1. ホーム
  2. 琉球大学同窓会より課外活動奨励金の贈呈

琉球大学同窓会より課外活動奨励金の贈呈

2018年06月08日掲載


平成30年5月15日(火)、琉球大学同窓会の幸喜徳子会長及び山里将順事務局長が本学学長室を訪れ、本学学生の課外活動を援助することを目的とした100万円の寄附をされました。

幸喜会長から、「寄附金を活用して、今後も学生の課外活動に弾みがつけば幸いです」との言葉が述べられました。

大城学長は、「毎年多額の御寄附をいただき感謝いたします。学生の課外活動に有効に活用させていただきます」と琉球大学同窓会からの30年間に及ぶ寄附及びその他事業の実施について感謝の意を述べられました。

琉球大学同窓会からは、平成元年度より毎年度寄附をいただいており、本学では、サークル団体の活動を援助するために、「課外活動奨励金」として、各サークル団体に交付しています。各サークル団体では、主に県外や国外で開催される大会や発表会への学生の参加費用に充てています。

平成29年度は、体育系サークル32団体(506名)、文化系サークル3団体(16名)に対して、課外活動奨励金を交付しています。

(左より)花城理事、大城学長、幸喜同窓会会長、渡名喜理事、
山里同窓会事務局長