情報公開制度

独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律(平成13年法律第140号)の定めるところにより、何人も、独立行政法人等に対し、当該法人等の保有する法人文書の開示を請求することができます。

開示請求できる文書

琉球大学職員が職務上作成、又は取得した文書、図画及び電磁的記録(フロッピーディスク、録音テープ、磁気ディスク等に記録された電子情報)が開示の対象となります。

ただし、書籍等の市販物や大学図書館において、一般の閲覧に供するために特別の管理がされている歴史的資料又は学術研究用資料等は除かれます。

開示請求の方法

開示請求をされる方は、総務部総務課(情報公開等窓口)に法人文書開示請求書を提出するか又は郵送してください。

ただし、電話、ファックス、電子メールでの開示請求はできません。

  • 法人文書開示請求書(PDFWord形式)
  • 開示請求書の記載の仕方(PDF)

開示・不開示決定の通知

開示・不開示の決定は、受付後、原則として30日以内に行われ、書面で通知されます。

審査請求

決定に不服がある場合には、琉球大学長に対して、審査請求をすることができます。

琉球大学長は、原則として、審査請求があったときは、総務省情報公開・個人情報保護審査会に諮問し、諮問に対する答申を受けて、審査請求に対する決定を行います。

開示の実施方法等の申出

開示を受ける方は、開示決定通知(部分開示を含む。)のあった日から30日以内に、法人文書の開示の実施方法等申出書により、開示の実施方法(閲覧・写しの交付、開示実施希望日、写しの郵送等)を申し出てください。

開示請求手数料及び実施手数料

開示請求手数料は、法人文書1件につき300円です。

開示実施手数料は、法人文書1件につき下表(詳細については、国立大学法人琉球大学料金規程(別表第16)を参照)による額です。

ただし、300円に達するまでは無料です。

<料金表>(文書又は図面の場合)
開示の実施方法 開示実施手数料の額
閲覧 100円/100枚
コピーの交付 10円/1枚(A3版以下)
  • 開示請求手数料及び開示実施手数料は、下記の銀行口座に振り込み、その振込証の写しを開示請求書又は開示の実地方法等申出書に添付して、総務部総務課(情報公開等窓口)に持参又は送付してください。
金融機関:琉球銀行宜野湾支店
口座番号:普通預金430-384
口座名義:国立大学法人琉球大学 学長 大城肇
(沖縄県中頭郡西原町字千原1番地)

※振り込み依頼者欄の申請者氏名に続いて(情報公開)と記入する。
    例:琉大太郎(情報公開)