琉球大学学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

琉球大学は、「自由平等、寛容平和」の建学の精神の下、「普遍的価値を身につけた21世紀型市民として、地域社会及び国際社会の発展に寄与できる人材」の育成を掲げています。本学では、学士課程教育における人材育成の目的を達成するため、学士課程教育の総称である琉大グローバルシティズン・カリキュラム(URGCC)の学習教育目標を以下のとおり定め、各教育課程でこれらを身に付けた者に学位を授与します。

  1. 自律性
    自分自身が掲げる目標の達成に向けて、自律的に学習し行動することができる。
  2. 社会性
    市民として社会の規範やルールを理解し、倫理性を身に付け、多様な人々と協調・協働して行動できる。
  3. 地域・国際性
    地域の歴史と自然に学び、世界の平和及び人類と自然の共生に貢献することができる。
  4. コミュニケーション・スキル
    言語とシンボルを用いてコミュニケーションを行い、自分の考えや意思を明確に表現することができる。
  5. 情報リテラシー
    幅広い分野の情報や知識を多様なチャンネルから収集し、適切に理解した上で取捨選択し、活用することができる。
  6. 問題解決力
    批判的・論理的に思考するとともに、これまでに獲得した知識や経験等を総合して問題を解決することができる。
  7. 専門性
    専攻する学問分野における思考法、スキル、知識等を体系的に身に付け、活用することができる。

各学士教育プログラムにおける学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

人文社会学部

法学

法学を中心として、政治学・国際関係論を含めた社会科学の幅広い知識をあわせ持ち、現代社会の諸問題を理論的・総合的かつ多角的に捉える能力を備えた人材を目指します。また、責任ある社会人として必要な判断力やコミュニケーション能力を身に付けることを目標とします。

法律・政治・国際関係などの分野で活躍できる基礎力を身に付け、地域社会に対して多様な能力をもった有為な人材を目指します。そして、卒業までに社会人として必要な基礎能力を身に付けていきます。

その基礎能力とは、次の7つです。1自律性 2社会性 3地域・国際性 4コミュニケーション・スキル 5情報リテラシー 6問題解決力 7専門性

政治・国際関係学

本プログラムでは、政治・国際関係学を中心とし、法学を含めた社会科学の幅広い知識をもち、地域社会や国際社会に貢献できる人材の育成を目標に、以下のような知識・能力を身に付けます。

  1. 政治・国際関係学を中心とする基礎的・応用的専門知識[専門的知識]
  2. 政治・国際関係学を含む社会科学の分野に関する資料収集・文献調査能力[専門的情報収集力]
  3. 社会の諸現象に対して問いを立て、知識・調査と論理的思考に基づいて解決を見出す能力[社会的問題解決力]
  4. 現代社会の諸問題に対処するため必要とされるプレゼンテーション・討論・文章作成の能力[情報発信力]

哲学・教育学

哲学・教育学学士教育プログラムでは、教育過程をとおして培った専門性に基づいて、人間に対する深い洞察力と豊かな人間性を基に、複雑化した社会の諸領域で柔軟かつ適正な問題解決を可能とする能力を身に付けます。具体的には、次のような能力を身に付けます。

  1. 各学問分野と関連した高度な専門的能力
  2. 人間や地域、国際社会に対する知識・理解に基づく深い洞察力
  3. 自律的な学習による多様な情報の収集とそれを駆使した問題解決能力

心理学

心理学学士教育プログラムでは、教育過程を通して培った専門性に基づいて、人間に対する深い洞察力と豊かな人間性を基に、複雑化した社会の諸領域で柔軟かつ適正な問題解決を可能とする能力を身に付けます。具体的には、次のような能力を身に付けます。

  1. 各学問分野と関連した高度な専門的能力
  2. 人間や地域、国際社会に対する知識・理解に基づく深い洞察力
  3. 自律的な学習による多様な情報の収集とそれを駆使した問題解決能力

社会学

【社会学プログラムの目標】
社会学プログラムでは、人間集団としての社会のあり方や暮らしを社会学的な視点と方法で読み解き、現前の課題に対して適切な処方箋を提示し、社会制度づくりを提言できる人材に必要とされる能力の涵養を目指します。具体的には、以下に示される能力を身に付けることを目標とします。

  1. 人間の行動、生き方、生活問題の発生過程及びその解決方法などの社会生活の諸側面を理論的・実証的に捉える能力(論理的思考力)
  2. 現実の社会で生じている様々な現象を多種多様な角度から分析し、社会の仕組み・変動を見きわめる能力(分析力)
  3. 市民社会の発展や生活問題・福祉問題の解決に貢献しうる能力(問題解決力)

歴史・民俗学

【学科共通-歴史・民俗プログラム】
琉球アジア文化学科では、対象領域(沖縄、日本、中国、台湾、朝鮮半島)の文化、言語、文学、歴史、民俗に関する学習と研究をとおして専門知識を深め、地域社会及び国際的な場で琉球・沖縄や日本・アジアを的確かつ、積極的に指導、教育、発信する能力を修得します。具体的には次の能力を指します。

  1. 琉球・沖縄及び日本・アジアという地域を主な対象とする広範な文化のありようを深く認識する能力
  2. 琉球・沖縄及び日本・アジアに関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、歴史学・民俗学の研究で得られた知見をとおして、地域及び国際的な場で活躍する高度な能力

  3. 歴史学・民俗学の知見をとおして、異なる文化背景を持つ人々と平和的に共生していく能力

  4. 歴史学・民俗学の知見をとおして、議論や意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力

言語学

【学科共通-言語学プログラム】
琉球アジア文化学科では、対象領域(沖縄、日本、中国、台湾、朝鮮半島)の文化、言語、文学、歴史、民俗に関する学習と研究をとおして専門知識を深め、地域社会及び国際的な場で琉球・沖縄や日本・アジアを的確かつ、積極的に指導、教育、発信する能力を修得します。具体的には次の能力を指します。

  1. 琉球・沖縄及び日本・アジアという地域を主な対象とする広範な文化のありようを深く認識する能力

  2. 琉球・沖縄及び日本・アジアに関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、言語学の研究で得られた知見をとおして、地域及び国際的な場で活躍する高度な能力

  3. 言語学の知見をとおして、異なる文化背景を持つ人々と平和的に共生していく能力

  4. 言語学の知見をとおして、議論や意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力

文学

【学科共通-文学プログラム】
琉球アジア文化学科では、対象領域(沖縄、日本、中国、台湾、朝鮮半島)の文化、言語、文学、歴史、民俗に関する学習と研究をとおして専門知識を深め、地域社会及び国際的な場で琉球・沖縄や日本・アジアを的確かつ、積極的に指導、教育、発信する能力を修得します。具体的には次の能力を指します。

  1. 琉球・沖縄及び日本・アジアという地域を主な対象とする広範な文化のありようを深く認識する能力

  2. 琉球・沖縄及び日本・アジアに関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、文学の研究で得られた知見をとおして、地域及び国際的な場で活躍する高度な能力

  3. 文学の知見をとおして、異なる文化背景を持つ人々と平和的に共生していく能力

  4. 文学の知見をとおして、議論や意見交換をとおして、自らの考えを論理的に伝達する能力

法文学部

法学

法学を中心として、経済学・政治学・国際関係論などの社会科学の幅広い知識をあわせ持ち、現代社会の諸問題を理論的・総合的かつ多角的に捉える能力を備えた人材をめざします。また、責任ある社会人として必要な判断力やコミュニケーション能力を身に付けることを目標とします。
法律・経済・政治・国際関係などの分野で活躍できる基礎力を身に付け、地域社会に対して多様な能力をもった有為な人材を目指します。そして、卒業までに社会人として必要な基礎能力を身につけていきます。
その基礎能力とは、次の7つです。1自主性 2社会性 3平和性 4コミュニケーション・スキル 5情報リテラシー 6問題発見・解決能力 7専門性

経済学

経済学専攻課程では幅広い教養、経済学に関する深い知識、経済分析の基礎的な手法、それに論理的な思考力と明確な発表能力を身に付けることで、社会を経済学の視点から捉えることのできる人材の育成を目標にしています。具体的には、以下のような能力の習得を目標とします。

  1. 経済学を中心に社会科学についての幅広い知識を持ち、現代社会の諸問題を総合的・多角的に捉える能力を身に付ける。[自律性、専門性]
  2. 社会科学の基礎力を応用して地域社会が抱える問題を見出し、その解決策を提案できる能力を身に付ける。[地域・国際性、問題解決力]
  3. 情報化社会におけるツールとして情報を自在に駆使できる能力や、社会の様々な場面に対応で きるコミュニケーション能力を身に付ける。[社会性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー]

政治・国際関係

本専攻は、政治学・国際関係論を中心とした社会科学の幅広い知識をもち、地域社会や国際社会に貢献できる人材の育成を目標に、以下のような知識・能力を身につけます。

  1. 政治学・国際関係論を中心とする基礎的・応用的専門知識
  2. 政治学・国際関係論を含む社会科学の分野に関する資料収集・文献調査能力
  3. 社会の諸現象に対して問いを立て、知識・調査と論理的思考に基づいて解決を見出す能力
  4. 現代社会の諸問題に対処するため必要とされるプレゼンテーション・討論・文章作成の能力

人間行動

人間行動学士教育プログラムでは、教育過程を通して培った専門性に基づいて、人間に対する深い洞察力と豊かな人間性をもとに、複雑化した社会の諸領域で柔軟かつ適正な問題解決を可能とする能力を身につけます。具体的には、次のような能力を身につけます。

  1. 各学問分野と関連した高度な専門的能力
  2. 人間や地域、国際社会に対する知識・理解に基づく深い洞察力
  3. 自律的な学習による多様な情報の収集とそれを駆使した問題解決能力

社会学

【社会学専攻の目標】
社会学専攻では、人間集団としての社会のあり方や暮らしを社会学的な視点と方法で読み解き、現前の課題に対して適切な処方箋を提示し、社会制度づくりを提言できる人材に必要とされる能力の涵養を目指します。具体的には、以下に示される能力を身につけることを目標とします。

  1. 人間の行動、生き方、生活問題の発生過程及びその解決方法などの社会生活の諸側面を理論的・実証的に捉える能力(論理的思考力)。
  2. 現実の社会で生じている様々な現象を多種多様な角度から分析し、社会の仕組み・変動を見きわめる能力(分析力)。
  3. 市民社会の発展や生活問題・福祉問題の解決に貢献しうる能力(問題解決力)。

地理歴史人類学

地理歴史人類学専攻では、地理学・歴史学・人類学を有機的に結びつけた学問知と実践能力を身につけることによって、地域社会や国際社会で自立した個人として活躍できる人材を育成します。具体的には、次のような能力を身につけることを目標とします。

  1. 地理学・歴史学・人類学に関わる専門的な諸資料(フィールドデータ、地理情報や統計資料、文献史料等)を正確に理解し、そこから課題を発見する能力
  2. 上記の諸資料や諸情報を自ら収集・分析し、課題を解決する能力
  3. 調査研究の成果を論文や報告にまとめ、地域社会・国際社会に向けて発信する能力

琉球アジア文化

琉球アジア文化専攻では、対象領域(沖縄、日本、中国、台湾、朝鮮半島)の文化、言語、文学、歴史、民俗に関する学習と研究を通して専門知識を深め、地域社会および国際的な場で琉球・沖縄や日本・アジアを的確かつ、積極的に指導、教育、発信する能力を修得します。具体的には次の能力を指します。

  1. 琉球・沖縄および日本・アジアという地域を主な対象とする広範な文化のありようを深く認識する能力。
  2. 琉球・沖縄および日本・アジアに関する歴史・民俗・文学・言語を理解し、地域及び国際的な場で活躍する高度な能力。
  3. 異なる文化背景を持つ人々と平和的に共生していく能力。
  4. 議論や意見交換を通して、自らの考えを論理的に伝達する能力。

英語文化

英語文化専攻では、次のような能力を身につけることを学習目標としています。

  1.  国際的な場面で活躍するための高度な英語運用能力(英語運用能力)
  2.  情報を正確に整理・分析することによって、主体的な見解を導く能力(情報分析力)
  3.  多様な見解や価値観を学びつつ、自らの意見を説得力ある表現で伝達することのできる能力(主体的表現力)
  4.  異なる文化背景・国籍をもつ人々と協力しながら、地球的視野で物事を判断し、行動する能力(コミュニケーション能力)
  5. 地域あるいは国際社会の様々な課題に対して、言語コミュニケーション学あるいは文学の専門的知識を基に思考し、行動することができる能力(専門的知識と行動力)

ヨーロッパ文化

ヨーロッパ文化専攻では、ヨーロッパの言語・文化に精通し、地域・国際社会で活躍できる人材となれるよう、以下の学習目標の達成を目指します。

  1. コミュニケーション能力:専攻の対象言語(ドイツ語・フランス語・スペイン語のうちから1言語選択)による高度な運用能力を身に付け、コミュニケーション能力の向上を目指します。
  2. 探究心と論理性:各言語活動に関わる文化事象等のなかから自分なりに研究課題を見つけ、それを論理的に解決し表現する能力を身に付けます。
  3. 専門的知識:各言語圏の文学・文化・歴史・民俗等に関する専門知識およびヨーロッパ言語文化圏・EU社会全体の横断的な理解を深めます。
  4. 異文化理解:高度な異文化理解を実現し、地域社会および国際社会でその能力を発揮できる人材となることを目指します。

国際地域創造学部

観光地域デザイン

観光地域デザインプログラムでは、地域の社会や産業が抱える課題を的確に把握・分析する能力と、産学官で協働しながら観光に関わるマネジメントを包括的に行う能力を身に付けさせ、観光をとおした地域振興や産業振興に主体的かつ創造的に取り組むことができる人材を養成します。この方針に基づき、グローバルな思考の基①沖縄や太平洋島嶼地域の観光を科学的かつ実践的に考究することができ、②持続可能な観光による地域振興や産業振興の包括的マネジメントを創造的に行う能力を身に付けることを学習目標としています。

経営学

【国際地域創造学科経営プログラムの教育理念と教育目的】

幅広い教養と高い倫理観を兼ね備え、理論と実践の両面から、地域・国際社会に貢献し、自らの未来を創造できる経営人材の育成を教育理念としています。
このような視点から経営プログラムでは、経営・会計・マーケティング等に関する幅広いマネジメント知識の修得とその応用・実践を通じて、以下のような能力の習得を目指します。

  1. 理論を実践に応用する能力の習得

  2. 高度な職業倫理観と的確な判断能力の習得

  3. 高い専門性と幅広い教養を併せ持つリーダーシップの習得

  4. 国際社会で活躍できる国際感覚の養成と外国語運用能力の習得

  5. 地域社会の発展に寄与できる課題解決能力の習得

経済学

経済学プログラムでは幅広い教養、経済学に関する深い知識、経済分析の基礎的な手法、それに論理的な思考力と明確な発表能力を身に付けることで、社会を経済学の視点から捉えることのできる人材の育成を目標にしています。具体的には、以下のような能力の習得を目標とします。

  1. 経済学を中心に社会科学についての幅広い知識を持ち、現代社会の諸問題を総合的・多角的に捉える能力を身に付ける。[自律性、専門性]

  2. 社会科学の基礎力を応用して地域社会が抱える問題を見出し、その解決策を提案できる能力を身に付ける。[地域・国際性、問題解決力]

  3. 情報化社会におけるツールとして情報を自在に駆使できる能力や、社会の様々な場面に対応できるコミュニケーション能力を身に付ける。[社会性、コミュニケーション・スキル、情報リテラシー]

国際言語文化

国際言語文化プログラムでは、学生が欧米言語・文化に精通し、地域・国際社会で活躍できる人材となれるよう、次のような能力を身に付けることを学習目標としています。

  1. 国際的な場面で活躍するための高度な外国語運用能力(外国語運用能力)

  2. 情報を正確に整理・分析することによって、主体的な見解を導く能力(情報分析力)

  3. 多様な見解や価値観を学びつつ、自らの意見を説得力ある表現で伝達することのできる能力(主体的表現力)

  4. 異なる文化背景・国籍をもつ人々と協力しながら、地球的視野で物事を判断し、地域あるいは国際社会の様々な課題に対して、専門的知識を基に思考し、行動することができる能力(専門的知識と実践力)

地域文化科学

地域文化科学プログラムでは、幅広い教養と地理学・歴史学・人類学を有機的に結び付けた学問知と実践能力を身に付け、地域社会や国際社会で自立した個人として活躍でき、特に社会科系教員・博物館学芸員や地域における文化振興・まちづくりの中核となる人材の育成を目標とします。具体的には、以下のような能力の習得を目標とします。

  1. 地理学・歴史学・人類学に関わる専門的な諸資料(フィールドデータ、地理情報や統計資料、文献史料等)を正確に理解し、そこから課題を発見する能力

  2. 上記の諸資料や諸情報を自ら収集・分析し、課題を解決する能力

  3. 調査研究の成果を論文や報告にまとめ、地域社会・国際社会に向けて発信する能力

観光産業科学部

観光学

グローバル化時代を見据え、持続可能な開発に資する人材、高い学士力を身につけ、現代社会で創造的に活躍できる人材を育成することを目的とします。 観光科学科では、①地域及び広く社会に貢献できる能力ならびに②外国語運用能力と国際感覚を有し、国際社会で活躍できる能力を身につけた人材を育てます。その達成のため、地域、国際社会で必要とされる基礎力として、特に語学力を身につけ、専門性として観光ビジネス、観光開発、観光と健康医科学、観光資源マネジメントの幅広い知識と応用力を身につけることを目指します。

経営学

【産業経営学科 教育理念・目的】
幅広い教養と高い倫理観を兼ね備え、理論と実践の両面から、地域・国際社会に貢献し、自らの未来を創造できる人材の育成を教育理念としています。このような視点から産業経営学科では、経営・会計・マーケティング・観光等に関する幅広い知識とその応用・実践を通じて、以下のような能力の習得を目指します。

  1. 理論と実践の融合を実現するための能力の習得
  2. 高い倫理観と価値判断能力の習得
  3. 高度な専門性と幅広い教養を併せ持つ総合的な判断能力の習得
  4. 国際社会で活躍できるように国際感覚の養成と外国語運用能力の習得
  5. 地域社会の発展に寄与できるような実践的なマネジメント能力の習得

教育学部

学校教育

教育学部(学校教育教員養成課程)に入学した学生は、関連諸分野の学修・研究をとおして、「子どもと教育に関する臨床的課題に気付き、その解決に取り組める教員」「学校の内外で、そして、学校段階を超えて総合的に連携・協働に取り組める教員」「学習指導と生活指導を両輪とする実践力のある教員」となることを目指します。
したがって学校教育学士教育プログラムでは、上記のような教員に備わる高い専門性を育みます。具体的には、下記(1)~(6)の資質・能力を身に付けることを学習教育目標とします

  1. 子ども理解

  2. 学校教育に関する理解

  3. 教科内容についての理解

  4. 特別支援教育についての理解

  5. 幅広い教養

  6. 上記(1)~(5)を基盤とする教育実践力

理学部

数理科学

  1. 本学の理念に基づき、諸科学の基礎としての数理科学を学びます。

  2. 社会の多様化及び時代の変化に柔軟に対応できる幅広い素養を身に付けます。

  3. 数学的専門知識を理解し、それを柔軟に応用することができる力を養います。

  4. 幅広い世界的な視野に立って、多様に変化していく社会に貢献できる力を養います。

  5. 数学の専門基礎に関する文献を読みこなせる力を養い、情報化社会に資するため、数学の理論の応用ができる力を養います。

物理系

物理学は、自然のさまざまな振る舞いの奥にある基本法則を明らかにし、それに基づいてミクロな世界から宇宙までの自然現象を統一的に理解しようとする学問であり、現代科学を支える基礎であり、私たちの社会基盤を支える基礎学問です。物理学を継承し、持続的に発展させて人類の知の最前線を拡大することが我々に与えられた使命です。
物理学を体系的に学ぶことによって専門的知識や考え方を身に付け、科学技術の研究や発展に貢献できる人、社会や学問の世界において自立できる人、また、学んだことを発展させて人類の文化に貢献できる人を目指します。さらに、普遍的知識、柔軟な論理的思考力、問題解決能力、普遍的考え方を身に付け、社会の変化・発展に柔軟に対応でき、人類の幸福と社会の進展に貢献できる人を目指します。
具体的には、①力学的な現象や電磁気学的な現象、原子などのミクロな振舞いを基礎法則に基づいて理解できる能力、②基本的な計測技術、計算機利用技術、③基本的なプレゼンテーション能力、④現代物理学の知識に基づいて自然現象や物質の性質を探求する能力などを身に付けることを目指します。

地学系

地学系に入学した学生は、自然科学、特に地球科学や海洋科学の諸分野の教育・研究をとおして、人格に優れ、真理と正義を愛し、自主的精神に満ち、自主的行動ができる心身ともに健康な人間となることを目指します。具体的には、(1)自然科学全般及び地球科学に関する基礎学力、(2)自然科学に対する広い視野と柔軟な思考力及び論理的表現能力、(3)プレゼンテーション及び国際化に対応できるコミュニケーション能力及び自己表現能力、(4)地球科学の知識等を総合的に活用し、問題を解決することができる問題発見解決能力が身に付くことを目指します。
地学(地球科学)では、私たちの住む地球が学習対象となります。上空の大気圏、海洋を中心とした水圏、地表から地下深部までの地圏で起きている、あるいは過去に起きた自然現象の謎にせまります。

化学系

(基礎化学)化学の基本的な理論、実験操作等を修得します。
(地域特性化学)亜熱帯・島嶼・海洋の地域特性を活かした化学を学びます。
(汎用な基礎能力)化学教育をとおして、問題解決力、自律的に行動する習慣、基本的なプレゼンテーション能力、語学力、情報処理能力など汎用な基礎能力を修得し、その知識・技術等を積極的に地域・社会に還元でき、幅広い分野で活躍できる能力を修得します。

生物系

生物系では、生物学の基礎的知識を体系的に習得することを目標に、生物学の主要な学問分野に対応した教育を受けることができます。また、生物学の先端的な知見に触れる機会を持つことができ、多様な要求・目的意識に対応しています。特に、生物の営みに対する理解を深め、自然環境の重要性に対する認識を高めることを目標に、学内外の機関と連携を取りながら、琉球列島の恵まれた自然環境を実体験の場として活用しています。こうした学習を実践することにより、生物学的素養を基礎に、地域から国際社会までの様々な分野において積極的に個性を発揮できるようになります。
生物系では、豊かで多様な自然環境・生命現象の理解を目指し、琉球列島の地域特性を活かした教育・研究が行われています。そして、卒業後に様々な分野において真理の探究に積極的に取り組み、個性を発揮できる人材として社会に出ていくことができます。生物系では、以下のような到達目標が掲げられています。(1)生物系が提供する講義・実習科目の履修をとおし、生物学に関する専門的知識を修得している。(2)生物学の知識をもとに人間・社会・自然に対する理解を深め、問題を探求し解決する能力を身に付ける。(3)学士課程の集大成としての卒業研究をとおし、知識の活用能力、論理的思考力、課題探求力、問題解決力、表現能力、コミュニケーション能力、総合的判断力などを身に付ける。

医学部

医学

  1. プロフェッショナリズム:医師として社会に対する責任を果たすために必要な倫理観、社会性、生涯にわたる自己研鑽を怠らない姿勢を身に付けている。さらに、法令を遵守し、適切な対人関係を構築しながら、利他主義、自由平等、寛容平和の精神をもって誠実に医療にあたることができる。
  2. 医学知識:人々の健康で心豊かな長寿を目指す医療を支えるため、基礎・臨床・社会医学・倫理などに関する知識を習得し、それらを医療の現場で応用できる。
  3. 医療実践:患者個人の人格・人間性を尊重した上で、Evidence-based Medicine(EBM)及びNarrative-based Medicine(NBM)に基づいた個別の疾患に対する医療を実践することができる。
  4. コミュニケーション能力:自らとは異なった思考・感情・立場の人々に共感を示し円滑なコミュニケーションを実践できる。
  5. 地域医療への貢献:地域医療の現状及び社会資源に関する知識を習得している。地域特性・状況に応じた医療を実践し、地域医療に貢献する姿勢を身に付けている。
  6. 国際性:グローバルな視点で疾病の臨床、研究の動向を把握し、海外の医療・研究機関と交流できる。
  7. 科学的探究:基礎、臨床、社会医学領域においてその研究の意義を理解し、最新の技術を活用して科学的情報の入手及び意見交換を行い、研究倫理を遵守した立場で疑問点に対して解決するために論理的な思考ができる。

保健学

本学科は、看護学と検査技術学の2コースから成り、それぞれ以下の学習目標を立てています。

【看護学学習目標】

  1. 生命を尊重し、豊かな人間性を備えた看護専門職としての知識・技術及び態度を習得します。

  2. 保健学を基盤とした看護実践能力を習得します。

  3. 保健医療福祉の専門職者と連携・協働し、社会に貢献できる専門能力を習得します。

  4. 社会の変化や医療の高度化、多様化に対応できる柔軟な思考力と自主性を身に付けます。

  5. 諸外国との学際的交流をとおして、グローバルな視点での看護活動を学びます。

  6. 保健学を基盤とした研究能力を習得します。

【検査技術学学習目標】

  1. 臨床検査の専門家に必要な医学知識・医療技術を習得します。

  2. 病因を解明するために有用な関連科学分野の知識・技術を習得します。

  3. 臨床検査技師として、地域における保健医療問題の解決のための即応力を習得します。

  4. 医療・健康関連分野で幅広く活躍するために医学知識・医療技術を生かした水平展開力を身に付けます。

  5. 医療の現場に求められるコミュニケーション力と協調性を身に付けます。

  6. グローバル時代の医療人に要求される語学力やITを活用した情報収集・発信力を習得します。

  7. 社会人として、また医療分野のリーダーとして必要な見識や教養を身に付けます。

工学部

機械工学

機械工学の基本的な知識、幅広い教養、技術者倫理、ものづくりの基礎、これらを高めていく自己学習能力を身に付けるため、以下の項目を学習目標とします。

  1. 分析・行動(地域・国際性、自律性)
    国内外における機械工学の現状を多面的に考え、地域社会が要望する問題を自主的、継続的に学習する能力を身に付ける。

  2. 倫理(社会性)
    幅広い教養と倫理観を備えて、深い洞察力や思考力を駆使し、物事を多面的に捉え、社会に対し責任感をもって行動する能力を身に付ける。

  3. 知識(専門性、情報リテラシー)
    数学、自然科学、情報技術の基礎分野及び機械工学の専門分野に関する知識を修得し、これらを工学的問題に応用する能力を身に付ける。

  4. 協働・コミュニケーション(チームワーク、コミュニケーション・スキル)
    他者との協働作業をとおして論理的な説明ができるコミュニケーション能力を有し、英語などによる国際的なコミュニケーション能力を身に付ける。

  5. 解決・統合(問題解決力)
    修得した知識を有機的に統合し、安全性・経済性・環境負荷を考慮した機械をデザインし、計画的に問題を解決できる能力を身に付ける。

エネルギー環境工学

エネルギーの効率的な変換・制御、環境に配慮した材料などの幅広い専門的な知識を有するとともに、それら複合分野を統合マネジメントし、総合的な問題であるエネルギー・環境分野に対応できる技術者となるよう、以下の項目を学習目標とします。

  1. 分析・行動(地域・国際性、自律性)
    広く国際社会を俯瞰したエネルギー・環境問題の現状を捉えつつ、地域との関わりを意識した持続可能な社会と人との諸問題について自主的かつ継続的に学習し、自らの考えを構築する能力を身に付ける。

  2. 倫理(社会性)
    知識や情報を、社会規範と高い倫理性をもって適切に判断し、責任感をもって行動する能力を身に付ける。

  3. 知識(専門性、情報リテラシー)
    幅広い教養と自然科学の基礎知識を有するとともに、エネルギー・環境についての専門知識を体系的に理解し、活用できる能力を身に付ける。

  4. 協働・コミュニケーション(チームワーク、コミュニケーション・スキル)
    自らの考え方が説明でき、かつ他者の考え方をも理解できるコミュニケーション能力を有するとともに、他者と相互に協力しながら行動する能力を身に付ける。また国際社会で必要な英語などによるコミュニケーション基礎能力を身に付ける。

  5. 解決・統合(問題解決力)
    獲得した知識やスキル、考え方や経験等を総合的に活用することによって、エネルギー・環境に関する課題に対して、計画性をもって実行・解決する能力を身に付ける。

電気システム工学

  1. 幅広い教養と豊かな知性及び柔軟な思考力の修得
    幅広い教養を修得し、地域の歴史・文化や多様な価値観を理解することによって、国際的・多角的に物事を考える能力を修得する。

  2. 技術者としての基礎学力の修得
    技術者に必要とされる自然科学、数学、情報処理技術の基礎を修得する。

  3. 電気システム工学分野の広がりの理解と専門的な課題に取り組むための知識の修得
    電気電子工学の基礎及び電気システム工学分野に関する専門知識を修得する。また、工学における他分野との関連を理解し、複眼的に諸課題を解決する能力を修得する。

  4. 技術者としてのコミュニケーション能力とチームワーク力の向上 
    論理的な記述力と語学力の獲得、口頭発表、討論などをとおして、技術者としてのコミュニケーション能力を修得する。また、チームでの協働作業において、各人とのコミュニケーションをとおしてそれぞれの役割を理解し、自己の行動や他者への働きかけが実行できる能力を修得する。

  5. 社会とのつながりを意識した技術者としての責任の理解
    科学技術が社会に及ぼす影響や効果を踏まえ、技術者としての責任を理解し、技術者に必須となる法規や倫理規範に関する基礎的な知識を修得する。

  6. 問題理解、課題解決能力及び自主的・継続的学習能力の向上
    与えられた課題の問題点を理解し、現実的な条件下で解決するための情報収集・分析、計画立案、実行ならびにデータ解析する能力を修得する。これら課題解決のプロセスをとおして、自主的・継続的に学習する能力を修得し、定められた期限内に課題を仕上げる習慣を身に付ける。

電子情報通信

  1. 幅広い教養と豊かな知性及び柔軟な思考力の修得
    幅広い教養を修得し、地域の歴史・文化や多様な価値観を理解することによって、国際的・多角的に物事を考える能力を修得する。

  2. 技術者としての基礎学力の修得
    技術者に必要とされる自然科学、数学、情報処理技術の基礎を修得する。

  3. 電子情報通信工学分野の広がりの理解と専門的な課題に取り組むための知識の修得
    電気電子工学の基礎及び電子情報通信工学分野に関する専門知識を修得する。また、工学における他分野との関連を理解し、複眼的に諸課題を解決する能力を修得する。

  4. 技術者としてのコミュニケーション能力とチームワーク力の向上
    論理的な記述力と語学力の獲得、口頭発表、討論などをとおして、技術者としてのコミュニケーション能力を修得する。また、チームでの協働作業において、各人とのコミュニケーションをとおしてそれぞれの役割を理解し、自己の行動や他者への働きかけが実行できる能力を修得する。

  5. 社会とのつながりを意識した技術者としての責任の理解
    科学技術が社会に及ぼす影響や効果を踏まえ、技術者としての責任を理解し、技術者に必須となる法規や倫理規範に関する基礎的な知識を修得する。

  6. 問題理解、課題解決能力及び自主的・継続的学習能力の向上
    与えられた課題の問題点を理解し、現実的な条件下で解決するための情報収集・分析、計画立案、実行ならびにデータ解析する能力を修得する。これら課題解決のプロセスをとおして、自主的・継続的に学習する能力を修得し、定められた期限内に課題を仕上げる習慣を身に付ける。

社会基盤デザイン

本プログラムでは、以下に示す知識・能力の習得を目標としています。

  • 自然環境と調和のとれた、ゆとりある社会システムを構築するために、社会基盤施設の計画・設計・建設・管理・運営に必要な知識

  • 人文科学・自然科学・社会科学を工学によって関連付けて理解し、実社会において物事を多面的に捉え、積極的に問題を解決できる能力

  • 亜熱帯島嶼海洋性という地域特性を活かした教育・研究により、人類と自然環境との共生や社会基盤デザイン技術者の社会的責任(技術者倫理)を理解し、地域・国際社会へ積極的に貢献できる能力

具体的に以下の8つの学習教育到達目標を設定しています。

  1. 多面的理解:物事を多面的に考えられるための人文・社会科学の素養
  2. 技術者倫理:亜熱帯島嶼地域の自然・社会環境を理解すると共に、社会基盤デザインの実社会に対する影響や効果を理解し、技術者としての社会的責任(技術者倫理)を考える素養
  3. 基礎能力:実社会で直面する様々な問題に対応するため、社会基盤デザインの基礎となる数学及び自然科学に関する知識とその応用能力
  4. 専門技術:社会基盤デザインの主要専門分野である社会システム計画学、水圏環境工学、地盤環境工学、構造設計工学、建設材料学の基礎及び応用能力と継続的な自己学習能力
  5. デザイン能力:社会の要求を解決するために、社会基盤デザインの専門技術や情報処理技術を利用し、個人・チームでデザインする能力
  6. 表現力:日本語によって物事を理論的に記述し、プレゼンテーションを行う能力
  7. 外国語能力:国際的に活躍するために、英語及びその他の外国語の基礎、コミュニケーション及び情報獲得能力
  8. 問題解決能力:与えられた制約の下で、自ら課題を発見し、課題を解決するための研究を計画的に遂行し、その結果をまとめ、チームで仕事をするための能力

建築学

(教育・研究上の目的)

地域的課題の解決に資する役割を負って国内及び国際的に活躍できる素養を身に付けるため、亜熱帯島嶼地域の自然・社会・文化的条件のもとでの建築と地域環境のあり方を深く探求するとともに、普遍的な建築関連技術を修得することにより、自然と調和し安全で快適な建築物、それらの集合した都市・地域を計画・設計・建設・管理できる技術者を育成します。

(学位授与方針)

■ 育成する人材

自然と調和しながら人間生活の安全性・快適性・利便性を追求し、多様化する社会のニーズに対応できる豊かな創造性と幅広い知識を持ち、亜熱帯島嶼地域に属する沖縄の特色ある自然、文化、資源、社会条件から地球レベルの環境、防災、生活空間づくりの課題を含めて、建築学に関わる包括的・基礎的な専門知識と、特定領域の高度な専門知識を有する技術者を育成します。

■ 身につけるべき知識・能力等

  1. 国際性、地域性、多面的理解:地域の歴史と自然、物事の価値を国際的視野から多面的にとらえ、豊かな生活環境のあり方を構想できる素養

  2. 社会・倫理:建築関連技術が社会や自然環境に及ぼす効果・影響と、社会的責任を持つ建築技術者としての倫理を理解する能力

  3. 自然科学:数学・自然科学・情報技術に関する知識とそれらを建築技術に応用できる能力

  4. 建築の専門技術・基礎:以下の分野にわたる基礎的・包括的な素養と、特定分野の高度な専門知識とその応用能力

    1. 建築の歴史・芸術性・計画論・居住理論・都市計画・法制度等を学ぶ文化的・社会的分野

    2. 都市・建築の音・光・熱等の環境及びそれらを制御する設備を学ぶ環境・設備分野

    3. 安全な建築物のための構造学・材料・構法・防災等を学ぶ構造・材料・防災分野

    4. 企画・計画・設計製図及び施工・生産を学ぶ設計・施工分野

  5. 社会性、問題解決能力:社会の要請を的確にとらえ、種々の領域と連携しつつ課題を解決できる能力

  6. 情報リテラシーとコミュニケーション能力:幅広い情報と知識を適切に収集し、言語やコミュニケーション手段を的確に用いて記述、発表、コミュニケーションを行うことができる能力

知能情報

知能情報工学分野の専門知識・実践力及び幅広い教養と技術者倫理を身に付けるとともに、変動する複雑な社会で柔軟かつ自律的に対応できる人材を育成します。地域社会・国際社会において、専門家として長期にわたって活躍できるように、以下の8項目のグローバル基準を学習目標としています。

  1. 自律性:自ら掲げた目標を達成するために計画的かつ継続的に行動する。

  2. 社会理解と協調性:学習・研究成果を社会に還元する意義と技術者としての社会に対する責任を理解するとともに、多様な人々と協調して行動する。

  3. コミュニケーション能力:地域・国際社会で通用するコミュニケーション能力を修得する。

  4. 柔軟性:幅広い教養と柔軟な思考力を修得し、複雑な問題に適切に対応する。

  5. 専門性:知能情報工学分野の専門的な知識を修得する。

  6. 基礎学力:知能情報工学分野を継続して学習するための基礎学力を修得する。

  7. 実践性:知能情報工学分野の実践的な技術を修得する。

  8. 課題解決能力と創造性:知能情報工学の理論及び技術を総合的に活用し、与えられた制約下で創意工夫により課題を解決する能力を修得する。

農学部

亜熱帯地域農学

亜熱帯地域農学 学士教育プログラムでは、国際的な視点で地域農林畜産業の振興に携わる指導力のある有用な人材、ならびに地域資源循環システムに基づく持続的農業生産並びに農と社会との共生を構築できる実践的人材となるため、以下に掲げる専門的知識と能力を修得します。

  1. 本学の理念に基づき、知識基盤社会を知性と知識を備えた21世紀型市民として、多様な人々の存在を認めて尊重し、互いに協働して生きていく総合的教養人としての能力

  2. 国際的な人・物・情報の流れが重要性を増した時代において、地域や世界における複雑化した問題を全人類的視点から取り組むことができる専門的知識人として、多様な情報を受け取り、自らの考えを論理的かつ的確に伝えることができる能力

  3. 農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用の役割を理解し、問題解決に対する責任を認識する能力

  4. 沖縄の亜熱帯島嶼性という地理的・自然環境条件及び歴史的・文化的特性をふまえて、亜熱帯地域社会における自然と農との調和に配慮した持続的農業の構築を目指したフィールド活用型の総合的農学理論を理解し、社会からの要求を確実に捉え、総合的に問題解決する能力

  5. 社会の要求に対応し様々な科学、技術及び情報を自主的、継続的に学習し問題解決する能力

  6. (農林経済学コース)持続的食料自給システムならびに都市と農山村との循環型社会の構築に関する専門的知識を理解する能力

    (植物開発学コース)亜熱帯の農作物と植物資源の開発及び持続的生産技術に関する理論ならびに実践的展開に関する専門的知識を理解する能力

    (循環畜産学コース)家畜生産を通じた地域資源循環型農業に関する専門的知識を総合的に理解する能力

    (農林共生学コース)亜熱帯域の動植物生産と人との共生関係に関する専門的知識を理解する能力

亜熱帯農林環境科学

亜熱帯農林環境科学 学士教育プログラムでは、資源生物や野生生物とそれらを取巻く環境の機能・特性の解明を通じ、生物や環境に関連する分野で活躍する有能な人材、ならびに生物多様性の価値を理解し、豊かな環境の確保と保全に貢献できる実践的人材となるため、以下に掲げる専門的知識と能力を修得します。

  1. 本学の理念に基づき、知識基盤社会を知性と知識を備えた21世紀型市民として、多様な人々の存在を認めて尊重し、互いに協働して生きていく総合的教養人としての能力

  2. 国際的な人・物・情報の流れが重要性を増した時代において、地域や世界における複雑化した問題を全人類的視点から取り組むことができる専門的知識人として、多様な情報を受け取り、自らの考えを論理的かつ的確に伝えることができる能力

  3. 農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用の役割を理解し、問題解決に対する責任を認識する能力

  4. 沖縄の亜熱帯島嶼性という地理的・自然環境条件及び歴史的・文化的特性をふまえて、農林業を取巻く生物の諸特性解明と制御、増殖技術と調節技術の開発、ならびに流域生態系の環境保全・管理と制御を通じて人間と自然環境との調和を理解し、社会からの要求を確実に捉え、総合的に問題解決する能力

  5. 社会の要求に対応し様々な科学、技術及び情報を自主的、継続的に学習し問題解決する能力

  6. (植物機能学コース)安心・安全・高品質な作物生産の技術開発を目指して、生理・形態・生態・生化学的機能及び植物と病原微生物との関係性の解明と応用に関する専門知識と応用力
    (動物機能学コース)家畜を含む動物の成長特性とそれに関わる生理・生態・遺伝的諸機能に関する基礎知識及び亜熱帯域に適合した生産技術開発に関する専門的知識と応用力
    (森林環境学コース)亜熱帯域の森林生態系の保全・修復と木材利用の双方が調和した流域管理を実践するための専門的知識と応用力
    (生態環境科学コース)亜熱帯域の自然環境下での昆虫を含む野生生物の進化生態学的特性や土壌を中心とする物質循環系、生物と環境の相互関係に関する専門知識と技術及びそれらを活用した実践的応用力

地域農業工学

地域農業工学 学士教育プログラムでは、農村環境整備と緑・土・水資源の保全と改善に貢献できる有能な人材、ならびに情報技術を応用し、食料生産から流通・加工に係わる農業生産、加工及びエネルギーシステムに関する社会的要求を総合的に問題解決できる実践的人材となるため、以下に掲げる専門的知識と能力を修得します。

  1. 本学の理念に基づき、知識基盤社会を知性と知識を備えた21世紀型市民として、多様な人々の存在を認めて尊重し、互いに協働して生きていく総合的教養人としての能力

  2. 国際的な人・物・情報の流れが重要性を増した時代において、地域や世界における複雑化した問題を全人類的視点から取り組むことができる専門的知識人として、多様な情報を受け取り、自らの考えを論理的かつ的確に伝えることができる能力

  3. 農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用の役割を理解し、問題解決に対する責任を認識する能力

  4. 沖縄の亜熱帯島嶼性という地理的・自然環境条件及び歴史的・文化的特性をふまえて、亜熱帯の島嶼環境と調和した自然循環型農業や田園空間の創造、ならびにIT農業の技術開発やバイオマス地域循環システムの構築によって、「緑・土・水」と人間との環境創出を理解し、社会からの要求を確実に捉え、総合的に問題解決する能力

  5. 社会の要求に対応し様々な科学、技術及び情報を自主的、継続的に学習し問題解決する能力

  6. (地域環境工学コース)自然と調和した農村空間の創出及び環境に配慮した農村基盤の整備に関する技術、ならびに亜熱帯特有の自然条件の下での防災と農村地域の環境を保全する技術に関する専門的知識を理解する能力
    (バイオシステム工学コース)食料生産から流通・加工に係わる一連の工程のシステム化及び持続可能な再生可能エネルギーの開発や利用に関する専門的知識を理解する能力

亜熱帯生物資源科学

亜熱帯生物資源科学 学士教育プログラムでは、亜熱帯生物資源の機能開発と高度利用に関する専門知識と技術を有する有能な人材、ならびに生物資源関連産業、発酵産業及び健康・食品産業の振興・発展に貢献できる人材、あるいは栄養士として実践的な人材となるため、以下に掲げる専門的知識と能力を修得します。

  1. 本学の理念に基づき、知識基盤社会を知性と知識を備えた21世紀型市民として、多様な人々の存在を認めて尊重し、互いに協働して生きていく総合的教養人としての能力

  2. 国際的な人・物・情報の流れが重要性を増した時代において、地域や世界における複雑化した問題を全人類的視点から取り組むことができる専門的知識人として、多様な情報を受け取り、自らの考えを論理的かつ的確に伝えることができる能力

  3. 農学の安定的・持続的生物生産、環境保全及び生物資源の有効利用の役割を理解し、問題解決に対する責任を認識する能力

  4. 沖縄の亜熱帯島嶼性という地理的・自然環境条件及び歴史的・文化的特性をふまえて、亜熱帯地域に生息する動植物及び微生物等の生物資源、ならびに伝統食品・発酵食品・その他食資源の特性や機能性を理解し、社会からの要求を確実に捉え、総合的に問題解決する能力

  5. 社会の要求に対応し様々な科学、技術及び情報を自主的、継続的に学習し問題解決する能力

  6. (生物機能開発学コース)亜熱帯の生物資源の機能特性を分子から生体レベルで追求し、人類の福祉に有効な機能性素材の開発や利用に関する専門的知識を理解する能力
    (食品機能科学コース)食品の機能性を健康維持、増進の観点から追求し、新たな食品素材を開発すると共に、健康生活の向上に関する専門的知識を理解する能力
    (発酵・生命科学コース)地域特性を活かした発酵食品の開発、ならびに亜熱帯生物資源の生命現象の解析とその応用に関する専門的知識を理解する能力
    (健康栄養科学コース)人間栄養学の観点から食を科学的かつ実践的に捉え、地域の特性を考慮した健康・長寿社会の実現に関する専門的知識を理解する能力