島大学大学院連合農学研究科へ構成大学として参加。
1993 平成5年 4月 1日 ・庶務部の国際主幹を廃止し、国際交流課を設置。
・医学部に附属動物実験施設を設置。
10月 1日 ・短期大学部の転換。
・法文学部5学科(法政学科、経済学科、文学科、史学科、社会学科)を改組し、3学科(法政学科、経済学科、人文学科)設置。
・工学部6学科(機械工学科、エネルギー機械工学科、土木工学科、建設工学科、電気工学科、電子・情報工学科)および1講座(共通講座)を改組し、4学科(機械システム工学科、環境建設工学科、電気電子工学科、情報工学科 )を設置。
1994 平成6年 4月 1日 ・大学院教育学研究科(修士課程)の教科教育専攻に国語教育専修、音楽教育専修、保健体育専修を増設。
6月24日 ・熱帯海洋科学センターと農学部附属熱帯農学研究施設を統合・転換し、全国共同利用施設として熱帯生物圏研究センターを設置。
1995 平成7年 4月 1日 ・大学院法学研究科(修士課程)(法学専攻)を廃止し、人文社会科学研究科(修士課程)応用法学、社会科学専攻、地域文化専攻を設置。
・大学院農学研究の5専攻(農学専攻、農芸化学専攻、農業工学専攻、畜産学専攻、林学専攻)を3専攻(生物生産学専攻、生産環境学専攻、生物資源科学専攻)に名称変更。
・地域共同研究センターを設置。
・医学部附属病院に血液浄化治療法部を設置。
1996 平成8年 3月14日 ・短期大学部閉学式典を挙行。
4月 1日 ・理学部5学科(数学科、物理学科、化学科、生物学科、海洋学科)を改組し、3学科(数理科学科、物質地球科学科、海洋自然科学科)を設置。
・大学院教育学研究科(修士課程)の教科教育専攻に社会科教育専修、理科教育専修を増設。
・大学教育センターを設置。
・国際交流・留学生交流推進室を設置。
5月11日 ・機器分析センターを設置。
9月30日 ・短期大学部を廃止。
1997 平成9年 3月31日 ・教養部を廃止。
・庶務部の企画調査室を廃止。
平成9年 3月31日 ・法文学部3学科(法政学科、経済学科、人文学科)を改組し3学科(総合社会システム学科、人間科学科、国際言語文化学科)を設置。
・教育学部の小学校教員養成課程、中学校教員養成課程を改組し、学校教育教員養成課程を設置。
・大学院工学研究科の修士課程の機械工学専攻、建設工学専攻、電気・情報工学専攻を博士前期課程の機械システム工学専攻、環境建設工学専攻、電気電子工学専攻、情報工学専攻に改組し、博士後期課程に生産エネルギー工学専攻、総合知能工学専攻を設置。
・生涯学習教育研究センターを設置。
・語学実験室を語学センターに名称変更。
・庶務部に企画室を設置。
・経理部に調達室を設置。
・学生部の入学主幹を廃止し、入試課を設置。
・医学部附属病院に医療情報部を設置。
1998 平成10年 4月 1日 ・大学院工学研究科を理工学研究科に名称変更し、理学研究科の修士課程の数学専攻、物理学専攻、化学専攻、生物学専攻、海洋学専攻を理工学研究科の博士前期課程の数理科学専攻、物質地球科学専攻、海洋自然科学専攻に再編成するとともに、理工学研究科の博士後期課程に、海洋環境学専攻を設置。
9日 ・総合情報処理センターを設置。
・留学生センターを設置。
・教育学部に附属障害児教育実践センターを設置。
・医学部附属の地域医療研究センターを廃止・転換し、沖縄・アジア医学研究センターを設置。
・学生部の厚生課を廃止し、教務課を設置。
・学生部に留学生課、学生サービス室を設置。
1999 平成11年 4月 1日 ・教育学部の学校教員養成課程と養護教員養成課程を学校教育養成課程に統合し、総合科学課程を生涯教育課程に名称変更。
・医学部附属病院に周産母子センターを設置。
・庶務部に研究協力課を設置。
2000 平成12年 4月 1日 ・教育実践研究指導センターを廃止し、転換し、教育実践総合センターを設置。
・副学長の設置。
・学生部・事務局事務一元化に伴い学生部の設置。
・庶務部の名称変更(庶務部が総務部)。
3日 ・G8教育大臣フォーラムが沖縄で開催され、森田学長出席。
5月19日 ・産官学連携・協力推進サミット会議を開催。
22日 ・開学50周年記念式典を挙行。
・ハワイ大学・福建師範大学との学生間交流協定を締結。
・ミシガン州立大学に感謝状を贈呈。
6月 1日 ・大学評価センターを設置。
22日 ・第1回運営諮問会議を開催。
7月 7日 ・第1回太平洋・学長サミット会議を開催。
11月28日 ・琉球大学後援財団理事長 呉屋秀信氏に琉球大学名誉博士号を授与。
2001 平成13年 2月19日 ・第2回運営諮問会議を開催。
4月 1日 ・大学院人文社会科学研究科学2専攻(応用法学・社会科学専攻、地域文化専攻)を改組し、3専攻(総合社会システム専攻、人間科学専攻、国際言語文化専攻)を設置。
・遺伝子実験施設を改組・転換し、遺伝子実験センターを設置。
・医学部に臨床薬理学講座を設置。
・病院に光学医療診療部を設置。
7月13日 ・第2回太平洋・学長サミット会議を開催。
11月 5日 ・琉球大学・ハワイ大学合同シンポジウムを開催。
30日 ・第3回運営諮問会議を開催。
2002 平成14年 1月22日 ・アジア太平洋島嶼研究センターを設置。
4月 1日 ・医学部に救急医学講座を設置。
・農学部附属農場・演習林を転換し亜熱帯フィールド科学教育研究センターを設置。
・総務部の国際交流課を廃止し、国際企画課を設置。
7月23日 ・就職センターを設置。
10月22日 ・アメリカ研究センターを設置。
2003 平成15年 2月 4日 ・研究推進戦略室を設置。
4月 1日 ・医学研究科に独立専攻として感染制御医科学専攻を設置し、既設の3専攻系を医科学専攻に改組した。
・医学部附属病院にリハビリテーション部を設置。
12月 1日 ・移民研究センターを設置。
2004 平成16年 4月 1日 ・国立大学から国立大学法人へとなった
・大学院医学研究科修士課程医科学専攻を設置。
・大学院法務研究科法務専攻を設置。
・学術国際部の設置。
・知的財産本部を設置。
・経理部を財務部に名称変更。
・施設部を施設運営部に名称変更。
・その他国立大学法人化に伴い,事務組織の再編及び名 称変更等を行う。
2005 平成17年 2月 1日 ・亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構を設置。
4月 1日 ・法文学部に観光科学科を設置。
2006 平成18年 4月 1日 ・大学院人文社会科学研究科(修士課程)を大学院人文社会科学研究科(博士前期・後期課程)として、既設の修士課程(総合社会システム専攻、人間科学専攻、国際言語文化専攻)を博士前期課程とし、博士後期課程に比較地域文化専攻を設置。
・大学院教育学研究科に障害児教育専攻、臨床心理学専攻を増設。
・語学センターを外国語センターに名称変更。
2007 平成19年 4月 1日 ・法文学部総合社会システム学科経営学専攻を改組し、法文学部産業経営学科を設置。
・大学院保健学研究科(修士課程)を大学院保健学研究科(博士前期・後期課程)とした。
・機器分析センター、放射性同位元素等取扱施設、環境安全センターを統合し、機器分析支援センターを設置。
2008 平成20年 4月 1日 ・観光産業科学部(観光科学科、産業経営学科)を設置。
(法文学部観光科学科、産業経営学科は募集停止)
・特殊教育特別専攻科を特別支援教育特別専攻科へ名称変更。
・島嶼防災研究センターの設置。
・遺伝子実験センターを分子生命科学研究センターへ名称変更。
・地域共同研究センターと知的財産本部を統合し、産学官連携推進機構へ名称変更。
2009 平成21年 4月 1日 ・農学部3学科(生物生産学科、生産環境学科、生物資源科学科)を改組し、4学科(亜熱帯地域農学科、亜熱帯農林環境科学科、地域農業工学科、亜熱帯生物資源科学科)を設置。
・教育学部附属障害児教育実践センターを教育学部附属発達支援教育実践センターへ名称変更。
・大学院観光科学研究科(修士課程)(観光科学専攻)設置。
・アジア太平洋島嶼研究センター、アメリカ研究センター、移民研究センター、法文学部附属アジア研究施設を統合し、国際沖縄研究所を設置。
・分子生命科学研究センターを熱帯生物圏研究センターへ統合。
・学術国際部の国際企画課と留学生課を統合し、国際課を設置、地域連携推進室を地域連携推進課に格上げ。
2010 平成22年 1月26日 ・男女共同参画室の設置。
4月 1日 ・総務部の総務課と企画課を統合し、総務企画課を設置。
5月22日 ・開学60周年記念式典を挙行。
7月 1日 ・財務部の資金管理課と契約課を統合し、経理課を設置。
・内部監査室を監査室に名称変更。
10月 1日 ・総務部に事務支援センターを設置。
2011 平成23年 4月 1日 ・大学院農学研究科3専攻(生物生産学専攻、生産環境学専攻、生物資源科学専攻)を改組し、1専攻(亜熱帯農学専攻)を設置。
・附属病院事務部を医学部事務部に統合。
2012 平成24年 4月1日 ・総務企画課係と評価室を統合し、総務部総務企画課に企画評価室を設置。
2013 平成25年 4月1日 ・企画評価戦略室の設置。
・総務部総務企画課を総務部総務課に名称変更。
2014 平成26年 7月1日 ・事務組織の再編。
2015 平成27年 4月1日 ・上原地区キャンパス移転推進室設置。