お知らせ

令和2年度前学期における講義等の実施にかかる基本的な考え方

~2020年、琉球大学は開学70周年を迎えます。~
Island wisdom, for the world, for the future. 


令和2年4月1日   
危機対策本部決定

 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、授業を実施するうえでの現時点での基本的な考え方は、以下のとおりとする。この考え方をもとに、教職員や学生等に対して必要な内容を周知し、本学の教育活動の継続に努める。

 教職員及び学生は健康観察を行い、体調不良の場合には大学へ来ないことを前提とし、授業においてはいわゆる「3つの条件」が同時に重なり合わないようにする。

(1)換気の悪い密閉空間である
→ 定期的に換気を行う(少なくとも30分に1回程度)

(2)多くの人が密集している(手の届く距離に多くの人がいる)    
→ 教室内の人口密度を低く保つ(教室の収容定員の7割以下)

(3)近距離での会話や発声が行われる
→ マスクを着用する
→ 機器を共用する実験等において、使用前後の手洗いを徹底する

 対面授業の代替として、遠隔授業、授業中に課すものに相当する課題研究等を活用することができる(例えば、WebClassやビデオ会議システム等)。これらを行うにあたり、授業の実施計画・評価方法の見直しや準備に時間を要する等の場合には、授業開始の時期を1か月程度遅らせることもやむを得ない。また、授業方法の変更に当たっては初回授業の際等に学生に対する丁寧な説明が必要となるが、一時的に教室内の人口密度を低く保つことが出来ない場合は、説明のみ短時間で実施するなどの方法も考えられる。いずれの場合も、遠隔授業や課題研究等を活用するなどして十分な学修時間を確保できるようにする。

 その他、学部・研究科の実情に応じて様々な工夫に努め、授業を実施する。

 なお、新型コロナウイルスに感染した若しくは感染したおそれ等があり出席できない学生に対しては、欠席扱いとしないなど学生の不利益が生じないよう配慮する。