1. ホーム
  2. 学生生活
  3. キャンパスライフ

キャンパスライフ

学生部の窓口 上にもどる

学生部は何をするところか、また、何のためにあるのかを理解して貰うために、まず、大学の目的について簡単に説明します。

わが国の教育の目的は、諸君もよく知っているとおり、教育基本法第1条に「教育は人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない。」と定められています。これに基づいて制定された学校教育法第52条では、大学の目的を「大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的・道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。」と定めています。

本学においても、学則第1条で「本学は、広く教養的知識を授け、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、有為な社会の形成者を育成するとともに、世界文化の進展と人類の福祉に貢献することを目的とする。」とその目標を定めています。

これらの法令が示すように、大学の教育目的は単に専門教育を行うだけでなく、人格の完成をめざして、広く教育的知識を修得させることが強調されています

学生部はこのような教育施策の下に設けられたもので、教室や実験等における教育から進んで学生個人個人の持つ個性の伸長を図り、社会性を育て、さらに全学生が勉学を続けることができるよう経済的問題、心身の健康、学生生活の環境を整備することを使命とします。また、奨学金、アルバイト、学寮や下宿、保健衛生等の問題も学生生活にとって不可欠なものであり、諸君が入学してから卒業するまで、学生部は課外活動、学園生活などの面で、何等かの形で諸君に接することになりましょう。私ども学生部職員は、諸君の学生生活をより豊かに、より実り多いものとするため支援します。

学生相談室

修学や毎日の生活の中で生じた問題や悩みについて、その解決に向けて担当者がお手伝いする「なんでも相談室」です。

受付は、臨床心理学を専攻する本学大学院生が担当します。ひとりで悩まずに、気軽に利用してください。

学生相談室の詳細はこちらです。

年間行事カレンダー上にもどる

こちらから年間行事の一覧がごらんになれます。

体育祭

体育祭は、体育団体連合会を中心に体育祭実行委員会を組織し、大学の指導の下、開催しています。

バレーボールを中心に、綱引きや○×ゲーム等の内容で毎年5月に開催しています。

特に新入生は、このような体育活動に積極的に参加し、学科やクラブ・サークルに早くとけこみ、心身ともに健全な明るい学園生活を送るようにしましょう。

キャンパスルール上にもどる

学生証

諸君が本学の学生であることを証明するのは学生証です。登録の際はもちろん、常に携帯していなければなりません。諸手続及び施設の利用等の際、本学職員から請求があった場合に学生証を提示できないときは、断られることがありますから注意してください。

学生証を紛失した場合は、拾い物として届けられていないか、学生部学生支援課(共通教育棟1号館1階)に問合わせてください。届けられていない場合は、再発行の手続きを学生部教育支援課(3年次以上は所属学部の学務担当)で行ってください。また、学生証を拾ったらその施設の事務室又は学生部学生支援課まで届けてください。

なお、各種の書類等に学籍番号を記入する場合は、末尾の英文字まで記入してください。

拾得物・紛失物

教室等施設内外で拾い物をした場合は、その施設の学部事務部又は学生部学生支援課に届けてください。学生部学生支援課は、拾得物があり次第掲示しますので、紛失者は届け出ると同時に掲示に注意してください。

盗難防止

授業中、課外活動中を問わず体育館更衣室やサークル棟などで盗難事件が発生しています。体育実技等授業の際、現金や貴重品は担当教員が所持している貴重品袋に預けるようにしてください。課外活動中は各クラブで方策を講じてください。

盗難にあわないように各自で十分注意しましょう。また、盗難にあったときは、速やかに所属学部又は学生部学生支援課及び最寄りの警察に届けるようにしてください。

学生への掲示連絡

大学から学生に対する連絡は、原則として所定の掲示板によって行われます。例えば、告示、通知、呼び出しから休講、試験日程に至るまで、非常に重要なことが掲示されます。掲示を見なかったことによって、思わぬ不都合や不利益を招くようなことがあっても、それを理由に異議等を申し立てることはできませんので、1日に1度は必ず掲示を見るように習慣づけてください。

学生の掲示板利用

学生又は学生団体が掲示をしようとする場合、掲示板等を管理する学部等又は学生部の承認を受けて掲示してください。

なお、学内掲示物の大きさは、新聞紙1ページ大を限度とし、掲示期間は7日間以内で、所定の掲示板に掲示することになっています。

学外からの呼出し

学外からの学生呼出しの電話には応じないので、家族や友人に連絡のために大学に電話をしても取り次げない旨説明しておいてください。ただし、緊急連絡のとき、例えば、肉親等の危篤などの場合は事情を説明して臨機の処置を取って貰うことは可能です。

郵便物

個人宛郵便物は、居所宛に送らせるようにしてください。大学の住所が宛先となっているクラブ・サークルの郵便物は、学生支援課へ届きます。クラブ・サークル宛ての郵便物は、課外活動共用施設内のクラブ・サークル別の郵便受けに配布します。また、寮生宛ての郵便物は、学寮へ配布します。

教室使用

学習会、研修会等のために教室を使用したい場合は、学生支援課で集会届けを済ませ、使用したい教室を管理する事務室で許可を受け使用してください。使用後は次の教室使用に支障のないよう、清掃をしてください。

就学上の諸手続

各種の書類等に学籍番号を記入する場合は、末尾の英文字まで記入してください。

種 別 取扱い窓口 期限・時期
各様式は
こちらから
休学願 各学部事務室 ※前学期は7月1日まで、後学期は1月20日まで、ただし、病気の場合はこの限りでない
復学願 学期開始15日前まで
退学願 ※その都度
再入学願 ※前学期は2月10日まで、後学期は8月10日まで
欠席届 担当教員 その都度
欠席届(1週間以上) 学生部教育支援課
各学部事務室
その都度
(1、2年次学生部教育支援課 3、4年次各学部事務室)
登録カード 講義開始2週間以内(〃)

各種手続き・証明書発行ガイド上にもどる

諸証明

種別 取扱い窓口 期限・時期
在学証明 証明書自動発行機 その都度
成績証明
卒業見込証明

証明書自動発行機により交付します。

なお、証明書自動発行機により交付できない大学院生の成績証明書及び卒業生の諸証明(卒業証明及び成績証明等)については,各学部事務室に願い出てください。

英文在学証明書・成績証明書の場合は、交付希望日の10日以上前までに学生部教育支援課(法文学部・観光産業科学部1、2年次)又は各学部事務室に願い出てください。

[証明書自動発行機の設置場所]

  • 共通教育棟1階
  • 法文学部(学生ラウンジ)
  • 工学部(1号館1階)
  • 医学部(がじゅまる会館2階学務課)

諸願・届

種別 取扱い窓口 期限・時期
入寮願 千原寮事務室 2年次以上は11月下旬まで
学内建物・施設使用願 建物又は施設を所管する部局の事務室 その都度
住所変更届 各学部事務室
保証人変更届
改姓(名)届
学内集会・行事届 学生部学生支援課 2日前まで
学生団体設立届 新規:その都度、
継続・変更:5月31日まで
学外団体加入届 その都度
印刷物発行届
印刷物配布届
学外
(署名運動、世論調査、
行列行進、寄付金募集等)
3日前まで