1. ホーム
  2. ~太平洋島嶼地域特別編入学プロジェクト~マーシャル諸島共和国大臣アンソニー・ミュラー氏来学

~太平洋島嶼地域特別編入学プロジェクト~
マーシャル諸島共和国大臣アンソニー・ミュラー氏来学

2018年04月13日掲載


平成30年4月9日(月)、マーシャル諸島共和国公共公益事業・インフラ大臣のアンソニー・ミュラー氏が来学され、大城学長をはじめ花城理事、石川学長補佐と懇談を行いました。

この懇談では、沖縄を含む太平洋島嶼地域に特徴的な自然災害を想定したインフラ施設や設備などについて大学関係者と意見を交わしました。また、ミュラー氏から、本学が取り組んでいる太平洋島嶼地域を対象とした人材育成事業(以下「太平洋島嶼事業」という。)について、今後も積極的に取り組んでいただきたいとの要望が述べられました。

懇談の最後には、同席されたミュラー大臣夫人から大城学長に、マーシャル諸島の伝統的な首飾りのプレゼントが贈られ、和やかなムードで懇談を終えました。なお、この懇談には、太平洋島嶼事業により、平成30年度4月から観光産業科学部産業経営学科の3年次に編入学したマーシャル諸島共和国出身のノア・カブアさんが、マーシャル語・英語・日本語の通訳として参加しました。

太平洋島嶼事業では、沖縄と歴史的・文化的に係わりの深いパラオ共和国・マーシャル諸島共和国・ミクロネシア連邦出身者を3年次編入学生として受け入れる支援を行っており、上記地域のコミュニティ・カレッジ卒業生に学士の学位を取得させることで、人材育成および良好な人的ネットワーク拡充への貢献を目指しています。

マーシャル諸島の伝統的な首飾りを受け取った大城学長

ミュラー大臣(中央左)、大城学長(中央右)及び懇談会出席者での記念撮影