1. ホーム
  2. ディズニー映画『モアナと伝説の海』主役声優に抜擢 法文学部4年 屋比久さん

ディズニー映画『モアナと伝説の海』主役声優に抜擢
法文学部4年 屋比久さん

2017年01月25日掲載


ディズニーの新作アニメーション映画『モアナと伝説の海』日本語版で、ヒロイン・モアナ役の声優に琉球大4年の屋比久知奈(やびく ともな)さんが抜擢されました。

屋比久さんは、このほど大城学長に大役を射止めたことを報告し、祝福と激励をうけました。

これまでのディズニー作品は松たか子さん、神田沙也加さん、上戸彩さんら著名人が声優を務めており、新人が抜擢されるのは異例のこと。屋比久さんは「発表もサプライズだったので、本当に信じられなかった。オーディションを受けられるだけで嬉しいと思っていたので、本当に夢みたい」と話しています。

屋比久さんは法文学部国際言語文化学科英語文化専攻の4年生。米国への留学経験もあり、TOEICのスコアは915点。クラシックバレエは4歳から習っています。元々は通訳などの英語力を活かした道を目指していましたが、大学2年生の頃、学科の英語劇に参加したのがきっかけで、学内外でミュージカルの活動に参加するように。転機となったのは2016年春に開かれた全国拡大版ミュージカル・ワークショップ「集まれ!ミュージカルのど自慢(東京・帝国劇場)」。応募総数2千余組の中から最優秀賞を勝ち取り、注目を浴びました。

 屋比久さんは「モアナは色々な不安を感じながらも、自分の心の声を聞き、回りの力も借りながら小さな島から新しい海へと踏み出していきます。私も表現者としては遅いスタートで、不安がいっぱいですが、モアナのように自分を信じ、モアナの魅力をたくさんの人に伝えられるよう頑張ります。」と述べています。また、「この道に進むことにはたくさんの迷いもありましたが、家族や先生方、大学OBのボーカルの先生など、たくさんの方々が応援してくださったおかげで踏み出すことが出来ました。琉球大学には自分のやりたいことに一生懸命な人が多く、それも刺激になりました。後輩の皆さんには、『自分には無理かな』と自分でブレーキをかけたりせず、やりたいことがわからなければ、どんな小さなことでも挑戦して何かを見つけ、自分の可能性を信じてチャレンジしていって欲しいです。」と後輩へエールを送りました。

卒業後は「観客の心に何かを届けられる表現者になりたい」とプロの道を歩んでいく決意を語りました。

法文学部国際言語文化学科4年 屋比久知奈(やびく ともな)さん

法文学部国際言語文化学科4年 屋比久知奈(やびく ともな)さん

喜びを報告する屋比久さんと大城肇学長

喜びを報告する屋比久さんと大城肇学長

屋比久さんを激励する大城学長

屋比久さんを激励する大城学長

大城学長から贈られた琉大オリジナルクリアファイルを手にする屋比久さん

学長から贈られた琉大オリジナルクリアファイルを手にする屋比久さん