1. ホーム
  2. 在マーシャル日本国大使館主催第14回日本語スピーチコンテストに「琉球大学奨励賞」

在マーシャル日本国大使館主催第14回日本語スピーチコンテストに
「琉球大学奨励賞」

2018/06/27 掲載


2018年5月5日(土)にマーシャル諸島共和国の首都マジュロ市内で開催された、在マーシャル日本国大使館主催第14回日本語スピーチコンテストにおいて「琉球大学奨励賞」が設けられ、石川隆士学長補佐(教育担当)と金城愛乃UEA(ユニバーシティー エデュケーショナル アドミニストレーター)が審査員として参加しました。

本コンテストには、中学生から一般人までの日本語学習者23人が出場し、集まった約300人の聴衆に日頃の日本語学習の成果を披露しました。「琉球大学奨励賞」は詩暗唱部門で3位に入賞したコープ・スクール中等部1年生のロザ・ベンさんが受賞し、石川学長補佐より賞状及び本学のロゴが入った琉球松のペンが贈られました。その様子は、マーシャル諸島共和国の全国紙「マーシャル・アイランド・ジャーナル(2018年5月11日付)」に第1面で掲載されました。

また、5月7日(月)、マジュロにて、マーシャル諸島短期大学と本学との大学間学生交流覚書(改定版)の調印式が行われ、本学の石川学長補佐、金城UEA、在マーシャル日本国大使館の光岡英之特命全権大使同席のもと、テレサ・コロイフラウノ マーシャル諸島短期大学長が署名しました。

本学では「国際的な島嶼型高等教育システムの構築に向けた教育改革」を進めており、その取組として、沖縄と歴史的・文化的に関わりの深いパラオ共和国・マーシャル諸島共和国・ミクロネシア連邦出身者を対象にした特別編入学を支援する取組を行っています。 本取組では、4年制大学がない上記3か国の短期大学等卒業生に学士の学位を取得させることで、人材育成及び良好な人的ネットワーク拡充への貢献を目指しています。

                 (© Kelly Lorennij)

審査員を務めた石川学長補佐(左から3番目)と金城UEA(左から2番目)

「琉球大学奨励賞」を受賞したロザ・ベンさん(右)

授賞式の様子

   (© Kelly Lorennij, The Marshall Islands Journal)

左より光岡英之 特命全権大使、石川学長補佐、
テレサ・コロイフラウノ マーシャル諸島短期大学長、金城UEA