1. ホーム
  2. 科研費獲得ワークショップ-採択への実践編-を開催

科研費獲得ワークショップ-採択への実践編-を開催

2017年07月26日掲載


平成29年7月5日(千原キャンパス)および7月12日(上原キャンパス)の両日、「科研費獲得ワークショップ-採択への実践編-」が開催されました。今年の参加者は、研究者および大学院学生あわせて83名(2日間合計)となり、昨年度より大幅に増加しました。

ワークショップは、科研費獲得支援の一環として、採択率の向上を目的に、主に若手研究者を対象として同大学研究推進機構研究企画室が毎年実施しているものです。今年度は、平成30年度からの科研費審査システム改革の説明が研究企画室のリサーチアドミニストレーター(URA)からあり、その後、参加者が自身の研究デザインを再認識するため、同大学オリジナルのワークシートを記入する個人作業や総合討論が、URAの進行により行われました。

総合討論では、参加者間での研究デザインの方法や、審査委員がどのような点に注目して研究計画調書を採点するのかといった若手研究者からの質問に、審査委員を経験した研究者が答えるなど、予定時間一杯まで活発な議論が交わされ、若手研究者が自分の研究内容を整理し、研究計画調書作成に資する良い機会となりました。

琉球大学では、平成27年度より、科研費採択率の向上を図る全学的な支援として、URAによるワークショップや個別相談などを企画・実施しており、高い効果を挙げているため、今後も効果のある科研費の申請に向けた支援プログラムを開発・実施していく予定です。

ワークショップの様子(千原キャンパス)

ワークショップ(上原キャンパス)