1. ホーム
  2. 第30回ダイキンオーキッド記念 第90回琉大21世紀フォーラムノーベル化学賞 根岸英一教授 講演会を開催

第30回ダイキンオーキッド記念 第90回琉大21世紀フォーラム
ノーベル化学賞 根岸英一教授 講演会を開催

2017年03月06日掲載


第90回の節目を迎えた「琉大21世紀フォーラム」が、2010年にノーベル化学賞を受賞された根岸英一教授をお招きして、平成29年2月27日(月)に西原町さわふじ未来ホールにおいて開催されました。

本講演会は、第30回を迎える「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」を記念して、ダイキン工業株式会社と琉球放送株式会社のご協力により実現したものです。

講演会に先立ち、大城学長から、「講演のテーマ『夢を持ち続けよう!~若者よ、海外へ出よ~』にありますように、沖縄の将来を担う高校生や大学生など若者に向けて、根岸先生の国内外でのご経験や、その節目節目におけるエピソード、学術研究の面白さ、さらには夢を持ち続けることの重要性等について興味あるお話がお伺いできるものと思います。若い皆さんが大きな志を持ってヒューマニティー溢れるグローバル人材として成長することを期待します。」と挨拶を述べられました。

当日の講演会には、事前に参加を申し込んだ県内の高校生や大学生、一般の方々等500名近くの参加があり、会場は超満員となり、参加者は熱心に講演に聴き入っていました。

講演会では、ファシリテーターの高橋保北海道大学触媒科学研究所教授から、ノーベル賞についてお話があり、根岸先生がノーベル化学賞を受賞決定されるまで、世界の主要都市で「クロスカップリング」のご講演・発表等の啓蒙活動を行ったこと等エピソードを交えながら分かりやすく説明されました。

引き続き、根岸先生から、実際にノーベル賞受賞となった「クロスカップリング」のご講演がなされ、参加者にとっては、貴重な体験となりました。

続いての質疑応答では、高校生から質問があり、それぞれの質問に対し、「マイナスでもプラスでも同じ気持ちでやっている。マイナスがプラスにひっくり返ると気持ちがいい。」「学問が進めば進むほど大きな課題が出てくる。そのためにはそういう分野に関心を持ち、身を置き、それをしっかりやれば必ずいいものが見えてくる。」「高校生の皆さんが着目すべきところ追求すべきところは、何に興味を持ち何を追い続けるかが大事であるが、今は学校の勉強をしっかりやって好きになることが大切であり、勉強が将来の基礎となる。」とお話され、高校生など若者に大きな示唆が与えられ有意義な講演会となりました。

また、フォーラム終了後、本学理学部化学系の教員及び学生と根岸英一教授との懇談会が行われ、真実の追及のための研究の大切さなどをお話しになり、参加者と活発な質疑応答が交わされました。

主催者の挨拶を述べる大城学長

主催者の挨拶を述べる大城学長

挨拶を述べるダイキン工業(株)十河政則代表取締役社長兼CEO

挨拶を述べるダイキン工業(株)十河政則代表取締役社長兼CEO

ファシリテーターの高橋保北海道大学触媒科学研究所教授

ファシリテーターの高橋保北海道大学触媒科学研究所教授

満員となった会場の様子

満員となった会場の様子

ノーベル化学賞を受賞された根岸英一教授

ノーベル化学賞を受賞された根岸英一教授

クロスカップリングとは?

クロスカップリングとは?

ノーベル化学賞受賞となった「クロスカップリング」のご講演

ノーベル化学賞受賞となった「クロスカップリング」のご講演

img008.png

img009.png

質問する 興南高校 上原拓也さん

質問する 興南高校 上原拓也さん

北谷高校 石川泰成さん

北谷高校 石川泰成さん

花束の贈呈を行う 向陽高校 細田りりあさん 久手堅由実さん

花束の贈呈を行う 向陽高校 細田りりあさん 久手堅由実さん

理学部化学系の教員、学生と懇談を行う様子

理学部化学系の教員、学生と懇談を行う様子

根岸英一教授を囲んで記念撮影

根岸英一教授を囲んで記念撮影