1. ホーム
  2. 総合企画戦略部長による若手職員研修を実施

総合企画戦略部長による若手職員研修を実施

2017年06月26日掲載


事務局長・各部長による若手職員研修が、6月21日に本部棟4階第一会議室において開催され、採用後5~6年までの職員34名が参加しました。第2回目にあたる今回は、新田早苗総合企画戦略部長が講師となり「大学で働くということ ~多様性と教職協働~」と題して講演しました。

はじめに新田部長からご自身のプロフィールが紹介され、琉球大学に採用されて10年間、医学部の技官として勤務し、医学部学務課に異動して初めて大学事務に携わったことや、学長秘書、卒後臨床研修担当、総務部企画室等の経験を積んで、学部・研究科改組で文部科学省と直接折衝する大学の重要な業務を任されたことについて、エピソードを交えながらお話されました。

続いて、「『大学』というところ」、「日本の大学の変遷」、「変容する大学教育」、「沖縄県における高等教育機関としての琉球大学」、「教職協働の背景 ~キーワードは『多様性』」について、関連資料を引用しながら分かりやすく説明しました。

最後に、「通常業務の中にも、大学で働くうえで役立つアイテムは一杯ある。それらを上手く活用して、様々な人々と繋がって、楽しく有意義な琉大ライフを送って欲しい。」と若手職員にエールを送り、参加者は熱心に聴き入っていました。

なお、新田部長は、琉球大学で女性として初めての部長職となり、メディアにも取り上げられました。

講話をする新田部長

研修会場の様子