1. ホーム
  2. 琉球大学の研究者も参加した国際海洋底調査において台湾領海で初のガスハイドレートの存在を実証

理学部 新城竜一教授が参加した国際海洋底調査において
台湾領海で初のガスハイドレートの存在を実証

2018年06月29日掲載


平成30年6月21日(木)、台湾-フランス合同海洋調査「EAGER航海」において、台湾領海では初めてとなるガスハイドレートが発見されました。本航海には、琉球大学理学部物質地球科学科の新城竜一教授も参加しており、台湾での地球科学史上に残る歴史的発見に際して、琉球大学の研究者も貢献しました。

台湾では約20年前から南西の領海域において、海洋地球物理学的探査からガスハイドレートの存在が示唆されていました。埋蔵量は日本のそれに比べて10倍と試算する報告もあります。しかし、数々の探査にもかかわらず、実際にガスハイドレートが採取されたことはありませんでした。今回の発見は、台湾のメディアでは速報として取り上げられるほど、画期的な出来事となりました。

【点火された新発見のガスハイドレートを持つ理学部の新城教授】

  〈調査の背景・詳細〉