1. ホーム
  2. 福井内閣府特命担当大臣が来学

福井内閣府特命担当大臣が来学

2018年04月19日掲載


平成30年4月14日(土)、福井照内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)が本学を訪れ、視察及び懇談会を行いました。

福井大臣は、始めに本学の風樹館(博物館)を訪れ、佐々木健志博物館職員から沖縄固有の生物など展示物の説明を受けました。

続いて、大学本部棟第一会議室において、石田肇医学研究科長をはじめとした医学研究科教授陣より、沖縄特有の疾患や感染症について医療情報基盤の確立を目指す「沖縄バイオインフォメーションバンク構築の意義と沖縄特有の疾患研究」について研究紹介が行われました。

その後同会場にて、福井大臣と大城肇学長、及び役員との懇談会が行われました。大城学長は「福井大臣には文部科学省副大臣の時から教育研究、地域貢献活動にご支援いただき感謝申し上げる。引き続きご指導、ご支援の程お願い申し上げたい」と挨拶を述べられました。福井大臣は「昨年度開催したノーベル平和賞受賞者と高校生との平和会議の際には大変お世話になった。また医学部移転について、私たちも世界の先端医療を琉球大学がリードしてほしいという気持ちである。ICTを利用した離島の高等教育実証実験についてもご支援いただき感謝申し上げたい」と述べられました。

懇談後に、本部棟前に移動して来学の記念植樹が行われました。

佐々木博物館職員(左)から説明を受ける福井大臣(右)

研究紹介の様子

記念植樹を行う大城学長(左)と福井大臣(右)