1. ホーム
  2. HOTな学生(7) 理工学研究科院生がIEEE PES Japan Chapter 学生優秀論文賞を受賞

HOTな学生(7)

理工学研究科院生がIEEE PES Japan Chapter 学生優秀論文賞を受賞

理工学研究科博士前期課程電気電子工学専攻1年次の呉屋智則さんがIEEE PES(Power Engineering Society)Japan Chapter 学生優秀論文賞を受賞した。

IEEE PES Japan Chapter 学生優秀論文賞は、IEEE PES の主催または共催する様々な国際会議において論文発表をした学生の中で全国からわずか5名のみに与えられる。電力および電力系統技術を研究する学生研究者の海外における論文発表の奨励を目的として、優秀な論文の海外発表者に賞状と副賞の賞金が授与される。呉屋さんは、2010年10月にシンガポールで開催された国際会議The 9th International Power and Energy Conference IPEC2010で論文を発表し、今年度の当論文賞は全国で5名(琉球大学、東京大学、早稲田大学、明治大学の学生5名)が受賞した中で本学学生がうち1名を占める快挙となった。

呉屋さんの受賞論文は「Optimal Operation of Controllable Load and Battery Considering Transmission Constraint in Smart Grid」であり、火力発電機運用の際に問題となる送電線路間の潮流制約を需要側のヒートポンプや電気自動車等の可制御負荷制御を導入したスマートグリッドを提案することにより満足し、同時に火力発電機の運用コストを低減するものである。

今回の受賞にあたって、呉屋さんは「このような素晴らしい賞を頂くことができ大変光栄に思います。発表論文・研究に対してご指導頂いた千住先生と研究室メンバーに感謝したい」とコメントし、喜びを表現した。

HOTな学生(1)
笑顔も素敵・研究も! 
HOTな学生(2)
「学P沖縄リーグ2010参戦」
HOTな学生(3)
「優勝しました!」
HOTな学生(4)
「平和について考える」
HOTな学生(5)
「受験サポートプロジェクト」
HOTな学生(6)
「3年次で第一種放射線取扱主任者に合格」