1. ホーム
  2. 若手職員が役員に収入増加及び経費削減策を提言!

若手職員が役員に収入増加及び経費削減策を提言!

2017年12月19日掲載


平成29年12月6日、若手職員が役員等ミーティング(役員や副学長等が自由に意見を交換する会合)において収入増加及び経費削減に向けた企画案のプレゼンテーション(提言)を行いました。

プレゼンテーションを行った3名は、今年8月に琉球大学の大学経営の一助となるよう、実現可能な収入増加及び経費削減に関する複数の企画の提案を目指して構成された若手職員勉強会のメンバーでした。

当勉強会は、各部局からの勤務年数5~10年程度の職員8名により構成され、ブレインストーミングを行った後、多種多様な案について議論、検討を重ねてきました。

今回、これまでの検討の中から①新しい調達手法の導入、②基金の新設及び③新たなブランド商品の開発といった3案をプレゼンテーションしたところ、いずれも具体性が高く、新鮮感のある内容として、役員等の関心を大いに喚起し、多くの質問や実現に向けての要請、実施に当たっての留意点に関する意見等が寄せられました。

さらに、今回のように発表する場を若手職員に提供するということも自体も、職員研修の一環となり大いに意義があるとの意見もあがりました。

全ての提言を熱心に聞いていた大城学長からは、「まずやってみることが大切であり、是非一つでも実現につなげてほしい。」と継続的な試みを望む激励の言葉が寄せられました。

MC:総務部人事課 中村浩介

プレゼンター:財務部経理課 池間誠一郎

プレゼンター:医学部経営企画課 髙山和則

プレゼンター:総合企画戦略部経営戦略課 湧武悠

役員等ミーティングにおけるプレゼンテーション

発表するプレゼンター

熱心に発表を聞き入る大城学長他役員