博士後期過程

  
生産エネルギー工学専攻
  
 本専攻は、生産開発工学講座及びエネルギー開発講座の2講座からなっており、新機能材料、強度評価法及び加工技術の研究開発に関する物質工学系分野と太陽、風等の自然エネルギーを中心としたエネルギー開発・利用技術分野及び亜熱帯島嶼環境保全・構造物の耐震・耐久性等に関する教育研究を推進しています。

This course consists of two divisions: Processing Development Engineering, and Energy Development Engineering. Education and research in the divisions are in Intelligent Material, Design and Processing, Thermal and Fluid Transfer, Energy Conversion, Seismic Performance and Durability, and Ocean Development.
  
  
生産開発工学講座
Processing Development Engineering

 先端材料開発、材料設計と評価、新物質の創造、未利用資源の開発の研究開発分野を推進しています。

Research and development in the following fields are prompted; Intelligent Materials, Search for Materials Design and Material Evaluation, Creation of New Materials, and Utilization of Resource which have not yet been utilized.



エネルギー開発工学講座
Processing Development Engineering

 熱と流体の現象、エネルギ−変換、自然エネルギ−、風力を電力系統に取り込む場合の問題点、波浪・大雨・強風等の自然エネルギ−の特性を評価し、安全な社会環境の構築に必要な資料を提供すると共に、自然エネルギ−の有効利用法の研究開発分野を推進しています。

Promotion Heat Transfer Engineering, Energy Conversion, Utilization of Natural Energy, Wind and Electric Power Systems, Evaluation of Wind Power  System, Heavy Rain and Wind, and Prevention of Natural Disasters.
実験風景
焼結状況
Sintering process


実験風景
放電プラズマ焼結法による
傾斜機能材料の作成

Manufacturing of functionally graded materials
by spark plasma sintering



実験風景
橋桁の強度試験
Performance test of a bridge beam