1. ホーム
  2. 法文学部短期留学生からはがきを販売した義援金

法文学部短期留学生からはがきを販売した義援金

4月20日(水)本部管理棟3階副学長室にて、台湾出身の法文学部短期留学生の林 一琳(リン イリン)さんから新里里春副学長に、東北地方太平洋沖地震に対する義援金が手渡された。

林さんは1999年に起きた台湾での地震を経験しており、ぜひ被災した方々のために寄付したいと、自身が作成した琉球大学の景色のはがきを留学生センターなど学内で販売した。

林さんは、はがきを販売した全額の約39,000円を3月にも日本赤十字沖縄支部に寄付しており、今回は、4月1日から4月20日まで販売したはがきの全額と留学生センターに設置した募金箱に集められた総額13,265円を義援金に充てた。

留学生センターのオフィスのカウンターにはがきと募金箱を置いており、はがきは一枚100円で販売している。

林さんは「先生達や職員の皆様また学生などが葉書を買ってくれています。私は台湾の地震で自宅が壊れ避難した経験があります。その時は日本が復興の支援をしてくれました。大震災から日本が早く復興すること信じています」と述べた。

はがきの画像

林 一琳(リン イリン)さん