1. ホーム
  2. アクティブ学生(12) 沖縄・日本、アメリカの社会をもっとよく知りたい!

アクティブ学生(12)
沖縄・日本、アメリカの社会をもっとよく知りたい!
第63回日米学生会議

2011/7/6

トップ画像

琉球大学理学部海洋自然科4年の石川 惠です。第63回日米学生会議に参加します。

会議は、2011年7月28日から8月21日まで、新潟、京都/滋賀、沖縄、東京の4都府県をめぐり、「知ることから創ることへ 〜対話と挑戦から共に描く未来〜」というテーマのもと開催される予定です。

沖縄には8月10日から8月15日まで滞在します。安全保障と平和について話し合うとともに、琉球王国の豊かな文化と歴史も学ぼうと、様々な内容を企画しています。

日米学生会議では、日米の学生約72人が集まり約1ヶ月の間、日本の各地を訪れながらフィールドワークや講演会などを通して、社会問題や日米関係について考えたことを議論し合います。

私は県外から琉球大学に進学し、ダイビングや実習を通して沖縄の豊かな自然や特徴的な文化を楽しんできました。しかし、基地問題や日米同盟、安全保障などの問題との関わりは避けてきました。大学生活最後の年、沖縄や日本、アメリカの社会をもっとよく知りたいと思い応募したところ、運良く選ばれ、参加させて頂いています。

会議では、進学して感じた他府県との違いや問題点を参加者の皆と考えたいです。当たり前の風景としてある米軍基地についてもう一度考え直し、地元に暮らす中で感じた違和感や意見を伝えたいです。また、沖縄の豊かな自然や文化の魅力を伝えたいと思っています。

沖縄県というのは日米関係において最も重要な場所の一つですが、日米学生会議はご存知無い方が多いのではないでしょうか。期間中に行われる県内大学生との交流プログラム等を通して、県内の学生にもっとこの会議の事を知って頂き、今後も継続して沖縄県の学生から各地の学生に意見を伝えられるよう活動して行きたいです。

日米学生会議についての詳しい情報は以下のHPをご覧下さい。http://www.jasc-japan.com

7月4日(月)沖縄県庁の県政記者クラブにて記者会見
7月4日(月)沖縄県庁の県政記者クラブにて記者会見

アクティブ学生(1)
笑顔も素敵・研究も! 
アクティブ学生(2)
「学P沖縄リーグ2010参戦」
アクティブ学生(3)
「優勝しました!」
アクティブ学生(4)
「平和について考える」
アクティブ学生(5)
「受験サポートプロジェクト」
アクティブ学生(6)
「3年次で第一種放射線取扱主任者
に合格」
アクティブ学生(7)
「工学研究科院生が
IEEE PES Japan Chapter
学生優秀論文賞を受賞」
アクティブ学生(8)
「心身を磨き晴れ舞台へ」
アクティブ学生(9)
「みんなの想いを東北へ」
アクティブ学生(10)
「抜群のチームワーク」
アクティブ学生(11)
「東北への想い達成!」