1. ホーム
  2. 平成30年度第3回学生と学長との懇談会を開催

平成30年度第3回学生と学長との懇談会を開催

2018年12月25日掲載


本学では、教育環境、教育方法の改善、学生生活支援、キャリア支援などについて学生と意見交換を行い、今後の教育改善、学生生活等の充実を図ることを目的として、平成16年度から毎年「学生と学長との懇談会」を開催しています。

12月12日(水)に開催した第3回懇談会では、各学部から推薦された島嶼地域出身の学部学生を対象として、学部学生13名と大城肇学長、渡名喜庸安理事・副学長、石川隆士学長補佐、狩俣繁久グローバル教育支援機構副機構長、遠藤聡志キャリア教育センター長、嘉目克彦監事及び尾原敏則学生部長が出席しました。

同懇談会では、「離島から島外の大学への受験・入学に関して必要な支援等について」をテーマに、島嶼地域から本学への入学を志望した動機、島嶼地域から大学受験を行うことのメリット及びデメリット、島嶼地域への支援等に関する本学への要望等について、活発な意見交換が行われました。

懇談会の最後に、大城学長から「島嶼地域だと大学の情報を得る機会が少ないとのことだが、本学では島嶼地域で説明会を開催して、様々な情報を提供している。学生の皆さんも後輩に積極的に情報を提供して欲しい。また、学生の皆さんのなかで、何か相談事があれば保健管理センターや学生相談室及びハラスメント相談支援センターを利用して、心身共にチューバー(沖縄県の方言で「強い人」という意味)になって欲しい。これからも勉学に励み、ぜひ頑張ってください。」との総括コメントをいただき、懇談会を締めくくりました。

今後、学生から寄せられた意見等も踏まえ、本学の教育・学生支援を更に充実させていくこととしています。

懇談会の様子