1. ホーム
  2. 「第12回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式を開催

「第12回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式を開催

2018年01月19日掲載


平成31年2月21日(木)、「第12回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式が行われ、大城肇学長から受賞者に賞状と副賞が授与されました。

同文学賞は、琉球大学が基本目標として掲げる「創造的な発想力」と、地域や地球規模での新たな課題に対して「果敢に挑戦する力」を持った人材を育成する一環として、言語力の向上や、創造力豊かな学生の育成、地域社会における文学・文化活動のリーダーの輩出を目的に、平成19年度に創設したものです。当初は、小説部門のみでしたが、平成23年度(第5回)新たに詩部門を創設しました。

第12回目を迎えた今年度は、学内外合わせて小説部門では7編、詩部門では35編の応募があり、選考の結果、小説部門においては受賞作は選出されませんでしたが、詩部門において受賞作が選出されました。

授賞式では、各部門の選考委員から選評が述べられ、入賞者からは、関係者への感謝の挨拶がありました。入賞作は次のとおり。

【小説部門】

受賞作

 該当なし

佳作2編

 九月二十七日の決意 赤嶺佳帆(琉球大学 法文学部人間科学科)

 『窓際のシュードラ』 運天香緒(沖縄国際大学 総合文化学部日本文化学科)

【詩部門】

受賞作

 共謀という穴へ捧げる五の詩篇 酢橘とおる(琉球大学 法文学部国際言語文科学科)

佳作6編

 Plastic romance かねしろ茉衣(沖縄国際大学 総合文化学部英米言語文化学科)

 喜劇行 荒井青(琉球大学 教育学部生涯教育課程心理臨床科学コース)

 人の檻 豊見山尚樹(沖縄国際大学 経済学部経済学科)

 卵割 古波藏唯(沖縄国際大学 総合文化学部日本文化学科)

 永久不滅の麻薬 秋雨一也(沖縄国際大学 産業情報学部企業システム学科)

 歩く 玉城琉舞(沖縄国際大学 総合文化学部日本文化学科)

大城学長を囲んで記念撮影