1. ホーム
  2. 平成29年度 琉球大学新採用一般職員研修を実施

平成29年度 琉球大学新採用一般職員研修を実施

2017年04月24日掲載


 昨年12月以降に琉球大学に採用された一般職員15名を対象に、平成29年4月19日~20日の2日間にわたり、平成29年度琉球大学新採用一般職員研修が実施されました。

 研修に先立ち、学長講話では、大城学長がこの日のために用意された資料「琉球大学職員として新採用職員に求められるもの」(最終頁掲載)を基に、琉大の沿革、事務系職員の業務特性、職員の資質、皆さんに望むこと、自分で自分を育てることについて分かりやすくお話され、研修生を激励しました。

また、幸喜徳子同窓会長によるマナー講習では、接遇の心得、来客対応の基本、電話応対のマナー、指示の受け方、報告の仕方について実技指導が行われ、研修生自身が実際にテキストに沿って言葉を発したり、行動したりする等、研修会場も終始和やかな雰囲気でした。

研修生の皆さんは,このほかに「健康管理について」「人事業務(労務管理・福利厚生等)について」「財務・会計業務について」「メンタルヘルスについて」「マナー講習」「文書管理について」「部長代理講話」「国立大学法人について」「研究支援・地域連携・国際連携について」「先輩職員とのフリーディスカッション」「ハラスメントの防止大作について」「インターネット社会の安全対策について」「医学部・附属病院の業務について」「学生・教務業務について」を受講され、大学職員として必須の知識を学びました。

また、先輩職員とフリーディスカッションや上司との情報交換会を通じて、大学職員としての知識や技能を修得するだけでなく、同期や先輩職員との絆を深める研修となりました。

大城学長による学長講話

幸喜徳子同窓会長によるマナー講習

研修風景①

研修風景②

研修風景③

川村総務部長代理(左)と一緒に記念撮影