1. ホーム
  2. 北中城村、北中城村商工会及び一般社団法人北中城村観光協会と包括的連携に関する協定を締結

北中城村、北中城村商工会及び一般社団法人北中城村観光協会と
包括的連携に関する協定を締結

2018年02月05日掲載


北中城村、北中城商工会及び一般社団法人北中城村観光協会と琉球大学との包括連携に関する協定締結式が1月30日、イオンモール沖縄ライカムのイオンホールにおいて執り行われました。

本包括連携協定は、4者が相互に連携・協力を図り、地域社会の発展と人材育成及び学術研究の振興に寄与し、もって北中城村の将来像である「平和で人と緑が輝く健康長寿と文化のむら」の実現に資することを目的としています。

締結式では大城琉球大学学長、新垣邦男北中城村長、安里邦夫北中城村商工会会長、花崎為継北中城村観光協会代表理事がそれぞれ挨拶を行った後、協定書に署名を行いました。

挨拶の中で、大城学長は「北中城は県内で最も元気のある村、様々な連携を通して大学が持つ研究成果を北中城に還元したい」と述べられ、新垣村長は「北中城の村民が元気に暮らせるよう連携を進め、琉球大学の持つ研究成果を地域の課題解決につなげていきたい。」と述べられました。

 また式の後、川満芳信農学部教授による「植物工場による北中城村の地域振興」をテーマとした講演が行われました。

本学が自治体と包括連携協定を結ぶのは今回が9例目です。

署名をかわす様子

(左から)安里会長、大城学長、新垣村長、花崎代表理事

関係者の集合写真