1. ホーム
  2. 放射線科医2名が国際学会でCertificate of Meritを受賞

放射線科医2名が国際学会でCertificate of Meritを受賞

2017年01月27日掲載


平成28年11月26日~12月1日に米国シカゴで開催された第102回北米放射線学会で琉球大学から2名の放射線科医(診療講師の伊良波裕子さんと後期研修医の嵩原章太さん)が教育展示の電子ポスターでCertificate of Meritを受賞しました。

平成28年11月26日~12月1日に米国シカゴで開催された第102回北米放射線学会で琉球大学から2名の放射線科医(診療講師の伊良波裕子さんと後期研修医の嵩原章太さん)が教育展示の電子ポスターでCertificate of Meritを受賞しました。

伊良波裕子さんの発表は、産褥後期出血の原因として最も頻度の高い胎盤ポリープを中心に、その類縁疾患について、画像的特徴や治療法の選択に関わる重要な画像所見などについて教育的にまとめたものです。嵩原章太さんの発表は、日本を含むアジア諸国で特に多い、魚骨誤飲による症状や画像診断の要点、合併症とそのマネジメントに関して、臨床画像を提示しながら教育的にまとめたものです。

歴史と権威のある学会での受賞で、今後の両名のさらなる活躍が期待されます。

診療講師の伊良波裕子さんと後期研修医の嵩原章太さん

診療講師の伊良波裕子さんと後期研修医の嵩原章太さん