1. ホーム
  2. 千住教授が第62回澁澤賞を受賞

千住教授が第62回澁澤賞を受賞

2017年12月19日掲載


本学工学部工学科電気システムコースの千住智信教授が、一般社団法人日本電気協会から第62回(平成29年度)澁澤賞を受賞し、大城学長に報告しました。

 澁澤賞は、故澁澤元治博士が昭和30年に文化功労者として表彰を受けられた栄誉を記念するため昭和31年に設けられたもので、広く電気保安に優れた業績を上げた方々に毎年贈られており、民間で唯一の電気保安関係表彰として各界より認められている権威ある賞です。

 千住教授は、電気工学の基礎技術に関し顕著な研究成果を学術論文として多数発表し、電気工学の発展に大きく貢献した、電力システムの電気保安確保に資する技術を開発したなどの業績が認められて受賞しました。千住教授から、「今回の受賞は電気保安に係る研究成果に対する受賞となりますが、今後の人材育成や技術者教育に関しても今後一層力を入れて参ります。」と力強い意気込みが語られました。

 報告を受けた大城学長は、千住教授を祝福するとともに今後の活躍に期待していました。

受賞の報告をする千住教授(右)と大城学長

右から大城学長、千住教授、有住工学部長

賞状と記念品