琉球大学同窓会会則


第1章 名称及び事務所

第1条 本会は、琉球大学同窓会(以下本会」という。)と称する。


第2条 本会の事務所を琉球大学構内に置く。



第2章 目的及び事業

第3条 本会は、会員相互の親睦を図り母校の発展に寄与することを目的とする。


第4条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

  (1)在学生及びに母校との諸提携こ関すること。

  (2)総会又は評議員会で決議した事業



第3章  会  員

第5条 本会は、琉球大学(短期大学部を含む。以下同じ。)卒業者、修了者及び在学生
     をもって組織する。

  2 琉球大学に在学した者、勤務している者及び勤務した者で、本会の趣旨に賛同する
    者は、本会に申し出て加入することができる。


第6条 会員は転居、転職又は改姓名をした場合はその都度、会長に届け出なければな
   らない。



第4章  役 員

第7条 本会に次の役員を置く。

  (1) 会 長   1名

  (2) 副会長   5名

  (3) 評議員   30名以上50名以下

  (4) 監査員   2名

  (5) 事務局長 1名

  2 本会は、前号に規定する役員のほか、顧問若干名をおくことができる。


第8条 前条第1項に規定する事務局長を除く役員は、総会において選出する。
  2 顧問は、評議員会の承認を得て、会長が指名する。


第9条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。


第10条 役員は評議員会の承認を得たときに限り、任期中でもその職を辞することができ
  る。

  2 顧問は、いつでも会長に告げ、その職を辞することができる。


第11条 役員は、次期役員が選出されるまでの間は、任期の満了後といえどもその職務を
  行う。


第12条 役員の職務は、次のとおりとする。

  (1)会長は、本会を代表し、会務を統括する。

  (2)副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長があらかじめ定める順位に従
   って会長の職務を代行する。

  (3)評議員は、本会の運営に関する事項を審議する。

  (4)監査員は、会計の監査を行う。

  (5)事務局長は、本会事務局の運営に関する事項を処理する。

  (6)顧問は、本会の運営に関し、会長に建議することができる。



第5章  会  議

第13条 本会の会議は、定期総会及び臨時総会とする。

  2 定期総会は、毎年7月に招集する。

  3 臨時総会は、評議員会において必要と認めたとき、又は会員50名以上の要求が
    あるとき招集する。


第14条 総会は、会長が招集する。


第15条 総会の招集は、同窓会会報及びその他の方法で周知する。


第16条 総会は、次の事項を審議する。

  (1) 役員の選挙に関する事項

  (2) 予算及び決算の承認に関する事項

  (3) 会則の改正に関する事項

  (4) その他本会に関する事項


第17条 総会における議決は、出席会員の過半数をもって行い、可否同数のときは議長
   が決する。


第18条 総会の議長は、出席会員の中から選出する。


第19条 総会の議決事項は、議事録に記載し、議長及び出席会員2名が署名押印する。


第20条 評議員会は、会長、副会長、顧問、評議員及び事務局長をもって組織する。

  2 評議員会は、会長が招集する。

  3 評議員の過半数の要求があるときは、会長は評議員会を招集しなければならない。

  4 評議員会の議長は、会長をもって充てる。


第21条 評議員会は、次の事項を審議する。

  (1)総会に提出する議案に関する事項

  (2)予算及び決算に関する事項

  (3)総会において委任された事項

  (4)その他会長が必要と認めた事項


第22条 評議員会における議決は、出席評議員の過半数をもって行い、可否同数のとき
  は議長が決する。


第23条 評議員会の議決事項は、議事録に記載し、議長及び出席評議員2名が署名押
  印する。


第24条 三役会は、会長、副会長、事務局長をもって組織する。

  2 三役会は、会長が招集する。

  3 役員の過半数の要求があるときは、会長は三役会を招集しなければならない。

  4 三役会の議長は、会長をもって充てる。


第25条 三役会は、次の事項を審議する。

  (1)評議員会に提出する議案に関する事項

  (2)予算及び決算に関する事項

  (3)総会において委任された事項

  (4)その他本会活動に関する事項で会長が必要と認めた事項

  (5)三役会における議決は、出席役員の過半数をもって行い、可否同数のときは議長
   が決する。



第6章  事 務 局

第26条 本会に事務局を置く。

  2 事務局に総務部及び企画部を置く。


第27条 前条の事務局にそれぞれ事務局長、事務局次長、部長及び幹事をおく。

  2 事務局長及び事務局次長は、会員の中から会長が指名する。この場合において、
   指名後最初に開催される評議員会の承認を受けるものとする。

  3 部長は、会員の中から事務局長の推薦により会長が指名する。この場合において、
   指名後最初に開催される評議員会の承認を受けるものとする。

  4 幹事は、会長の承認を得て事務局長が指名する。

  5 事務局に事務職員を置くことができる。


第28条 事務局に関し、必要な事項は会長が別に定める。



第7章 会  計

第29条 本会の会計年度は、毎年6月1日より翌年5月31日までとする。


第30条 本会の運営に要する費用は、入会金、終身会費、寄附金及びその他の収入を
   もってあてる。


第31条 本会の会員となった者は、入会金1万円を本会事務局に納めなければならない

  2 本会の会員は、終身会費1万円を本会事務局に納めなければならない。

  3 一旦納入した会費は返還しないこととする。



第8章 支  部

第32条 支部は、必要に応じて各地区に置くことができる。


第33条 支部は、その地区在住の会員をもって組織する。


第34条 支部に支部長を置く。


第35条 支部に関する事項は、支部において定める。


第36条 支部長会は、総会時に開催し、会長がこれを招集する。

  2 支部長会において決定された事項は、評議員会に報告するものとする。



第9章 雑  則

第37条 この会則に定めるもののほか必要な事項は,会長が別に定める。


      附  則

  1 この会則は、昭和59年7月4日から施行する。

  2 琉球大学同窓会会則(1965年2月20日制定)は、廃止する。


      附  則

   この会則は、昭和60年6月29日から施行する。


      附  則

   この会則は、昭和61年6月1日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成元年4月1日から施行する。


      附  則

  1 この会則は、平成元年6月24日から施行する。

  2 第29条第2項の規定にかかわらず入会後8年間は、終身会費の徴収を留保すること
    ができる。


      附  則

   この会則は、平成7年6月30日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成9年6月27日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成10年6月26日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成12年6月27日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成13年6月29日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成19年7月21日から施行する。

   この会則は、平成元年6月24日施行の附則2.を廃止する。


      附  則

   この会則は、平成21年7月18日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成26年7月5日から施行する。


      附  則

   この会則は、平成29年7月29日から施行する。