1. ホーム
  2. ターンムまんじゅうで義援金

ターンムまんじゅうで義援金

2010年度後期共通教育科目「現代流通のしくみ」を受講した学生から、4月15日(金)、東北地方太平洋沖地震に対する義援金5万513円が新里里春副学長に手渡された。

卒業式と入学式に、限定500セットの「ターンムまんじゅう」を販売した売り上げの一部を一般募金と併せて、ぜひ義援金に充てたいということで実現したもの。

「現代流通のしくみ」の講義は、学生企画型の講義で、学生が大学ブランドグッズの開発を目指して、大学手帳・書類キャリングケース・スイーツをチームごとに企画研究を行い、商品開発を通して、琉球大学の理念や社会とのつながりについて調べ考え、愛着を持つということを目的としている。

今回ターンム班は、
「県外の大学にもあるような大学発スイーツを琉大にもつくる!」 をテーマに、株式会社ナンポー通商との共同開発で、この度「ターンムまんじゅう」を完成させることができた。

商品開発メンバーの仲宗根麻衣子さんは、「金武町と宜野湾市にある、あらゆる田芋のお菓子を食べ、研究を重ね商品開発をしてきました。メンバーの一人でもある卒業生の中には県外出身者もいて、震災による影響で不便な生活をしていることを聞きました。私たちにも何かできることがあればという想いを、株式会社ナンポー通商さんのご厚意で、売り上げの一部を義援金にさせていただくことで実現できました。」と述べた。

田芋の風味を生かしてしっとりなめらかな口当たりの「ターンムまんじゅう」は、大好評で追加購入希望のお問い合わせも多いとのこと

2010年度後期講義『現代流通のしくみ』学生企画者 佐藤友香

ターンム班 メンバー
青木憲、新垣優、宇地原一喜、宜保翔伍、楠田真由、平良由起子、前川竜暁、室星康太郎、山口絢子、仲宗根麻衣子

入学式での募金
4月7日: 入学式にて募金活動とともに販売

卒業生からの募金
卒業生にもご協力頂きました

卒業式の際の販売
3月23日: 卒業式に生協中央食堂入口にて販売

贈呈式の際の写真
完売して、無事に義援金贈呈することができました

株式会社ナンポー通商
ご協力頂いた株式会社ナンポー通商にて

ポスター