1. ホーム
  2. 「第10回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式を開催

「第10回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式を開催

2017年02月09日掲載


 「第10回琉球大学びぶりお文学賞」授賞式が、2月3日(金)に附属図書館ライブラリーホールにおいて開催されました。

 同文学賞は、本学が基本目標として掲げる「地域及び広く社会に貢献する人材」「意欲と自己表現力を有する人材」育成の一環として、言語力(読む力、書く力)を向上させ、想像力、表現力、創造力豊かな学生を育成するとともに、文学の啓蒙活動を高め、地域社会における文学・文化活動のリーダーを排出することを目的とし、県内の大学・大学院・高専(本科4年次以上)の学生を対象に設けられたものです。

 

 選考委員を代表して小説部門から大城貞俊氏、詩部門から宮城隆尋氏がそれぞれ受賞作品の講評があり、引き続き、大城学長から受賞者に賞状と副賞が手渡されました。

大城学長は、「今回、小説部門が2年ぶり、詩部門が3年ぶりに受賞作が出たことは大変喜ばしい。この琉球大学びぶりお文学賞が新しい書き手の登竜門となり、沖縄の文学界の活性化にとどまらず日本文芸界全体にインパクトを与えるものに大きく成長するよう期待している。」と祝福と激励の言葉が述べられました。

 第10回の節目となる今年度は、小説部門11編、詩部門72編の応募があり、次のとおり8編の受賞作品が決定しました。

    【小説部門】

    受賞作

      『赤いまま』竹澤さち (琉球大学・人文社会科学研究科修士2年)

      佳作1編

      『密輸事件簿・・・密輸犯を絞り込め』沼田健次郎(沖縄大学・現代沖縄研究科修士2年)

    【詩部門】

    受賞作

    『アニマルテーゼ』元澤一樹 (沖縄国際大学・総合文化学部日本文化学科2年)

    佳作5編

    『夏の色』仲間陽香 (沖縄工業高等専門学校・メディア情報工学科4年)

    『夜間非行』清水元貴 (琉球大学・理工学研究科修士1年)

    『虚実面境』島袋歩 (沖縄工業高等専門学校・情報通信システム工学科4年)

    『ドリームマップ』杉下薫 (琉球大学・法文学部総合社会システム科1年)

    『窒息者のうた』長嶺勝磨 (沖縄県立芸術大学・美術工芸学部美術学科3年)

    開会の挨拶を行う仲座附属図書館長

    開会の挨拶を行う仲座附属図書館長

    小説部門の講評を述べる大城貞俊氏

    小説部門の講評を述べる大城貞俊氏

    詩部門の講評を述べる宮城隆尋氏

    詩部門の講評を述べる宮城隆尋氏

    受賞作品の感想と祝福の言葉を述べる大城学長

    受賞作品の感想と祝福の言葉を述べる大城学長

    授賞式後の記念写真

    授賞式後の記念写真

    授賞式後の記念写真

    第1回~第9回入賞作品集